RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    龍麺 高知市のドラゴン
    龍麺に。
    場所が分かりにくいんですが、
    ABCマートとか
    馬路村エコアス何とかのある小路を西へ。

    元気に龍麺到着。
     

    さて前回は豚骨のラーメンでした。
    大食いムシマル、『ボリューム満点』と書かれた中華飯にピントを合わす。


    よしこれの大盛りを。

    と思ったら中華飯大盛りは不可の様子。

    じゃあ普通を。

    来ました。

    おお、普通というか家の中華飯より黄色い。
    タマゴが強く入っている。
    そしてメニューに書いてあったボリューミーという説明は本当でした。



    具もたくさんだーね。

    うん、味は濃くないけれどしっかり。

    もきゅもきゅ。

    スープもついています。
    ワカメが落ち着くね。ワカメにはひとを落ち着かせる作用があるね。


    完食。


    満足。
    でも今度はまたここの豚骨の骨ゴリゴリラーメンが食べたくなりました。
    やっぱりあのお肉感はすごいよなあ。

    ・・・・・・・・・・・・。1クリックいただけると励みになります。
    author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 22:53
    comments(1), trackbacks(0), pookmark
    0
      柳屋食堂  土佐町 ホルモン鍋定食
      土佐町リベンジ



      非常にレトロな外観を持つ
      「柳屋食堂」に。

      外食練磨のムシマル、でも
      一見ではちょっと勇気がいりました。

      内観。

      夜は居酒屋にもなるということで、
      そんな感じの内装。

      ここに来たのは、クジ&ダイスの旅での土佐町時に店リサーチが不十分だったため。
      珍しいお店だとネット情報を新たに得て、いく。
      ただ、何が珍しいのかはわからなかった。


      (うわー・・・きっとこれのことだ)
      ホルモン鍋定食1,000円。


      ホルモン鍋定食って自体なら、まあランチで出すお店は少ないかもしれないが不思議ではない。

      問題は・・・説明文。
      「(別名 聖剣チンタツ鍋定)

      お昼ですよ!?
      気のせいじゃなければ・・・全っ力のシモネタ!?

      高知市にも多少は「珍○亭」のアレみたいな怪しいのはあるのですが、

      ねえ。

      まあでも注文。
      前払いのお店なのだ。

      来る。

      待っている間に、置いてあったマンガ『孤高の人』を読む。
      山登りが好きな方らしい。

      夢中になって読んで、

      気づけばもう来ていた。



      お鍋のふたが、だいぶ変形している。きれいな円でなくなっている。
      盾として装備してしまったのか?

      ごはんはおかわりできる模様。


      汁気が少ないというよりは、具がびっしり入っている。

      中央には王のようにタマゴが鎮座。
      嶺北牛と岸上牛が入っているっぽい。
      岸上牛?ってなんだろう。
      ムシマルが初めて聞くブランド牛?

      食べ始める。
      取り分け用小椀もあるが、

      それを使ったのは一回目だけ。

      あとは鍋から直接よそったよ。
      のんびり写真撮りながらいたら冷めてくるから。

      あ、急いで食べないと。

      味は思ったほどはギトギトではない。
      それ自体はシンプルめ。

      スープにけっこうエキスが出ている。
      ホルモン種類が色々。

      半熟卵はもっと先に割って肉ほか具と絡めればよかったなと勝手な後悔。

      センマイかなと思われる形のものに、
      名前もよくわからない形のもの、

      おお、歯応えがある。

      ぐいぐいむいんむちん。いろんな何かを感じる。

      うむう、おいしいけれど、味が濃すぎないせいかご飯のあてとしては弱い。
      これがもう少しピリ辛であればぐわーっとなっただろう。
      ぐわーってどういう状態なのかわからないが。
      むしろご飯を鍋にぶっこんだ方がよかったかもしれない。



