RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    ヨサコン 火の巻  15時40分〜16時40分
     あらすじ。
     2話目を終えて、やっと飲み開始。


     さて、われらが高知県、ここ高知市の中心街、人口数千、犬500匹(適当)の町が、これから奇跡の3時間のうちに、永遠に変わってしまうかどうかだ。それも、一番いい方向にだぞ。
    ブラッドベリ最高。『二人がここにいる不思議』中のセリフもじり。 

     1軒目。

     とりあえずどこかに早く入るべえと、近くの店を探す。
     一番近い店は、満室。ちょっと待つとのこと。よろしいか?
     しかしムシマルたちは返事をする。
     待てないと。
     
     遅れたことを取り戻す意識のあまり我慢が効かない。
     いま赤い布があれば突進しちゃうのではないか。


     再度すぐ近くの店に。歩いて一分。真の一軒目。
     隠れ家 うー

     空いている。
     入店。せまめの入り口から、暗い階段を抜け、2階へ。
     中は、4人用テーブル×5か6のスペース。座布団に座るタイプ。
     内装はなんだか落ち着いた感じ。

     ヨサコンスタッフって腕章かなんかをした女性が、こちらにおかけくださいと案内してくれる。

     座る。システムがよくわからない。
     とりあえずビール。相方は烏龍茶。

     そうしている間に、女性陣が来られて、座る。
     お若い。20代前半の方。明るく、華やぐ。

     あいさつをする。
     注文。飲み物用の注文メニューが置いてあって、ムシマルはビールを。
     他の3人はソフトドリンク。
     かんぱーい。

     「お酒飲むと、帰るのに高くついちゃうからー」と女性陣。
     「車できちゅうき」相方は土佐弁全開だ。

     ・・・あー。こういうときに、僕が車(タクシー)で送ってあげるからのみなよっていえばまた違うのでしょうか?ノウハウがないものでどうすることがいいのやら。

     まあでもこの方たちはどちらかというとお店開拓な心積もりで来られたようなのでそんな手は警戒されるだけなのか?変な感じになるくらいなら他愛もない感じで平和のうちに終わるのが良いなーなんて取り留めなく思う。

     「元を取るんですー」って朗らかに笑われている。楽しそうなのはいいですね。


     会話の内容を適当にピックアップすると、
     「何軒目ですかー?」とムシマルが聞いてみたり。
     「どこかここ行きたいってお店ありますか?」
     「この参加店の中でヨサコン以外で行ったことある店ありますかー?」
     「お二人はどんな関係なんですかー?」

     みたいな。意外と相方がお喋りされない。
     やべー俺より無口なのかよ。無口が二人揃ってしまうとどうなるんだ?

     ちなみにムシマルも相方もヨサコン参加は、面白そうな珍しいイベントだから、って言う理由がトップ。
     女性との交流はまあ縁があればいいかな、なくてもお酒が飲めてご飯おいしければいいやってスタンスでいます。理論上は20軒以上も新しいお店を開拓できるのだ。


     ヨサコンではお店滞在時間も決まっているわけではなくて、盛り上がりさえすれば最初のお店に3時間半いてもいいのです。
     その他主なルール説明。
     ・最後まで2人一組。
     ・会場での写真撮影禁止。
     ・座席はヨサコンスタッフが指定。あそこ空いているからその席行こうっていうのはできない。
     ・リストバンドを外すと一般とわからなくなってお店入れなくなるので最後までつけてね。

    大まかに言ってこんな感じ。あとは無理強い禁止とか飲酒しての運転禁止とか当たり前の感じが書かれている。



     ただ、どうやら自分たちは遅れてきた分だけ物を知らないようでー
    「ええっ!全部食べ終わらなきゃ次の店にいけないのかい?」とフグ田家の大黒柱みたいな驚き。

    まあ環境配慮の面からすると当然かもしれませんが、既に結構頼んでいた。
    油淋鶏(ゆーりんちーって読んだら「すごーい」ってほめられた。いい気分になりました。みんなもゆーりんちーを知っているといいことあるよ)にサラダにポテトフライ。大皿。

    ゆーりんちーはおいしかった。

     女性陣が去ってからも注文したやつをやっつけるのに10分くらい。もう行くぞって時に相方はウーロン茶おかわり。

    そんな感じで一軒目で40分くらい在席。出る。

    次の店はどこにするべえということになって、
    ムシマルのわがままが炸裂することに。

    記事の続きに続く。
    続きを読む >>
    author:ムシマル, category:婚活, 19:28
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      ヨサコン 〜林の巻〜  当日15時〜15時40分
      さて、前回風の巻で
      15時までお仕事関係、15時からヨサコンと
      予定がブッキングしているというか
      重なってないけどずれとか移動時間で遅れるかもという
      事態になったムシマル。

