RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    南国SA 3月 アイスブリュレ
    3月2日。 
    南国SA(上り)に行くと。
    売っていたのは
    2012ニッポン全国ご当地おやつランキンググランプリ受賞作品!
    DVC00687.jpg
    しかも今日なら2割引き。

    空港で売っているとはTVで見ましたが、
    SAでも売り始めたのか。


    こら買うしかないで。

    特保のコーラと一緒に
    購入。

    普通と小夏、各一個ずつ。
    380円の2割引きを2個購入なので、600円ちょい。
    DVC00688.jpg

    ここでは食わぬよ。
    DVC00689.jpg
    3月に梅は咲きほころぶよ。
    春はやってくるのに愛は今も愛のままで。
    では記事の続きへ。
    続きを読む >>
    author:ムシマル, category:高知 名産品, 06:29
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      土州焼き 350円。  
      職場すぐのスーパー前で移動販売していたので購入。

      種類は結構いろいろありましたが、
      350円のなんとかもちを購入。
      300円とか400円の品もあったように思います。

      さて実食。
       
      見た目は具入りの厚焼き玉子。


      土州焼きとは何ぞ?という方、
      ムシマルもよくわかりませんが、

      こんな方なんかがブログに書かれていました

      お好み焼きの方向性なんですが、薄ーくしてくるくると。
      クレープもしくは春巻のような。

      何もかかっていないように見えても、中にはソースがしっかり。

      具は、ニラとたまごと、ネギと、ピンクいのは・・・タコだっけイカだっけ?

      お好み焼きと比べた時、強く感じるのは口当たりの柔らかさ。
      ふわふわです。


      柔道家とバレリーナくらい重心が違う(どっちが良いということではない)。
      または、ぶっといトンカツとミルフィーユカツとの違いみたいな感じ?



      黄身を個別に確認。
      ってことは生地とたまごは別々に入れているってことでしょうかね?


      モチの力を再確認。のびーる。


      うむ、一個だけならおやつ感覚。
      ご飯のおかずになるかは微妙かなー、お好み焼きより味がやさしいから。

      …粉ものをごはんのおかずとしてとらえるのはよくないのか?

      2個食べちゃえばお腹いっぱい。
      author:ムシマル, category:高知 名産品, 18:01
      comments(2), trackbacks(0), pookmark
      0
        南国SA 2013年2月下り 龍馬鉛筆+カツオ人間ボールペン 
        DVC00562.jpg
        また来た、南国SA。
        この分なら来月も南国SAに来てそう。

        職員さんや業者以外では
        最多ではないか。

        もう南国SAのヌシと言えなくなくもないかも。

        気のせいかインフォメーションさんもこっちを見ている気がする。
        おうおうムシマル様の凱旋だぞ。


        ではクジラ。
        DVC00564.jpg
        ここはまさに生姜王子竜一さんも紹介された場所
        クジラがたくさんいる。
        でっかい。

        おっきすぎてクジラかどうかもよくわからない。
        巨大な金魚かもしれない。



        DVC00565.jpg
        入店。
        入り口にトロフィーが。
        あれ?前回からあったっけ?

        こんな警備ではルパンに盗られてしまう。
        やつは神出鬼没ですからね。
        ICPOの銭形です。ゼニ―とお呼びください。


        わーい、コイン入れたら占いの結果が出るやつだ。
        DVC00568.jpg 
        いやー探せばあるもんだなー、実際。
        いや別に探していたわけじゃありませんが。


        いやー満足。(やらない)


        お菓子は・・・S-1グランプリで買っちゃうから、
        今回は珍しく食べも以外のにしようか。
        DVC00566.jpg

        ボールペンと鉛筆を購入。2割引きで。
        えーと、確か割引前でボールペン600円くらい、鉛筆400円くらい。
        あとトクホのお茶もコンビニ168円の2割引き。
        ぜんぶで1000円未満。

        じゃん。
        記事の続きにどうぞ。
        続きを読む >>
        author:ムシマル, category:高知 名産品, 16:51
        comments(0), trackbacks(0), pookmark
        0
          南国SA 1月+土佐弁お菓子2本。
          いつものように2日の2割引きの日に南国SAに行くと、
          屋根に人が。

          猫が降りられなくなったか、それともこの時期なんか自暴自棄な人でも出たか?
          と思うとそれは餅まきで。

          14時から始まるらしい。
          時計をみると…13:57分。
          図らずも最高のタイミングで来たみたいですね。

          ムシマル、緊急参戦。

          スタッフさんから、
          小学生何年生以下(4年?)と80歳以上は参加しないようにアナウンスあり。


          で、ぽーいぽい。
          しかしムシマルのとこにはあんまり来ない。
          もう少しまんべんなくなげて欲しいでした。


          なんとか一個ゲットし興奮の坩堝から離れる。
          お餅以外にはおかし。
          あと赤いやつは当りとか。
          DVC00449.jpg
          のちに砂糖醤油をかけられて食べられるとは知らず、誇らしげに祝いと書かれておるわ。