      あるいは鍋定食でなく、うどんバージョンのほうが合うのかもしれない。あれば。




      完食。
      汁が、いろんなものから味が出ているようですよ。

      ムシマルが紹介しきれなかったこのお店の珍ポテンシャル。

      ・ムシマルは入り口すぐのテーブルにしかいなかったが、
       どこかにボルタリングだかクライミング室内練習できる壁がある。

      ・なんだか張り紙がたくさん。
       店の魅力を伝えたり、山の魅力を伝えたり。
       ここに来るなんてあなたは変人です、みたいなことを言われていたような。

      ・メニューに会員制なんたらみたいな怪しい文言が。

      ・店主は普通に低姿勢な感じでいらっしゃいました。

      ・他に変なメニューとしては、
       特選カルピサラダチャーハン2,000円
       ひっけ寿司各種 赤いの? ピンク? 黄色?(って言う名前のメニュー)
       焼き鯖サラダ寿司
       納豆どん
       坦々麺(チーズ入り)


      ・オムライスに復刻ラーメン450円に和牛どんとおいしそうなのも色々あり。

       
      麺類好きなブロガーの方には、ぜひ行ってレポートをお願いしてくださればこれに勝る喜びはないと思います。

       



      夜は居酒屋だって。ディープそうだ。
      author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 13:55
      comments(8), trackbacks(0), pookmark
      0
        くら寿司 高知店  秦南町
         

        くら寿司に行く。

        途中、カーナビにウソを教えられる。

        ツタヤあぞの店のちょっと北くらいの畑に案内される。
        確かに近いけれど。

        イオンというかジャスコから車で2分くらい。



        混んでいる、少し待って入店。

        告白する。
        実はムシマルは初めてなんだ。

        くら寿司が。


        よくわかんないんですが一緒に言った方はよく行っているらしい。

        !?


        なんだこれ。
        もはや皿ですらねえ。カプセルじゃん。

        エレキなもので選ぶと、選んだやつがくるらしい。


        来た。
        うわーエクスプレスが超特急。
        すごい。

        うう、でも。
        ムシマルの回転寿司記事は多分2つ3つしかないと思いますが、
        その頃も今もポリシー的には

        店員さんに注文するのは回らない寿司屋さんですること、
        回転寿司は回ってくるお寿司を取るのが本道という、
        誰に植え付けられたのでもない独自のこだわりがあります。

        (まあ、今回は向こう【くら寿司ユーザー】に合わせようか)
        その程度のこだわり。

        取る。


        お肉だ。
        お肉寿司だ。

        いやーいろんなお寿司がある。

        記事の続きに。


        続きを読む >>
        author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 09:26
        comments(3), trackbacks(0), pookmark
        0
          鳳来  あんかけ焼きそば
          高知市高須?葛島?どっちか忘れましたが、
          DVC00302.jpg
          2014年4月に鳳来へ。
          メニューは8%税率でちょっと変わっているそうな。

          オムライスと悩んだのですが、
          天津飯とも悩んだんですが、

          ムシマル、ヤキソバ気分。

          五目あんかけヤキソバ(880円)を!
          もうオムライスを探していた昨日までのムシマルはいないいない。

          それだけでいいのかい?
          ムシマルのインナー食欲権化が声になる。

          2秒前のヤキソバでOKムシマルが、それだけじゃ物足りない口福信者に。

          「半チャンセット(+300円)」

          今日も食べて、あすも、食べて・・・・・・。

          「グラップラー刃牙」の20巻から読んでいる。
          今からわかんない人にはチンプンカンプンな話をしますが、
          夜叉猿jrと愚地克己が目立つ1回戦。
          この頃だけで見ると、刃牙と愚地克己はものすごくライバルって感じの描写だなーという感想。

          確かこの2人、対戦せず仕舞いだったような。


          と、来る。

          スープつき。

          白菜にニンジンきくらげピーマン海老という具の骨頂。

          ムシマル麺リフト。

          ああー、麺にタレが染み沁みしている色。

          少し遅れて店員さんが持ってきてくれたミニチャーハン。


          パラリッとしている。
          ムシマル、個人的嗜好であんまりパラっとしていると
          かたく感じるような渇くような気がして好みから外れてしまうんですが、
          (ほどほどにソフト&ウェットが良い嗜好)
          しっかりしたチャーハンなのは間違いないところ。