      結論。
      結局、遅れました。


      その仕事関係の場所を出たのが15時05分。この時点で遅刻だ。
      携帯を見ると、2件相方から。

      遅れるかもっていっていたのになんとも気の早いことよ、と待たせる身で思う。
      いやまあ3.5Hで6,500円なので、20分遅れれば600円くらい損しちゃう計算。
      急がないとなーなんてことは感じている。

      20分は大事。

      「20分あれば軍艦を沈めることもできるし、飛行機の3機や4機は撃墜することもできるし、死刑を二つ行うこともできる。死ぬことも、結婚することも、クビになることも、就職することも、歯を抜くことも、扁桃腺を手術することもできる。ナイト・クラブで水を一杯所望することもできる―いや、これはわからない。」とチャンドラーも言っている。


       
      電話をする。相手に遅れてすまないことと今から行くことを告げる。
      しかし、男は不思議なことを逆にこちらに伝える。
      「高知駅ではそんな受付をやってないようだ」


      前述のとおり申込みはその今回だけの相方がやってくれたので、
      ムシマルは情報を持っていない。
      駅近くのカフェで待ち合わせの指定も向こうからなので、単純にそこら辺が受付会場なのかと思っていた。

      怪訝に思いながら向かう。
      で、15分後(仕事関係の場所は枡形近く)高知駅近くのK'sカフェにたどり着く。
      再電話すると相手が電話に出る。
      そうか、この者が相方かと思う。

      なかなかウィットのある奴だったよ。僕の会う奴はみんなウィットがありやがるんだ。


      その男はいう。
      「高知駅が受付だと書いてあった。でも駅内も広場もやっていなかった」
      ショッキングな事態に驚きつつ、記事の続きに続く。
      続きを読む >>
      author:ムシマル, category:婚活, 12:17
      comments(0), trackbacks(0), pookmark
      0
        ヨサコン 〜風の巻〜 申込みから前日まで
         
        街コン、という言葉をご存知でしょうか?


        街の中にあるいろんな飲食店に協力してもらう

        くわしくはWiki(リンクあり)をご照覧されたし。


        ともあれ、きっかけはいつも「ほっとこうち」

        5月号の最初の方に高知でも街コンをするよ、その名も(よさこいにかけて)ヨサコン(リンクあり)だよって
        いう情報が載ってあって、流行ものには飛びつくムシマル。

        最先端ですね最先端。あと一歩踏み出したら落ちちゃいかねませんよ。
        流行の先端恐怖症ではありますが、それでもえいやーと。

        何がいいたいかというと、何が言いたいかわからなくなってしまいました。

        まあとにかく変なイベントなので乗ってみようという感じ。


        ここで、一つハードル。
        二人一組、ツーマンセルが必須。

        選択肢は持ち札の中になくもなかったんですが、
        知り合いと行くのはなんか恥ずかしいというか。


        婚活はしているんですが、
        なんかムシマルの周りに同じような感じで活動している方ってなるといないような。

        要は、こんなのに乗り気な方が知り合いには見つけられなくて、
        乗り気でない知り合いに無理にお願いしてきてもらうのにはてれが入ると。


        その結果・・・よく知らない人と一緒にいくことになりました。

        考えてみれば、おかしなシャイさ。でも、シャイなのには違いない。自分をごまかすつもりはないよ。


        ということで時は4月27日とか28日くらい。

        ヨサコンのHPに飛ぶと、
        一人や、奇数人参加であぶれてしまう方なんかは、
        ここの掲示板で組を作ってくださいというお触れが出ている。

        見ると、あ、いたいた。
        なんか一人掲示板に一緒に行く方募集って書いてある。

        書き込みをしてみる。



        記事のスズキに続く。
        続きを読む >>
        author:ムシマル, category:婚活, 23:49
        comments(2), trackbacks(0), pookmark
        0
          IBIZA −MASKとジェンダーとパスタの話−
            女性と飯を食べる機会があった話。
           なので婚活カテゴリに入れていますが、どうなんでしょうね。

           急に今日なら大丈夫的なお達し。
           ホイホイ行く。僕という字は下僕の僕。

           イオンで待ち合わせ。夜9時。
           ちょっと迷うと「イオンにあんまり行かない人?」とカテゴライズされる。

           ともあれ無事合流。
           車でいく。乗せてもらう。

           「日本と洋と中と韓国料理、どれがいいです?」って聞かれる。
           なんか韓国って言った時に力が入っていた気がするので、「韓国料理」って言う。

           「でもつい最近いったんで昨日行ったんだよなあ」

          ・・・じゃあ選択肢に入れるなよ。
          それかよくある爆弾の配線みたいに、どっちかがダミーで選ぶとドカンなやつに引っ掛かったのか?


           で、次に中国を選択すると、「どこがありますか?」って、
          ええー、それはなんか選択肢出した方の脳内に答えがあるのと違うのか?

