RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    名月 2014年度
    隠れてこっそりと名月へ行く。
    DVC00285.jpg

    いや、このムシマル、だれにはばかることもないのであるが。

    具体的に言うと元同職場の常連さんに秘めて行く。

    平日18時過ぎ、入店するとお客さんは誰もいない。
    貸し切り気分だ。

    今夜と同じように、その時も彼は自分を孤独に感じたが、すぐにまた、このような孤独が持つ美しさを思い知った。

    サン・テグジュベリは良い文章を書きますね。

    「とりあえず、ビール」。
    人生でたくさん言ったワードベスト30くらいには入るかもしれません。
    「なるほど」「おーけー」「刹那で忘れちゃった」などがほかに挙げられます。
    DVC00277.jpg

    小鉢に入った煮込み牛すじと一緒に来る。

    ああおいしかった。
    ではなく、ここからが俺のターン!
    お好み焼き屋さんでお好み焼きを食べる。
    DVC00278.jpg
    アベレージ900円くらいのお好み焼き群。
    安くはないがそれだけの価値があると信じている。

    「ミックス焼き(900円)を!・・・いや、やっぱりトロトロピザ風(900円)を。」
    ギリギリのところでブレてみる。
    ふう。


    チーズを食べたくなって選んでみたのだ。
    メニューを見直す。
    うわうわうわ、土佐あかうしのステーキだ。
    DVC00279.jpg
    200gで3,800円だ。

    今日は手が出ないが、いつか。

    この小さな決意と世界が、いつしかムシマルのすべてになる。

    待っている。
    待っていると、店主が完成したように見えるお好み焼きに、
    まだ何かを。

    炎だ!
    下からの熱は鉄板で十分に受け取り、
    足りないのは上方からの攻撃と言わんばかりに
    バーナーで炙り始める!

    カメラカメラと今なら思う、その時は気が回らずにボーっと惚けていた。

    たまらず溶けだす蕩けだすチーズ!
    漂いだす香り。


    いろいろあって、登場!
    DVC00280.jpg
    あー邪道!
    しかし上等!

    悪には悪のカリスマが必要って言うけれど、
    悪のカリスマと称して十分な破壊力。
    DVC00281.jpg

    あー太っちゃうかも。


    ぱくり。
    サックサク祭り。


    お好み焼きの生地を讃える言葉に
    「ふわふわ」とか「とろり」とかありますが、
    ここのはサクサクというのが相応しいかと存じます。

    スナック菓子みたいに軽い、
    昼下がりのポテチのようにいくらでも食べられれる。


    これならお好み焼き2個いけるんじゃないかと
    思いつつのビール終了。

    ビールおかわり。
    DVC00282.jpg


    ビールもう一杯には、お好み焼きが少し足りない?
    悩ましいメニュー。もう一品。

    記事の続きに。
    続きを読む >>
    author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 08:52
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      美味善 晩酌セットの雄
      美味善に行く。
      ネットで見た。
      ここに、晩酌セットがあると見ていた。
      家政婦のように見ていた。

      カランコロン。


      あれ、喫茶店?
      カフェーみたいなモダーンな心地。

      さっ。

      これやな。よっしゃ。いくで。

      すいませーん。
      晩酌セットを。
      ホットペッパーのクーポンでドリンクを2杯にしてもらう。

      お、お得。
      智は力なり。

      これにより、2杯と3品で1,000円。
      破格のコスパ。

      お酒は何になさいますか?
      うーん、ビールでいいか。
      ハッ!

      フローズンビールみたいなもんがある。
      頼めるんだろうか。
      まっいいよね最初は普通ビールーで。

      来る。グラス。


      ちろちろとメニューを眺める。

      ムチャクチャたくさんあるわけではないが、
      ウツボに茄子にと、郷土名物って感じのものもホロホロとある。
      なかなかわかってらっしゃるチョイス(偉そうないいかた)。

      あ、来た。三品の中の先陣。

      土佐巻き。
      カツオ。

      もぐもぐ。
      うぬん。
      いいよいいよ、ご飯によるお腹の落ち着きと土佐名物のきらめき両方を最初にクリア。

      ここでの満足があると、次が楽になる。
      記事の続きに行くけれど、期待が持てるよね。

      続きを読む >>
      author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 18:06
      comments(2), trackbacks(0), pookmark
      0
        坐忘 2回目 高知市知寄町には珍しいワイン+無国籍料理店。
        早速2回目なのです

        高知市知寄町パチンコ屋さんにあることで有名な『坐忘』さん。

        ざぼーんと飛び込むように入る。
        まあね、ダジャレだらけですよ。
        ダジャレまみれといってもいい。
        手を一生懸命洗ってもダジャレの匂いが落ちないよ!