          タマゴがたっぷり。肉眼で確認できる。


          エッグが交通渋滞している。
          こんなキャッチフレーズを書こう……書かない。




          お会計は1,180円。ちょっと贅沢。
          だいぶ満足。
          中華料理 鳳来
          夜総合点★★★☆☆ 3.5

          関連ランキング:中華料理 | 西高須駅葛島橋東詰駅県立美術館通駅



          高知県 ブログランキングへ
          わかるひとにはわかりますが、RADWIMPSの影響が出てしまった記事でした。すみません。
          author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 22:06
          comments(3), trackbacks(0), pookmark
          0
            くいしの日 くいしんぼ如月 「チキン南蛮」

            9月14日のこと。だから、一ヶ月前ですね。

            この日と前後1日ずつ、
            く(9)い(1)し(4)の日ということで「くいしんぼ如月」
            代名詞商品「チキンナンバン」安売りの日。
            今見たら、如月のHPアドレスがhttp://www.nanban-tabetai.jp/で「南蛮食べたい」ですよ。
            すげえ。

            そういえばCMの声は若本さん(『サザエさん』のアナゴさんや『ドラゴンボールZ』のセル、『人志松本のすべらない話』ナレーションの方)。これもすげえ。

            通常価格515円がその時期は330円。

            いつもより4割引くらいの破格。
            で購入。

            県外の人へ。「くいしんぼ如月」は高知のローカルお弁当チェーン。
            コンビニ風で、「ほっともっと」みたいな感じです。
            ほっともっと行ったことないので想像なんですけれど。

            ここで引用。
            『チキン南蛮と言えば宮崎発の定番メニュー「チキン南蛮」を連想する方が多いかもしれません。タルタルソースを掛けるチキン南蛮は、宮崎県下の惣菜屋 や飲食店での定番メニューです。鶏胸肉ないしもも肉の唐揚げに、タルタルソースがかかったものがチキン南蛮のスタンダードと呼ばれています。

             では、「チキンナンバン」と言えば?

            高知県民のほとんどが「くいしんぼきさらぎのチキンナンバン」を連想するものと思われます。

            秘伝のピーーーーーピーーんだふんわりジューシーな鶏胸肉を使い、薄めの衣をカリッと揚げたものは唐揚げでも竜田揚げでもない、ナンバンです。そのナンバンに秘密のピーーーーーーーーーーーーピーた チキンナンバンは、まさに一度食べたら忘れられない味。 その人気は根強く、きさらぎでは「ナンバンチョイス」「ナンバンアラカルト」「ナンバンBIG」「和風ナンバン」など派生商品がたくさんあり、どれも抜群 の人気を誇っています。おかげさまで、ナンバン族(ナンバン系メニュー)は年間100万食以上のご提供食数を誇る人気メニューになっています。』

            如月HP「きさらぎのこだわり」より。

            つまり、高知県のチキン南蛮産みの親か、少なくとも育ての母くらいの第一人者。
            高知を食文化を語るうえでもそこそこ避けて通れない。

            少なくともチキン南蛮史に燦然と輝いている。

            って言うことで購入。
            親が15年位前に買ってくれて以来だ。
            どうしているかなあ、そのときの弁当(食べた)。

            意外と実家暮らしだと買うチャンスないのか、
            職場周辺にないのが原因か。

            記事の続きに。
            続きを読む >>
            author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 23:36
            comments(2), trackbacks(0), pookmark
            0
              はなまるうどん 高知インター店 
              はなまるうどんに。
               
              ヘルシーなサラダうどんがあるとか。
              これ一食で一日分の緑黄色野菜。
              すげー。カゴメみたいだ。

              ムシマルはもっとジャンキーでカロリアンなうどんを!