           自分は答え持たずに選択肢だけ狭めるんですか?
           そんなことを冗談めかすと「当然」みたいな返事が返ってくる。
           「学生じゃないんだから」みたいな答え。
           店決めのエスコートは男性の必須項目みたいなことなのか?

           ・・・なんかなあ。このへん不慣れなんでいい所あったら店決めてくださいみたいなことを言っていただければ、そりゃ頑張るけど。
           あるいは、適当に流してここいいんじゃないみたいに二人で選べるのならうれしいのだけれど。

           こっちが考えて、向うが許可否認みたいな関係がデフォルトだとやんなりませんか?
           小さい人間なんでしょうな、ムシマルは。


           で、車は出ているのにすぐに答えだせずに迷っていると、「あんまり食べに行ったりしない人ですか?」ってまたカテゴライズされる。

           
          うう、すぐには出ねえよ。
          夜9時ってだけでお店は半減だし、
          ムシマルの行く店の7割はデートに向かない店だし(中華といってもデートにラーメン屋はペケとのこと、まあそれは同感)、普段は原付で動くことが多いから、知っているお街の店ってけっこう駐車場のない店多いしなあ。

          グルメブログ歴3年が全く力を持たず。


          答えが出ないまま、南北の電車通りの道を通る。

          記事の続きへ。
          続きを読む >>
          author:ムシマル, category:婚活, 15:17
          comments(2), trackbacks(0), pookmark
          0
            合同合コンその3  

            20時。なんとか間に合うムシマル。

            ビンゴ用の名前を全部埋める。


            いよいよお楽しみビンゴゲーム。

            司会者「○○さん。」
            おっ、あった。

            「〇〇さん。あ、〇〇さんは2名います。カタカナの方の〇〇さん。黒い服の方の〇〇さんです。」
            わかんねえよ。もう名前と容姿が直結できる人は数人のみです。

            □□さん。」ない・・・いやあった。

            「〇っちゃん。」・・・ムシマルの名を呼ばれた!でも自分の名前をビンゴ欄には書いていない。
            まあ会話した人にあいつと話したおかげで端がつぶれたぜってなればいいか。

            あんまり固まってヒットしないなあ。
            と思っていると…。

             
            テーブルにハニートースト!
            DVC00498.jpg
            食パンオンアイスクリーム!

            僕はつけ加えた。
            溶けたやつだぞ!



            そっちに気を取られているうちに、何人か聞き逃す。

            どなたかビンゴ達成されたようです。
            景品は、おおーッと交換日記だー。

            我慢できなくて取る。
            DVC00499.jpg
            甘っ!うまっ!
            食パンのカリカリにアイスやフルーツというのは、
            ホットケーキ的なやわらかいものにそれをするより個人的に好き。

            固いものと柔らかいものという方が食感楽しいです。

            といううちにどなたかたこ焼き焼き器を当てられ、
            また別の誰かが映画ペアチケットを当てられる。

            ムシマルは途中であきらめる。

            という訳でビンゴ終了。
            そのあとは完全フリートーク。
            ウイスキージンジャーの話を聞いたり、
            長いトイレ待ちをしたり。


            あんまりトークしていないかも。
            けっこうみんな盛り上がっている。
            何の話をしているんでしょうねえ。

            イトカワすごかったな、伊達直人よかったなみたいな話?

            私がどこかを訪れるといつもそうであるように、時間が過ぎて行った。

            ああっ。
            壁面にゆでたまご
            というかキンニクマン
            なぜ?
            DVC00500.jpg

            この店はどっちかというとオシャレスポットで、サッカー好きスポットっぽいのに。
            座っていたところの壁ぎわにはサムライブルーな旗に寄せ書きしたもがあり、
            テレビではリフティングかなんかのビデオ映像が映し出されているのに。

            そこで、店員さんに聞いてみる。

            「(なんかの)2次会に来られていたんです」
            「皆様ご存じのとおりゆでたまご先生は藤子不二雄先生みたいに二人いるんです」
            ゆで☆先生とたまご先生か?言おうと思ったけどやめる。

            「そのうちのお一方が来られていて、書いてくださいました」

            「一分くらいであっという間に書かれたようです」
            おお、すげえ。
            この店に客が絶えることはないだろう。

            撮らせていただいてイイですか?
            「どうぞどうぞ」

            っていうかこの女性店員さんとの方が多くの合コン女性より長く話しているかも。
            いいのかそれで、それでいいのか?