        閑話休題。

        入店したとき、マスターさんが
        「あ、あなたはあのときにここであった・・・!」みたいな顔をされる。
        覚えられていた様子。

        一週間前に来ての、2回目なのです、実は。


        さっそく着席。
        前回と同じ席に座る。
        ムシマルは再訪したときだいたい同じ席に座りがち。
        「縄張り意識が強いんだね」なんだってキーー!

        心の声と対話していました。さっき。

        老夫婦と、お子様連れの複数ファミリーっぽい8人くらいが先客としている。

        とまれかくまれ、
        注文。

        まずはビールゥゥゥゥ。

        そのビールが時間を稼いでいる間に、
        ムシマルは注文を考えるぜ。

        まずは自分の心との対話。
        おなか、まーまーへっている。

        おなか減る。



        ムシマルのなかでは、「空腹時にはガツンと肉」っていうのは
        誰に教えられることもなく生まれているポリシー。
        ポリシーの使い方の中でもだいぶしょうもないものの気がする。

        ムシマル胃「肉が食いたい」
        ムシマル脳「ハイ、肉食べましょう肉!」

        ムシマル脳とムシマル胃袋は仲がいいのだ(あるいは言いなりなのだ)。
        この仲のよさが、いつか大いなる悲劇を生まねばいいのだが・・・。

        メニュー、肉料理の欄を直視する。
         

        ふむ、なんこつ揚げ400円砂肝ガーリック焼き500円は、今回は止そう。
        どちらもちょっと変化球の気味を感じて。

        今夜は、王道を進みたい気分。
        王道楽土を行くのだ。

        あとの選択肢はー
        角煮!だいすき!
        だけれども今回は「食べごたえ十分」の魅了句にのっかろう。
        「若鶏の胸肉一枚揚げ」に決める。

        ムシマル大腸
        「待って、お肉もいいけれど、あなた痩せようとしてたのでは?」
        ムシマル脳
        「いやほら、今日けっこう歩いたから。10,000歩くらい歩いているよ。
         でも君がそんなに言うんなら、サラダ頼む?」


        揚げ物は時間がかかりそう、でっかいのならなおのこと、
        その前にお腹の調子を整える何かを頼むことはきっと誰にとってもいいのではないかしら。
        そういう明晰な判断。



        柔軟な薄弱さが売りのムシマル脳。
        すると、お通しですとビールと一緒に来たのはサラダ。
        サラダ頼もうとした矢先にサラダ。

        これはムシマルの思うとおりに物事が進んでいる。

        プチトマトと、あとなんかの葉っぱ。

        ムシマル脳「サラダが来たよ!サラダが来たよ!」


        (前菜で野菜が来た。
         じゃじゃじゃじゃじゃあ、サラダを頼もうと思っていたのを、
         少しこってりサイドに寄せる?)

        と注文したのは「アボカドとサーモンのカルパッチョ」
        カルパッチョってお魚と野菜サラダのハーフやんなあ?という選択。

        なんだかビジュアルだけでいうと
        メロンと熟柿みたいな感じですね。

        普通の日常を送っているとムシマルにはアボカドを食べる機会がありません。
        オシャレフーズだよね。

        ただ評判はよく聞くよ。
        『森のバター』って呼ばれているとかいないとか。
        マグロとかの替わりに使われることもあるくらいな、ワサビしょうゆで食べたりする変な食べ物。

        果物界のカモノハシ。


        気になってはいたのです、食べ物やさんにアボカドメニューがあると。

        いつでも探しているよ、どっかにアボカドのかけらを。
        サラダの中でも、パスタのソースでも。
        そんなところにあるはずないのに(ないことはない)。

        ぱくり。


        んん。
        果物というには、あまりにもコッテリという表現に近しい。
        でも植物由来のさっぱり感もちゃんとある。

        お魚、サーモンの隣にあってもおかしくない。

        ・・・でも、なんだか個人的にはサーモンと似すぎているかなーっていう気がします。

        似ているもの同士よりも、
        補い合うみたいな感じのほうがムシマル的には好き。
        かたいスジ肉とやわこいコンニャクみたいなのが好み。

        でも第三の魚、みたいな新しい感じを楽しむ。面白い。

        記事の続きへ。
        続きを読む >>
        author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 20:40
        comments(0), trackbacks(0), pookmark
        0
          明神丸 帯屋町店で送る会。
          デカデカ写真のインパクト!