              2014年4月時点では、
              小200円のうどん数種と、小300円のうどん数種と、小400円のうどん数種。

              決めた。「塩豚おろしぶっかけ」(大)
              人気急上昇らしい。

              注文して、待つ。


              天ぷらも取ってしまった。
              2個で+200円。

              合計800円だ。


              いただく。大だとなかなかの盛り。
              天かすは入れ放題。

              きゅうっと柑橘を絞り、
              おろしと豚肉とうどんを渾然一体させる。

              ずるうる。


              コシは強くないが、食べやすい。


              タケノコ天もいいですねー、青のりつけてちょっと風味を足しているところも
              ムシマルポイントが高い。

              知り合いが食べたサラダうどん。

              ソースが和風やらゴマやらから選べるようす。

              ゴマ、中華っぽくなる。


              完食のムシマル。
              8%増税したとはいえ、安いっちゃ安い。


              高知県 ブログランキングへ
              はなまるな一日をお過ごしください。
              author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 22:08
              comments(2), trackbacks(0), pookmark
              0
                洋食ノイエ 高知市
                 
                「洋食ノイエ」に。
                DVC00127.jpg

                NHKから3分もせずに到着。別にNHKから行くわけではありませんが、ランドマークとして。

                ビールとおつまみみ1品セットで650円というセットがあるとか。

                じゃあそれを。

                キリンだぜ。

                おつまみは・・・選べる。
                うーん、鴨のローストで。



                来た。

                あーやっぱ鴨は美しい。
                ムシマルが鳥類だったら惚れてるね。

                ・・・・・・いつからムシマルが鳥類でないと錯覚していた?


                改めまして、
                この肉質の部分と資質の部分のきれいな分かれ方、
                名工の打つ刀の刃先のようだ。



                ?写真ではわからないですが、ソースはオレンジ。
                オレンジソースで甘い、ちょっとだけ酸味。

                あーそそるね。

                鴨肉が、好きだ。


                これでビールをちびちびいっている。

                店内は静かな環境。
                意外となんとかとコラボしたり、新メニュー的なものもある様子。

                フォーマルスーツで来るほどではないけれど、
                家族でここに行くときにはカレンダーに丸がされてそう。
                (適当な印象)



                さて、ジビエジビエ―?ジビエがありそうということで実はここに来た。
                あれ、予約しないとダメ?みたいに見えるメニュー。
                しまった、調査ミスか。


                そうかそうかー、じゃあオムライスにしないとダメかなーとにんにん思っていると、

                記事の続きに。
                続きを読む >>
                author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 06:30
                comments(0), trackbacks(0), pookmark
                0
                  焼き肉 天下味 高知駅近く ランチ900円
                  DVC00695.jpg
                  昭和30年代、40年代の高知駅はこんなんだったんですね。
                  ロータリー。

                  駅のごときは西洋風がよいと偉い方も仰られた様子。


                  さて、そんなでっかい写真が貼ってあるのは天下味 高知駅近く店。
                  新本町?


                  DVC00685.jpg

                  さて、入ると結構ひとがいます。

                  チラ見する限り、お昼からビールを呑んでらっしゃる方もいるようす。
                  あやかりてえあやかりてえ。

                  そんな風に他人を羨んでばかりではいられません。
                  DVC00686.jpg
                  ムシマルは今日食べるランチを探す。

                  以前来たときよりもメニューが増えているような。
                  DVC00687.jpg
                  !!
                  シャトーブリアンランチ3,780円!


                  ランチにあるまじき金額ですなー。
                  いつかはブリアン!