            みたいな。そうこうしているうちに21時。
            合コンは終わる。

            2次会にカラオケ行く。

            成果は?
            男性と赤外線通信2、女性と1。

            女性にはこちらから赤外線送信でアドレス送るも、まだ来ない。
            「今となっては、どうか幸せに暮らしていますようにと祈ることしかできないがね。
            結婚して、5人くらい子供がいて、亭主は遅く帰るのは週に一日で、彼女の誕生日をちゃんと覚えていますようにってさ。」って『バビロン行きの夜行列車』(角川春樹事務所)byレイ・ブラッドベリより引用です。

            「ああ、畜生!ぼくの帽子はどこだ?あれ、被ってこなかったかな?」(同じ作品より引用)
            みたいな感じで店を出る。



            結局、壺も買わされず入信も迫られず、どうやら純粋善意のようでした。
            疑って悪かったなあと思いつつ、1度目で安心させて2度目が怪しいぞなんて、いつまでも疑い続けるのかもしれません。

            気の利いたオチなんてありません。
            了。
            author:ムシマル, category:婚活, 21:56
            comments(6), trackbacks(0), pookmark
            0
              合同合コンその2 Sway
               料理。
              DVC00493.jpg
               立食の様子。

               開始の19時までは時間があります。
               名札に名前を書く。

               Gさん(仮名)の知り合い3人と自己紹介みたいなお話。

               職場関係の人なんだってさ。


               とまあこんなぐあいでゆるゆると19時。
               なんだかスタートする。

               それによると、「今から1時間、君たちは君たち自身の名前でビンゴをしてほしい」とのこと。

               ざわ・・・ざわ・・・
               (もう生姜農家オンラインさんにはかなわないから福本ネタはやめるといった禁を破る)


               4マス×4マスの記入欄がある。

               お名前をうかがってそこへ記入し、合計16名の名前を入れて1時間後のビンゴに備えろとのこと。


               なるほど、ビンゴをそろえる、ゲームに参加するという名目でいろいろな人と話が自然にできるというカラクリか。
               
               ちなみに人数は31人×31人の62名。
               異様に多い。

               お店も貸切だし。
               ビンゴゲームには商品あるし。
               いったいなんなんだろう。
               組織的な何かなのか?

               眠っていた疑問がまた頭をもたげる。

               カンパーイ。うわ、始まる。

               酒を飲むことで疑いがまた眠りにつく。目の前の酒が疑いよりも大事に変わる。

               なにはさておきビールを飲んでお料理を取って食べていると、
              Gさんからのアドバイス。
               「今食事はじまった直後でけっこう並んでいるでしょう?女性の後ろに着くんですよ。
                順番待ちの間に話をするんです」


               エ、エスポワール生還組!?

               末は博士か大臣でしょうか(本来子供にいう言葉)、天才的。
               
               言う通りにして、お一人名前を教えてもらえる。おお。
               「ありがとう」G氏に言う。
               その気になったよ。

               名前っていってもフルネームでなくファーストのみ。もしくはあだ名みたいな感じ。


               料理。
               サンドイッチに、ピカピカピンチョスで見るような串。
               マヨのついたエビとオリーブ、ホタテなど。
               
               おお、ジャンクっぽいがオイシイ。
              DVC00494.jpg
               ビールを飲む。

               戻ってくるともう空いている人がいる。
               コップビールといえど、5分で3杯?
               ・・・2時間で72杯?理論値ですが。

               少しG氏知り合い初対面でたまる。G氏はどっか行っていますので初対面だけの会話。
               「お酒よく飲みますかー?」
               「街で呑むんですか?」みたいな話。
               聞いていると、みんなこんな合コンの猛者かと思いきやなんとなくはじめて呼び出された、つまりは本当に自分と一緒立場が多いみたい。

               10分弱ほどして、
               まあ行くかとふらふらと名前探しの旅に。
               ってっても、よくわかんないよなー。

               なんか元から知り合いらしい男女が談笑していたり、
               女性同士で仲良く食べ物シェアしていたり。


               正体とか背後関係がよくわかっていないので及び腰だったのでしたというのを言い訳に。

               名前を聞くが、でもそれだけであんまり会話が進展しない。うう。

               年齢層は若い人が多い感じ。
               25歳いっていない人が半分以上じゃないでしょうか。
               ムシマルは人の年齢を読むことがひどくニガテなのであてにはなりませんが。

               高知にはこんなに若者がいるのか、ハーメルンに笛で集められちゃったのかなみたいな適当なことを考える。
              DVC00495.jpg DVC00496.jpg
              30分くらいで、なんだっけラザニア?マカロニひき肉炒めみたいなものが出て、
              味は割とさっぱり。

              DVC00497.jpg
              人。スーツの方もいるがほとんど私服。
              男性も大体自分より若そう。いやよくわかんないけれど。

              この間の婚活飲み会では自分が最年少っぽかったけれども
              今回の合コンではかなり年かさのクラス。

              30歳って微妙な年齢なのかーと思ったり思わなかったりしたりしなかったり。


              前回婚活を思い返すといえば
              G氏知り合い組の一人が、
              ウイスキーのジンジャエール割り執心。

              惹かれて飲むとたしかに飲みやすい。
              ぶっちゃけ美味い。

              ウイスキーのきつさがジンジゃエールで消えている。
              飲んでいるとだんだんポカポカしてきますが。

              飲んで、適当に名前を聞いたりしていると、
              主催者(何者なんでしょうか…?)から、「ビンゴ開始まで(名前集め終了まで))あと10分ですコール。