          帯屋町に2014サマーにできた新店『明神丸 帯屋町店』へ。

          ひろめ市場内にも1軒あり、堀詰電停目の前にも1軒あるタタキの有名店が、
          帯屋町アーケード内にも登場。
          あ、あと亀次ってお店も系列店であったような。

          (儲かってんだろうなー。県民総選挙でも1位に選ばれたし)
          金のことを考えながら到着。


          今に100mに1店舗できますよ。


          お昼はビュッフェだかバイキングしているようです。
          カツオのたたき数を選ぶらしい。
          未確認なので続報がきっとあるんじゃないでしょうか。
          海賊じゃないほうのバイキング好き、ムシマル発信で。


          今宵のムシマルは幹事
          職場の同僚の方を送別する任を担ったのだ。

          って行ってもお店選びは職場先輩がしたため、電話したりお金を預かったりするくらい。
          たいしたことはせぬまま。

          で、ときが進んで午後7時。

          開始。宴。9人。
          『呑み放題2時間付きの4500円コース』をチョイス。

          ビールが来る。
          乾杯。
          ごっごっごくん、ぷはー。
          その最初の一息は、呑む前の一息とは明確に違った。
          アルコールが燃料のように熱いか、液体が冷却材のように潤滑に冷たいか、どちらかの刺激にいつも吹き出すような息となる。


          グビグビと最初の一ゴクゴクをしたのに、食べ物はまだ来ない。
          2分強。
          いそがしいのか。

          今日のコースによれば、
          もうそろそろサラダか先付けが来てもおかしくない・・・。

          あ、来た。

          タタキがいきなり。
          カツオたたきの有名店が、最初に持ってきたのがタタキ。

          幕之内一歩がゴングが鳴ってすぐにデンプシーロールする
          みたいなもの。
          それはチャンピオンも倒れますね。


          カツオのたたき、薬味もたっぷりミョウガにネギにタマネギニンニク。


          この盛り付け、この間観たテレビでいえばオシャレ度は低い。
          見たのはローストビーフかなにかの盛り付けでしたが、
          お肉の上にレモンを置いた芸能人に×印。

          料理人土井さんの説明によると、
          「メインは真ん中で、薬味は脇。
           薬味をメイン食材の上に乗せたら印象がぼやけてしまう」
           みたいなことを。

          でもなあ、カツオのタタキは薬味ばら撒かれてこそな気がしますね、
          欧米ルールは土佐では通用しないのかも。

          取る。食べる。


          ああ、カツオのたたき

          とても稚拙な表現、逆になに言っているんだってなるのかもですが、
          カツオ節みたいな風味。

          燻され感がよく出ているような気がしてならない。

          柔らかい。

          さあ、次は何が来るんだと記事の続き。
          続きを読む >>
          author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 14:05
          comments(0), trackbacks(0), pookmark
          0
            一軒家 高知市 親どり、焼いちゃいました。
            DVC00555.jpg
            高知で、老舗で有名。
            そして吉田類来訪でも有名なお店です。

            おまちの一等地に、このレトロなフォルム。

            このいでたち、ただものじゃないわい。

            ここに来ようと思ったそもそもはにゃお吉さんのブログ記事だったような。

            『弁鶏』か『びっくりどり』来訪した記事を書いていたとき
            ムシマルは親鶏派って書いたのでしたっけ、
            それともにゃお吉さんの記事に親鶏派です、って何かで言ったのでしたっけ。

            ともあれ、そのときにお薦めいただいたのがここ
            『一軒家』。

            ここの名物が鶏焼きらしいのです。

            入ると、カウンターしかないお店。
            お店があって、L字型にカウンター、イスの数は10ちょっとくらい。

            おお、空いている。
            奥の方が空いていたので座らせてもらう。


            メニュー。
            ああ、きっと。「とり足 (親どり・若どり)600円」がそれなのね。
            直観でわかった。文章読解でわかった。もう何もかも。



            えーと、えーと迷っていると「何にしますか」ということで
            ビールの生中をいただくことに。

            「あと、『とり足』の親どりをください」
            「お時間がかかってしまいます」みたいなお返事がかえってくる。

            「牛スジ煮込みやマグロすきみなら早くご用意できます」
            おお、そういう情報を聞いていたような聞いていなかったような。

            というわけで。

            こういうことになりました。


            酒と泪と男と女もってこーい(記事の続きに)。
            続きを読む >>
            author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 07:05
            comments(4), trackbacks(0), pookmark
            0
              グルメ屋台 くたんだ
              某方のブログに触発されて掲載。















              記録はある。でも、
              いつの記憶かわからない。

              なんかカウンターでくたーってちょっと潰れていた気もします。



              author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 19:19
              comments(0), trackbacks(0), pookmark
              0
                行きますよ、「坐忘」さん 知寄町
                 知寄町にあるパチンコ屋に。
                DVC00590.jpg
                イヤさパチンコ屋のなかにあるお店に。

                「坐忘」

                座るのを忘れるって書く。
                なんだか故事成語っぽいんですが果たしてどういう意味が?