                  これを合言葉にがんばっていきたいです。


                  さて、こちらのランチは一番安くて900円。
                  普段ランチの最多外食は
                  職場食堂のようなところの561円の日替りを注文していますので、
                  1.6倍くらい。

                  軽く奮発っていう気分ではあります。
                  晩酌なら3,000円位出せるのに、こっちは1000円を踏み超えづらい不思議。

                  DVC00688.jpg
                  今回頼んだのは「牛ハラミすじ焼きランチ」900円。

                  ご飯にお肉にみそ汁にサラダ。あと隠れて見えませんが一口サイズのたまご焼きが。

                  DVC00690.jpg
                  みそしるずるるる。


                  肉。
                  DVC00689.jpg
                  うん、ハラミに比肩するくらい
                  脂ギッシュ。いい意味で。

                  ああー!ニンジンが隙間からおちた。
                  DVC00691.jpg

                  野菜もけっこうあります。
                  きゃべつ多めに、あとピーマン玉ねぎニンジンなす。
                  DVC00692.jpg

                  よっしゃ、丼ぶるでー。
                  DVC00693.jpg

                  あのお肉の量なら、
                  ご飯おかわりできたな。
                  もしくは大盛り。

                  ごはん大盛り+50円だった気がします。
                  DVC00694.jpg
                  お昼から焼肉という背徳にもだえる。

                  あーちょっと良いランチして、午後もがんばります。
                   

                  高知県 ブログランキングへ
                  2013年に行ったものでした。古すぎて新しいを目指します。
                  author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 20:49
                  comments(0), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    じゅんちゃん 追手筋屋台群


                    「気軽に入ってきてや」
                    と看板にあるので気軽に入る。

                    あれ、この辺のラーメン屋台はみんなマヨネーズラーメンが標準装備なんでしょうか。



                    メニューが一部気になる。
                    何にしますかーと店員さん。
                    ・・・女将さん?豹柄の(顔つき)シャツを着た婦人に声を掛けられ、

                    面白そうに思ったラーメン『狼ラーメン』800円を注文。
                    「ごめんねえ具が切れてしもうてできんがよ」

                    なにい?プランが崩壊。えーとえーと。

                    記事の続きに。


                    記事の続きに。
                    続きを読む >>
                    author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 06:22
                    comments(2), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      サウスブリーズホテル内 カフェワッフルズ 日替わりランチ
                       
                      ムシマル大好き、カフェワッフルズに。
                      ワッフルバイキングは、開催が近づくとお便りが届くようになりました。
                      DVC00898.jpg
                      しかし、最近は日直やら他の私用のために3回ほど行けていない。
                      (数ヶ月に1回だからもう1年近く)


                      ということで何か心に引っかかるものがあったんでしょうね。


                      また、テレビで「ここは日替わりランチもお得ですよ」という紹介が、
                      『こうちEYE+』でやっていました。
                      土佐カツヲさんが謎かけなんかされてらっしゃることのころでした。


                      そういうエレメントがいくつかあって、
                      今日この時にランチ初来訪。

                      ワッフルじゃないからちょっと緊張しているのは君とぼくの秘密だ。
                      でも女性団体客ばかりでなく、お爺さんがお一人で和食ランチを食べてらっしゃったりもして、だいぶ心安くなる。

                      メニューはこちらにリンクあり(サウスブリーズホームページ)。


                      この日の洋ランチ
                      ・白身魚のポワレ
                       ズッキーニのクリームソース

                         ・ミニ甲イカのマリネ

                         ・門脇農園の無農薬ベビーリーフのグリーンサラダ
                         ・本日のスープ
                         ・ごはん(高知県産 仁井田米)
                         ・ホットコーヒー(セルフ)


                      そして和ランチ
                         
                      ・豚肩ロースの冷しゃぶ
                       胡麻チリドレッシング
                         ・お造り
                         ・本日の小鉢2品
                         ・ごはん(高知県産 仁井田米)
                         ・味噌汁
                         ・香の物
                         ・ホットコーヒー(セルフ)
                       +150円はプチワッフル&アイス。
                       +400円でスペシャルワッフル。




                      という構成。
                      さらにカレーや1,600円位するちょっと豪華めのランチもあるって。

                      そのなかでムシマルは何を見て、なにを選んだのか。

                      記事の続きがあります。
                      続きを読む >>
                      author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 13:25
                      comments(0), trackbacks(0), pookmark
                      0