              まだけっこう残っているムシマル。
              頑張って探しにまた旅に出る。

              その3に続く。
              author:ムシマル, category:婚活, 22:32
              comments(0), trackbacks(0), pookmark
              0
                合同合コン? Sway 1
                Swayというバーに。
                どんぶりころころがあるみちのもっと中央公園寄りというか、マクドの裏手というか。
                そんなところへN国市から。


                目的は新たなる出会いを求めて

                ・・・なんですが。
                いつもと違うのは、ネットや「ほっとこうち」で知ったイベントではないこと。


                どうやって知ったのかという謎にお答えすると、知り合いのお誘い。 


                話すと少し長くなりますが、
                かいつまんでしまうと

                ムシマルはある資格を持っていて、
                その時同じ試験時期に資格を取った人のお誘い。


                ぶっちゃけますと友達ってほどまでいっていなかった人。
                試験通ったときの打ち上げや、その資格者の忘年会などでお酒を呑む機会はあり、
                そのなかでは歳近いこともありそこそこ話す方だったんです。


                でもそれ以外で特に何か個人的に親交があったわけではなく、
                誘われたことにはちょっとびっくり。

                婚活中だかお相手がいないことなんかはお酒の席で言った気がしますが。
                それでも。


                なんというか正直、なんか裏があるのではないかと思いながら行く。

                ブログ以前のことですが、

                「間違い電話の振り→話しやすいから友達になりませんか?→今度高知に行くんですがせっかくなので会いませんか?→説明会見て行って→先輩男性社員と宝石買え買え 帰りたい?お前この品イイって言ったじゃねーか帰らせねーよで2時間くらい帰らせてもらえなかった事件」とか、

                「婚活のカップリング成立したお相手→会いませんか?→友達も来ます。面白い人です。→食べ物屋に行くと『何かの縁だから。良いと思うから』でその人と二人宗教勧誘」攻撃とか。
                あの時のムシマルは切れていましたね。
                上記のトラウマもあって、そういうのに遭遇すると心の防火シャッターが下り、スプリンクラーが鳴り響きます。非情用電源に灯がともりまくります。


                「原付移動中に前の車急減速→止まりきれず接触→話があると呼び出され保険や修理の話かと思うと宗教勧誘攻撃。一度目は、運転してた人と持ち主(両者の関係は夫婦)の二人。
                二度目はもっと恐ろしく、呼ばれた喫茶店では車の持ち主+隣の客(向うでコーヒーかなんか飲んでいた人が会話に参加)+店員もグル。袋の鼠」サマー」
                の時は、終わったと思いました。
                自分に負い目があることもあり、強く出れなかったムシマル。
                保険屋さんに処理してもらい助かる。

                他にも〇〇に〇〇された話なんかもありますが。


                そんな過去があり、そのたびに打ちのめされる。
                人間不信。
                基本口下手でイエスマンなムシマルにはコロリと行くと思われているんでしょうか?

                たぶん行くでしょうね。
                踏み込んでしまうと購買だの入信だのしてしまいそうなので、
                過剰防衛というか軒先からシャットダウンみたいな感じ。


                あれですよ、今自分が電話ができたり婚活していたり原付に乗ったりできているのはそのトラウマと折り合いつけたからです。
                辛いリハビリ期間を乗り越え。


                医者は奇跡だといったとか(ここは嘘)。
                もしムシマルが電話しているところを見たらあんなことがあったのに電話を…って思ったらいいですよ。


                あとは注。
                ムシマルは宗教勧誘や宝石販売自体を反対しているわけではありません。
                あくまでもだまし討ちや囲い込みみたいな手法を批判しています。


                ムシマルの切り抜け方。
                宝石→失礼な言い分に反論は浮かんでいましたが、準備していない口下手と
                    想定問答だって済ませているであろう二人がかりとでは議論に負けるであろう。
                    「いやな時には理由なんて言わなくったっていいんだぜ」的に敵視しながら黙る。
                    やがて解放。向こうも埒が明かないと判断された様子。


                宗教1→すでにだまされかけたことがあるということを相手に言っていたので、普通にキレることができた。「あなたのやり方はそれと同じです」
                 結局資料だけもらって離れた後、連絡しないでほしいとメール。
                    
                宗教2→前述のとおり追い詰められましたが、「そういう気にならない」で乗り切り、あとは保険屋さんに任せる。



                さて、非常に前置きが長くなってしまいましたが、
                つまり上手い話には裏がある的に今回も行ったら最終的に壺が買い時。利益確定の買いだ的な流れの中にはいってしまうのではないかと危惧したわけです。