                ネット検索。
                http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/89166/m0u/によると、
                「仏語。静座して現前の世界を忘れ、雑念を除くこと。」とありました。

                ほう、フランス語だったとは。
                ・・・・・・。

                すっげえ良い精神の境地っていう感じですね。
                無念無想とか、そんなのかしら。


                坐忘(ざぼう)はわからないけれどThe BOOMは割りと好きなムシマル、入店。
                『風になりたい』と『島歌』好きですね。
                まあ関係ないんですけど。




                メニュー。
                あらおでんがあるわ、おでんよおでん。
                変な私になる。

                いつでも変。

                鮮魚お造り500円。
                ワンコイン、って破格に安い。量は不明ですが。

                こっちにもメニュー。一言コメントが足されている。


                珍しい感じなのは、
                「アボカドのカルパッチョ」300円。
                「長芋のステーキ」500円。
                どんなんなんでしょう、めら焼きみたいんなものなんでしょうか。

                「チリポテト」400円。
                あんま聞いたことないよ。



                サムギョプサルから角煮からムースから、
                「無国籍料理」って言っているとおり無秩序に多国籍。

                いいながら郷土料理「なめろう」もある。

                韓国料理がなかなか覚えられなくて、
                焼肉を野菜で包んだのがサムギョプサルでよかったんでしたっけ?

                スープみたいなやつがサムゲタン?
                ごっちゃというかうっかりすると混同してしまう。

                でも韓国料理に限らず、
                「チーズフォンデュ」と「バーニャカウダー」もどっちもイメージヴィジュアルが似ていてごっちゃになります。

                あ、チリコンカンを響きから韓国料理と思っていた時期があったり、
                ムシマルは概念世界の料理カテゴリが整理整頓できていません。


                それでは、閑話休題。

                己が知略を振り絞り、猛き本能従えて、
                ムシマルが選び掴み取ったものは。



                白レバーのムース。



                他にもあるよ、記事の続きをお楽しみに。
                続きを読む >>
                author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 13:59
                comments(2), trackbacks(0), pookmark
                0
                  てんてけてん 愛媛かどっかからの刺客
                  「居酒屋 大吉」の近く
                  『てんてけてん』へ。

                  2014年春頃できた模様。



                  なかなか小気味いいリズム。
                  リズムは大事だって、『ベイビーステップ』でも言っていた。
                  テニスマンガですが。

                  席。ムシマルが7人分食べるわけではない。


                  お酒を呑むのです。

                  前職場の方が段度ってくださった呑み。


                  3000円で食べ呑み放題90分らしい。

                  このメニュー写真を撮ったが、
                  今回は3,500円120分食べ呑み放題なんじゃって。



                  でも食べ放題に行くまでに、通常セット(お刺身・サラダ・たまごやきほか)が来るので
                  けっこうお腹はる。

                  お刺身盛り。

                  なんだか黒いのは、カメラの調子が悪いのと焦って、
                  レンズの汚れ防止シャッターみたいなのが開ききる前にパシャってしまったため。



                  いろいろお話に花(たぶんチェリーブロッサム)が咲く。


                  そうそう注意ポイントとして、
                   「ねぎとつくねチーズ」って頼んだら1本だけずつ出て、
                   ヴィジュアルは少ししょぼかったです。

                   多人数がウリのアイドルが、ピンで出演してもなんだか誰だかわかんないのとおんなじ現象でしょうか。


                   ・何も言わなかったら1本ずつ出る。
                   ・お皿に1本だけ出てくると華がない。
                    せっかく咲いた会話の花(たぶんチェリーブロッサム)も蕾んでしまいかねない。


                   →○○何本ってちゃんと言おう(当たり前?)。

                   
                   ロシアンたこ焼きなどがあり、パーティーに向いている。
                    全体に若者向けな感じか?
                    