          おみやげ。
          ゆず商品がちょっと増えたような。
          DVC00450.jpg

          DVC00451.jpg
          ばりぃさん。ずいぶん増えた。初春の日。
          DVC00452.jpg
           
          いつものようにお土産品評が記事の続きから。
          続きを読む >>
          author:ムシマル, category:高知 名産品, 21:48
          comments(0), trackbacks(0), pookmark
          0
            銘菓 『土佐の殿様 出世街道』504円  南国SA下り線にて
             
            えっちらおっちら。
            バイシクルを使って(オルディナ号・アルビノ)南国SA下り線へ。
            DVC00275.jpg
            自転車で南国SAちっても、
            『究極超人あーる』みたいに無理やり高速に乗り込んだのではない。

            このネタはわかんないか。

            また今日も2日に2割引デーだったので言ったのだ。

            目的の一つはお土産を買うため。
            謎かけ作成中にまちがって
            失礼な謎かけを思いついてどうしようかと相談していたところそれを本人に聞かれてしまったのだ。
            (どんなシチュエーションなのか思い浮かばない方、現実は小説よりも奇なり。)

            違うんだ謎かけだから、本心じゃないんだ。

            「賄賂(お菓子)で許してください」という了解を得て、ちょっとそれを探しにきたのだ。
            DVC00273.jpg
            あら、よくってよ。
            これいいんじゃない。

            『土佐のお殿様 出世街道』10個入り630円たぶん。
            2割引きで504円だか509円だったのであっているのではないか。

            検算もしない適当ムシマル。

            ひとつには、小判型なので、ワイロにもってこい。
            「ヤマブキ色のお菓子でございます(ほんとにお菓子の時にあんまり言わない台詞ベスト3)」

            もう一つにはサラリーマンに嬉しいことば。
            もともとムシマルの「暴言なぞかけ」がクビにする関係の暴言だったので、
            じゃあ逆に出世だろうと。

            ちょっと違うけれどアレンジ謎かけ。

             ダメな社員とかけまして、ネクタイと解きます。
             
             その心は
             「くびにします」

             

             ああもうねづっちが言っている気がする。

            みたいな雰囲気のやつでした。
            その人は全然ダメじゃないんですが、クビにする謎かけを言いやすい名前だったのです。
            なに言っているのか全然わかんないよムシマル(いつもに増して)。



            『出世街道』ですよ。サラリーマンの一大事、出生。

            これに匹敵する言葉は
            『あのプレゼン、社長が誉めてたよ』とか
            『部長とグラウンドをまわれて、勉強になることばかりでした、特にあのアプローチショット』
            とかでしょうかね。

            そんなお菓子は無いよ。

            だからだ!だからこのお菓子を買うんだ。

            で、首尾よくお土産を買う。

            記事の続きで実食(食べちゃうのかよ! 毒味です)。
            続きを読む >>
            author:ムシマル, category:高知 名産品, 21:19
            comments(0), trackbacks(0), pookmark
            0
              おにぎり 横山 中850円?
              おみやげに。ご贈答に。 
              DVC00133.jpg

              ちょっと開けるのが遅くなってしまいご飯が固いところもありますが、
              DVC00134.jpg
              大将も喜ぶお味。
              朝ごはんに良いよね。

              一個一個はプチトマトサイズ。
              author:ムシマル, category:高知 名産品, 16:19
              comments(2), trackbacks(0), pookmark
              0
                四国駅弁 

                 DVC00203.jpg
                高知駅のキオスクで。
                お弁当はおくだ屋さん500円。

                買ってみると、なんだか駅弁エントリー作品とのこと。ふーん、後でちゃんと見てみよう。

                さて、晩餐。(ムシマルは宿直の晩御飯用にこのお弁当を購入)

                「土佐はちきん地鳥母子弁当」
                はちきんの「ちきん」部分が大きくなっており、鶏【chicken】とひっかけていること丸わかり。


                はちきんとチキン、別の意味がうまいことおんなじ言葉で表現されて
                知ってるよそれー、同音異義語っていうんだろー。
                そういうの、好きなんだ。

                だがしかし「はちきん」の説明が県外の方々などには必要かもしれない。


                「はちきん」は”土佐の元気な女性”のこと。
                She has eight golden ballsみたいな。
                うーん、下ネタだと思われずに説明するのは非常に難しい。
                (なぜなら下ネタだから。)