                裏切られるのには、慣れてる。
                最初から裏切られるつもりがあれば、人を信用するくらい、簡単なことさ。


                そうなったらトイレの窓からでも脱出しよう、電話に出るふりして帰ろう。
                ブログでつまびらかにして次は法廷で会おう。

                その模様を実写化して主演は『カイジ』と『ホームレス中学生』で好演した藤原竜也にしてもらおう。
                『デスノート』も面白かったです。

                そこまで未来予想図を引いてSway到着。

                精神防御は完ぺき。

                店前には唯一知り合いGさんが来ており、ほか初対面数人と入店。
                DVC00491.jpg

                会費は4000円。受付で名前を言うシステムらしい。
                「〇〇 〇〇(本名)です」
                「えーと、お名前がみつかりませんね」

                おー、さっそく来たか?
                形だけでも入信すれば入れますとかそんなのか?おう?
                みたいな、むしろ待ってましたなトラブル。
                また心の壁をうず高く積み上げる作業に入るか。


                これで心おきなく逃げられる…と思いきや。


                知人G氏がムシマルを「〇っちゃん(〇にはムシマル苗字最初の一字が入る)」で登録されていた。

                他の方々は本名っぽいのに自分だけそんなのかー。
                なんだか狐狸のたぐいに化かされているような感じで入店。

                もらう紙。
                DVC00492.jpg

                合同合コン。

                合コン自体が「合同コンパ」だか「合同カンパニー」な意味を持つのに、
                それをさらに合同してしまう。

                その存在自体が屋上屋を重ねたような不確かなものの中に自分は立っているんだなあと思う。


                さて、入店しかしていませんがトラウマをほじりすぎたために次回に続く。(3部作)
                続きを読む >>
                author:ムシマル, category:婚活, 23:23
                comments(2), trackbacks(0), pookmark
                0
                  ACネット 婚活合コンパーティー 1/7
                   
                  開催日時 パーティー名 会場 年齢 料金 申し込み
                  1月7日(土)
                  19:30〜
                  新春・楽しく合コン
                  庄や 高知駅前店
                  男性25〜40歳
                  女性40歳まで
                  男性6,500円
                  女性3,000円
                  (料理7品・飲み放題)



                  という内容でした。

                  だいぶ時がたってしまったのは、アップしたつもりになって忘れていたから。
                  鮮度が命、ムシマルブログ。
                  しかし腐っても鯛か。

                  DVC00210.jpg
                  庄屋はこういうお店。
                  高知駅のすぐそば。

                  これはまた別の時に撮った写真で、
                  ほんとは夜。


                  で、行く。

                  19:15過ぎでしょうか。

                  「ACネットで予約です」
                  とか言って入らせてもらう。

                  奥の座敷。
                  部屋は結構広い。

                  繋いだ机があり、片側5人程度座れる座卓が2列。
                  つまり、キャパ20人くらいな感じ。

                  参加費支払後、
                  席へ。

                  どうやら自由席だけど、男は内側、女性は外側という不文律があるみたい。


                  会が始まったのは、予定より少し遅れて
                  19:45ごろ。遅れてくる人とか飲み物揃い待ちだった感じ。

                  どうやらいままでの会のように、
                  プロフィールカードを書いたり番号札をつけたりはしない様子。

                  つまりは普通の飲み会なのか。

                  ACネットの方が
                  「飲み物が行き届きましたらもうはじめちゃってください。来てなくても会話はOKです。
                  10時くらいまでの予定です。」

                  おお、あとはこちらにおまかせってことか?

                  なんか途中でゲームとか盛り上げイベントしたりするんでしょうかなーと思いつつ
                  スタートする。


                  さて、
                  いつも無為無策・無手無冠のムシマル、
                  お話はどうしようかなーというような思いを持っていると

                  お隣の方(男性)がけっこう振ってくらさる。
                  「この突き出し何やろう―?」
                  「ビールがないと話が進まんねー」
                  「僕は仕事〇〇をしゆうけど君は?」

                  正直、助かる。
                  どれくらい助かるかというと、
                  寝てる間に仕事をやってくれる靴屋の妖精くらい助かる(大助かり)。

                  で、話をしている。
                  1対1というよりは、2人とか3人とかずつでお話をする感じ。
                  1:1で話してもいいんですけれど。

                  そうそう男は10人から11人くらい。
                  女性は8〜9人くらい。

                  必然的に男ちょっと余り気味。

                  あとは今回だけかいつもかわかりませんが年代やや高めなのか?
                  上にあるように40歳までの方限定ですが、たぶん30代後半くらいの方が多い雰囲気。
                  まあ女性の年齢はよくわかりませんが。
                  若そうな方もちらほら。

                  そういうのを当てる目はさっぱりなんですが。

                  あ、あとそこそこお友達と一緒に来られる方がいらっしゃるようす。
                  女性だけでなく男の方も。
                  「私たち近所で―」とか「前回の飲み会で仲良くなって―」みたいな。


                  お向かいにいらっさる女性にサラダを大皿から取ってもらい恐悦至極するムシマル。
                  こういうところで何らかのチェックを女性陣からされているのでしょうか。

                  朗らかな方が多いというか、
                  結婚よりも楽しく飲む方を意識されているような感じでした。

                  他の方にはどうだかわかりませんが。


                  そういえば男性陣。
                  上着を脱ぐとバカボンのパパTシャツファッションという猛者や、
                  なんかハーフくらいに彫りの深いイケメンな方もいらっさる。
                  男性も全員見たわけではありませんがムシマルより年上ばかりか?