                  あとはラーメンサラダっていうのが3,500円コースでは注文できて、
                  「なんだろうねこれ」「これなんだろうね」という会話をしばらく生み出しました。


                  最後の写真です。
                  揚げパンアイス。
                   

                  満足感がありますよ。

                  いやーお腹はる。

                  このあとに
                  前職場後輩さんが二次会に。

                  オシャレなバーとか知ってるんですよね。
                  しかもお店の方に顔を覚えられている。
                  そつのない若者、さすがだ。

                  ムシマルも次どこ行くってなったときに
                  バーやらダイニングやら遅くまでやっているところに
                  さっと行けるようになりたい。

                  いや、そのためにこことかス・ルラクセとか行ってみたんですが、
                  前は閉店した気がしますし、
                  ルラクセは24時クローズになり、3次会以降には閉まっちゃってそうな感じ。

                  ムシマル内ランキングはーー「kai」が良いかも。
                  シフォンケーキおいしいです。




                  深夜2時くらいまでやっているよいお店がありましたらば。
                  author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 23:45
                  comments(0), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    駅間亭 南国市 2014年6月
                    駅間亭という、ごめん町駅近くにある居酒屋に。

                    珍しく一人ではない、高知に帰っている大学同期とお酒。
                    関東圏から高知に帰ってくるたびに、
                    よく南国市の呑み屋を制覇しに行っているのだ。

                    ごめん駅とありがとう駅(やなせたかしさん命名 ごめん駅とごめん町駅は紛らわしいのでこっちはありがとう駅にしよう)の間にあるためなのでしょうか、
                    この駅間亭という名称は。

                    つきだし。

                    牛スジ味噌煮込み、ありがてえ。

                    同期が居るとサラダを頼んでくれる。
                    一人ではあんまり頼まないから、これは健康にいい。

                    サツマイモのパリパリサラダ600円。

                    おお、・・・おお!
                    ジョッキは普通のサイズです。
                    つまり比較すると、サラダでっかい。
                    パリパリ。ポリポリ。

                    串盛り合わせを注文。


                    と、プラスで注文したなにか。
                    牛串だったか?


                    焼いてる中に揚がっているもの。満足力も高い。

                    うんうん、リーズナブルっぽい。

                    記事の続きに。
                    続きを読む >>
                    author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 09:19
                    comments(0), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      喜八(喜は七3つの字) 晩酌セットあり 高知市堺町
                      堀詰をちょっと南に行く、堺町のほうにある居酒屋さん「き八」へ。
                      「き」の字は難しい字というか七七七を組体操したみたいな旧字です。
                      PCでうまく変換できないために今回はひらがなもしくは「喜」字で表記させていただきます。

                      お昼はランチもやっているようで、居酒屋と食堂の複合のようなかたち。
                      4階くらいまであるでっかいキャパシティお店らしい。
                       DVC00460.jpg
                      ムシマルにはひさしがあれば十分さ。

                      そう、今回ムシマル、突然の雨に濡らされて、
                      夢中で何かを探したね?

                      2014年6月、雨宿りのようにひきこまれて入店。

                      お、空いている。逆に雨だからか?

                      それとも立地のせい?
                      メインの帯屋町からちょっと離れているからなんでしょうか?

                      カウンターに着く。

                      「空いているからテーブルでもかまいませんよ」と言われるが、
                      なんとなくカウンターのままでいる。


                      孤独の呑みはカウンターに限る。そんな風に思っていたのかもしんない。
                      そんな風に思っていた時期がありました。

                      メニューを見る。
                      あ、晩酌セットがある。1,000円


                      好きなんだよね、晩酌セットが。
                      たまらなく好きなんだ、そういうのが。

                      「晩酌セットを」
                      「飲み物は何になさいますか?」
                      セットでついてくる飲み物はビールか日本酒の2択!
                      日本酒ならお銚子2本いただけるとのこと。

                      このムシマル、普段なら「とりあえずビール」人間であるのだったが、
                      この日は雨にだいぶ濡れて歩いて冷えていたため、
                      より芯に熱を持ちよる日本酒を選択。

                      ちょっと待つ。
                      テレビがあり、『世界一受けたい授業』を放映している。

                      観ていると来る。

                      お酒。

                      ムシマルはこれひとつでけっこうベロベロになるんですよ。
                      好きなんだよね、ベロベロになるのが。たまらなく好きなんだ、そういうのが。


                      晩酌セットについているお料理3品がきました。



                      詳細は記事の続きに。
                      続きを読む >>
                      author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 19:05
                      comments(2), trackbacks(0), pookmark
                      0