                高知の頑固者といわれる「いごっそう」、そのさらに4人分くらいのエネルギーを持っているという意味です。


                ぱかり。
                DVC00204.jpg

                こんなの。
                パッと見には鶏肉と二色そぼろ弁当かと思いましたが、
                タマゴは錦糸たまごの調理。
                DVC00205.jpg
                全体的に茶色っぽいのは、オサレ度は低いですが
                なんていうかお母さんおばあちゃんの料理っぽくて
                逆に泣いちゃう人もいるかもしれませんね。

                「友達が作ってもらってるカラフルなお弁当がうらやましくてね、
                 母さんに悪態をついたこともあったよ。
                 でも、無性に食べたくなるのはあのかあさんのだしのきいた茶色っぽい弁当なんだ!」

                という思い出がある方には直撃してしまうかも。

                鶏肉の味噌煮と、そぼろと前述錦糸たまごと生姜やこんにゃくを煮たものとあつあげ豆腐。


                お肉をパクリ。
                キュウリにつけるもろみそみたいな、あまーいお味噌。
                DVC00206.jpg


                DVC00207.jpg

                四国の駅弁選手権2012エントリー作品です。

                ほかには「日曜市のオバア弁当」などあるようです。

                2013年1月31日まで投票期間あり。
                ホームページから行くか、対象駅弁を買ったら無料のハガキがついてくるっていうシステム。

                ハガキにコメント・感想を書ける。
                ちなみにムシマルはこんな感じ。

                「甘めのお味が食べやすかったです。鶏弾力!」
                「鶏弾力!」よくわかりません。こんなコメントを書いていたら、逆にムシマルがはじかれてしまうのではないでしょうか。

                author:ムシマル, category:高知 名産品, 13:24
                comments(0), trackbacks(0), pookmark
                0
                  南国SA(上り線)のこと 2012.9
                   
                  880円かー、ちょっと高いかなー。
                  なんごくSA、今回も2日が2割引きなので来てみました。

                  D3200(ニコンのカメラ)撮影で、いつもよりも鮮やか。





                  9/2、夏休み最終日なのでまあまあ人がいる。

                  レストランエリエールではウナギを始めた模様。

                  しかし3,480円。四万十うなぎ高級。

                  手が出ませんでした。
                  ブランドだし、今年は数が少ないっていうのでしょうがないのか。


                  苺ごおりなどが売っている売店は人気。


                  今回購入したのは「AOYAGIのはんじゅくちーず」2割引きで960円


                  冷蔵商品です。

                  カシャ!フラッシュにより輝くケーキ。
                  10個入り。


                  チーズケーキの中にチーズが入っている。
                  しっとりしている。中にチーズ。なぜか2回言ってみた。

                  お土産としてではなく、普通にチーズケーキとして完成されている。

                  ヤンガーブラザーに食べさせてみる。
                  この商品は商品名にもあるように青柳商品。

                  ヤンガーブラザーは元・浜幸(銘菓の会社)のバイト。
                  自然、浜幸以外の商品は点が辛くなる弟は、食した後、

                  開口一番「どこがはんじゅくなんだ?」と言う。

                  「チーズが半熟ってこと?それじゃちゃんとしたチ−ズじゃないってことなのか?」
                  うう、ムシマルには答えることができなくて。

                  「まあでもうまい」
                  ぱああぁ。
                  ふう良かった。ヤンガー様のお気に召したぞー。
                  続きを読む >>
                  author:ムシマル, category:高知 名産品, 19:05
                  comments(2), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    牧野植物園 ミュージアムショップ
                    お土産大好きムシマルが行く。

                    狙いは牧野植物園。
                    DVC00486.jpg
                    受付の方にいえば
                    中の植物園を観ずに(お金を払わずに)
                    売店だけ見ることも可能。

                    ただし20分の時間制限とはんこ貰う必要あり。
                    20分ってちょっと短めな気も致します。


                    ミュージアムショップ:「バイカオウレン」
                    内部。
                    DVC00485.jpg
                    何気に龍馬さんがいらっしゃる。
                    入り口近くにはなぜかお酒が置いてありました。

                    ショップ情報によると、人気は風呂敷のようす。
                    1000円ぐらいのもののほかに3000円くらいのものも。

                    その差は収納力の違い?