                  10分ぐらい後、
                  ACネットさんから「男性の人はひとつ右隣に席移動をおねがいします」とアナウンス。

                  このために男性を内側に配備したのか。

                  移動。といっても隣の席なので、また同じ人と話すことも可能でした。

                  ちなみに料理は
                   〇突き出し → (隣の人が聞いたところによると)カツオのマヨネーズあえ
                   〇豆腐入りサラダの大皿
                   〇枝豆やらフライドポテトやら豚バラになんこつ入りの大皿。
                   〇キムチ鍋
                   〇お刺身盛り
                   〇キムチ鍋の残りに卵とご飯を入れて雑炊に。

                   七草粥の日にキムチ雑炊とはこれいかに。


                   あれ、料理7品のはずが6品しか記憶にないなー。


                  だいたい多かった会話としては、

                  「お仕事はどんなことをされているんですかー」
                  高知市の某所で事務職をしています。
                  (某所はもう少し詳しく答えていました)

                  「お家はどこですかー?」
                  N国市です。
                  ここをイニシャルにする意味あんまりないことに最近気づきました。

                  「お酒は強いんですかー?」
                  強くはないけれど、好きでした(なぜか過去形)。
                  でもすぐ顔が赤くなってしまうんですよ。笑いながら沈んでいくタイプ。

                  会の間、弛緩というか酔ってニコニコしていたら
                  2人くらいの方に笑われる。

                  ムシマルの酔った姿はあれですよ、笑われの対象となるような感じですよ。


                  「明日は休みですかー?」
                  そうですね。ともろーいずほりでい。ばっとさむたいむわーきんぐ。

                  みたいなまあ無難な話が多いようです。
                  今日七草粥食べました?とか。

                  プロフカードもないし、年収とか映画とか趣味とかパーソナルなことがそんなにわからないからかなー。

                  食べ物の話や出身市の話とか。
                  休みの日は何されますかとかムシマルも適当にしゃべる。


                  気付くと隣の男性が、
                  「リポビタンデーサワー旨いでコレ―」と感動されている。

                  飲み放題のメニュー表を見ると、確かに 
                  「リポビタンデー」がソフトドリンクメニューにあり、
                  さらにその上サワー欄に
                  「リポビタンデーサワー」が。

                  「これはリポビタンデー飲んだことある人にはわかる。飲みやすい!」

                  店側からの回し者か?ってほどになかなかのプッシュでしたので、
                  ビール2杯目開けた後に、
                  リポデー一杯注文。

                  確かに美味しい。飲みやすいというかアルコールをほとんど感じない。

                  このあとの梅酒を挟んでのラストオーダーでもう一杯リポビタンデーを頼んだのはまた別のお話。


                  あと、お説教でないけれどアドバイスというか、
                  「若いんだから〜〜」と年上の方にいわれる。うう。



                  飲み会全体の感想としましては、

                  素面で2〜3分だけ話すよりコッチの方が良いかも。
                  ムシマルはこれまでの敗北記からわかるように口下手な方でして、
                  無から何かをうまいことトークすることが壊滅的。

                  何かがちょっとあれば少しはましな感じなので、
                  自己紹介カードもそうですが、
                  ごはんがあるともうちょっといい感じに
                  「これ好きですか?」とかなんか広げることできていい感じ。



                  10時すぎ
                  で、一次会終わり。

                  結局「第一次希望〇〇」とか「今回カップル成立〇組」とかないようで、
                  トークというか席交替が一巡したら終了。
                  なんだ、本当に普通の飲み会みたいな感じで終わるのか。

                  どうしようかと思っていると、

                  一次会の隣だった人がどうやら何人かを率いて2次会に行く様子。

                  隣だった縁か、誘われて一緒に2次会に行くことに。

                  男6人、女性5人な感じ。
                  これは・・・ムシマルが行かなかったらうまいこと5組のカップルが誕生したりしなかったりするのではないか?

                  まあいいか、ムシマルにも幸せを求める権利があるような気がする。

                  そんな感じで2次会へ。
                  続きを読む >>
                  author:ムシマル, category:婚活, 15:26
                  comments(0), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    EXIO バス発婚活ツアー 後編

                    さて、予定より遅くなりましたが、
                    エクシオツアーの後編。

                    何で遅れたのかというと、

                    クライマックスに近づくにつれ、
                    敗北を思い出しては
                    涙がぽとぽとと落ち、
                    前は見えず機械はショートし
                    なかなか書き終わりませんでした。

                    さらに首相は変わり台風は大きな被害をもたらし、
                    人々は目先の利益に飛びつき争いの種は消える気配がない。



                    では、世界情勢に憂いつつ、本題へ。


                    18時半、これから五台山へ夜景観にバスが行くところからでした。

                    そうそう、バスはここから自由席に。
                    といいつつ、女性は窓側男性は通路側であることが求められる。

                    がんばって空いている席に行く。
                    女性の隣。

                    今回は寂しくないぞ。
                    その方と、周りの会話がすごいなーという話をする。

                    周りでは男性がセロの魔術8割わかるぜーとか、キャラバンバンの裏事情わかるぜーとか、
                    話術がなかなか興味深い。

                    できるならずっと聞いていたいくらい。


                    ムシマルはなー。まきのん(牧野富太郎)が自称「草木の精」って言っているとか
                    五台山のお馬と純信に、もう一人お坊さんが恋愛に絡んでいたとか、
                    そんな微妙なネタしかない気がします。

                    まあ、「配られたカードで勝負するしかない」って
                    スヌーピーさんも言ってらっしゃるし、
                    いいか。


                    とろーり。
                    山を登るところで、
                    急に進みが遅くなる。

                    見ると、異様に渋滞している
                    全然進まない。

                    この混みはなんだろうと思っていると、
                    夜の植物園だと誰かが言う。

                    おー、この日(すでに看破された方もいますが8月28日です。)
                    は普段5時閉園の牧野植物園が、
                    21時までやって別の顔を見せるという
                    人気のイベントをしていたのだった。

                    夜行性とかの動物と違って植物の夜ってそんな変わらんのでは?
                    と思うが意外とそんな大人しそうな方が夜に化けるのかも。
                    (適当に言ってみる)


                    エクシオはリサーチ不足?
                    わざわざ予定変えて渋滞に飛び込んじゃった。
                    植物園も見ないのに。


                    そんな感じで山の入り口から展望所のあるところまで30分近く掛かる。
                    みんなイライラというと言いすぎですが、
                    何やってんだエクシオみたいな総意に。


                    再びバス降り30分散策ですーとえくしおん(エクシオのナビゲーターさんの略)。


                    110828_194055.jpg
                    「パ・ノ・ラ・マ」を通って展望へ上がる。

                    夜景。うむ、ずれたりボケている。カメラモードを切り替えないからだ。
                    110828_194157.jpg 110828_194614.jpg

                    百万ドルかといわれれば
                    そこそこ足りない感じ。
                    ハウマッチなんでしょうねー?


                    でも遠くまで見える。
                    ここから薊野の青山とかイオンらしきものまで見え、
                    多分土佐道路くらいまでがんばればいけそう。

                    このときは既になんだか結構二人組ができあがっている気がする。
                    なかには「パ・ノ・ラ・マ」でお茶するカップルも。


                    ムシマルはなんだか一人になってしまい、プラプラとする。
                    割り込むというか、二人でいるところにおっとり刀でかけつけて良いのか?
                    と思うととてもとても。


                    仕方ないので展望台の周りをうろうろしてみたり、浜口雄幸像まで行ってみたりする。
                    今思うとコイン払って、望遠鏡見ておいた方が良かったかなー。

                    戻る。

                    その場で最後のお話。
                    前回3分なのが2分になっている、登りに時間かかったせいか?

                    いいところで記事の続きへ引く。

                    続きを読む >>
                    author:ムシマル, category:婚活, 17:32
                    comments(1), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      EXIO婚活 高知県発!!〜夜景鑑賞恋バスツアー20vs20〜 前編


                      婚活の話をまたしようと思うんですが、どうでしょうか?

                      職場の方に少しずつこのブログの存在を知られてきた今、
                      はたしていいのかこんなに赤裸々で?
                      という思いもありますが、

                      セキララよりもケセラ・セラ。
                      まあなんとなく気にしないことにしてやっていこうと思います。


                      まずは貰ったスケジュール開帳。

                      ●ホテルサンアトラス前にて集合・受付
                      ●16:15〜 ≪前半≫車中にて1vs1着席会話実施(約2分間)
                      ☆『はじめまして』と自己紹介を☆
                      ●17:00〜 出発
                      ●17:45〜 『正連寺』散策
                      ●18:15〜 出発
                      ●19:00〜 『龍河洞スカイライン』散策
                      ●19:30〜 集合
                      ≪後半≫車中にて1対1着席会話実施(約1分間)
                      ☆『お疲れ様でした!!』と最後のアプローチタイム☆
                      ●21:00〜 高知駅にて解散
                      ☆到着前に、最終投票カード記入後、カップル発表!!

                      という感じでした。


                      出かける。サンアトラスホテルに(つづく)

                      続きを読む >>
                      author:ムシマル, category:婚活, 22:15
                      comments(3), trackbacks(0), pookmark
                      0