                    牧野さんのプロマイドや著書・お花の絵のついたいろいろがある。
                    デザインがちょっとベテランのご婦人向けみたいな気もすんな―。

                    なんかイギリスのいすとかノコとかある。


                    イス売約済み。
                    すぐ近くというか奥に喫茶があります。

                    DVC00484.jpg  DVC00487.jpg
                    こちらのおすすめは羊羹(ユリ根のやつ)、まきのんも大好物だったようです。
                    あと各種ジャムや紅茶もあり。


                    ブローチやら木製カバンやらけっこう高級なものがあります。
                    カバンは2万位したような。
                    ちょっとお土産って感じにはしづらいなあ。


                    悩んで迷って下へ。

                    牧野にはもう一つの売店があります。
                    温室近くのnonocaです。

                    DVC00488.jpg



                    温かみのある電灯を販売。
                    DVC00489.jpg
                    けっこうお値段する。

                    コッチ(nonoca)の方がお菓子系のお土産が多いです。
                    あと個人的に好きなのが手作り万華鏡。
                    鏡で仕切りした筒は作っているので、あと草や花弁を入れたら君だけのオリジナル万華鏡ができるっていうもの。

                    子供の遊び道具にもいいしなんかロマンチックじゃないでしょうか?

                    世界最小顕微鏡みたいなものもあって子供心をくすぐる。




                    大人心をくすぐるのが
                    こちら。
                    DVC00490.jpg
                    ちっちゃいというか実物果実サイズのお酒。

                    下にある緑っぽいのは梅。
                    もちろん梅酒。210円と安い。
                    杏もあり。

                    …買っちゃった。
                    author:ムシマル, category:高知 名産品, 19:59
                    comments(0), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      お土産 南国SA 土佐ジロール840円
                      DVC00096.jpg
                      南国SA行ったら土佐あかうしを大プッシュ・・・倍プッシュしている。

                      レア度(焼き加減ではない)は日本一らしいんですが、
                      あんまりそんな気がしない。

                      ジモティーだからか?
                      日本一レアなのにSAで食えるからか?



                      で、今回お土産大好きムシマールが
                      SAで購入したのはトサジロール。


                      ちゃんと言うと、正式名称「土佐JIROLL」
                      DVC00097.jpg
                      冷蔵庫コーナーにありました。
                      高知市大津にあります青柳の手によるもの。

                      カッティング。
                      DVC00098.jpg
                      キレイな逆のの字。

                      気になる価格は840円。(の月一だけの2割引き。)

                      こげ茶色をした筒。
                      持ち上げるとどっしりズシリした重さ。
                      初めて日本刀を持った夜みたいな。

                      ふむ、この重さがすべて甘さになるのか。
                      S=MC²みたいな。
                      (Sはスイート、の略と思っていただいて結構)


                      では、いただこう。
                      がぶっち。

                      ほっほー、クリームはまろやか。
                      冷やしてあるのがすごく気持ちいい。
                      ちょっとさっぱりしていて舌にぴたっと吸い付くような感じ。

                      しかしなかんずくは生地だ。
                      何というか、カステラに近い。

                      普通のロールケーキよりもどっしりとしている。
                      甘さも骨ぶと。
                      歯応えと満足感、それに付随して貫禄もある。



                      普通のをソップ型とするなら、こっちのこれはアンコ型だ。


                      いきなりロールケーキを相撲取りに喩えてしまった。もう後には退けない。
                      他のもお相撲で喩えないと。

                      じゃあクリームは・・・・・・このたとえでいうと……相撲取りであるべき生地の周りをしっかりと支えているから・・・・・・まわし?

                      冷たくてフィットして超気持ちいい、レーザーレーサー?


                      で、このたとえで土佐ジロールを表すると、

                      レーザーレーサー型まわしを身にまとったどっしりとしたアンコウ型の相撲取り・・・・・・
                      やばいヤバい。食欲と真反対方向のたとえになっています。
                      ネガティブキャンペーンにならないことを祈るしかない。

                      すまん、青柳(呼び捨て)。



                      いっときますけれどもこれがうまい。
                      ヤンガーブラザーも舌鼓。

                      俺は自分の舌は信じられないがヤンガーブラザーの舌は信じられる。少なくとも、俺はね!

                      いやこれコーヒーがすすむ進む。
                      お菓子はやっぱりお茶請けになって何ぼだなあという信念のもとにこれをよいものと断じよう。

                      あ、今いい喩えがおりてきました。
                      「ぐりとぐら」に出てくるカステラを『3月のライオン』に出てきたクリームあんみつのクリームで巻いたような。

                      ・・・いいたとえか?これ。

                      ムシマルの誉め下手は残念レベル。


                      ネックがあるとすれば県外の方は保冷に気を遣わないといけないことか。
                      それは何とかしてみてください。

                      その価値はきっとあるかも。
                      土佐っぽさは微妙ですが。


                      そういえば最近ムシマルブログが職場で蔓延中?
                      なんか先輩のPCに何者かがお気に入り登録していたとか。
                      しかし誰も心当たりない様子。
                      靴屋の妖精?
                      author:ムシマル, category:高知 名産品, 14:10
                      comments(0), trackbacks(0), pookmark
                      0