RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    南国市のおすすめスポット9(ムシマル主観編)
    さあ、我らN国市民が暮らすN国市に、

    どんなスポットがあるかということをですね、
    ムシマルが適当に言ってみようということです。
    割と勝手なこといっていますがお許しを。

    もしムシマルAが南国市のことを何も知らない初心な人で
    ムシマルBがご案内や推薦をしないといけないとすれば、
    どこを言うか、みたいな視点で。




    「道の駅南国」の風良里

    モーニングバイキングが、お腹いっぱいになるよ。
    「ナスたたき」のようなちょっとした郷土料理なんかもあるので、おすすめできる。

    あとパンフレットなんかがいっぱいあるのでここで情報収集して次に行くのがいいのではないか。
    たこ焼きに地産地消の野菜など地場ものもある。
    からくり時計があるよ。
    何でからくり時計があるのか知っている方は南国市民でもあんまり多くない気がします。
    細川半蔵さんの地元じゃき。

    かいだ屋

    南国市でいちばん有名なお店ではないかしら。
    少なくとも南国市グルメの食べログコメント数はトップだったような。
    ムシマルはまだブロガーになる以前に行ったことありますが、うなぎがカリカリふわふわだった記憶はおぼろにあります。

    だいぶウナギが希少になってお値段が2013年くらいから上がっちゃったのでなかなか行きにくいですね。
    だいぶ待つみたいですし。
    セスナが目印。セェスナー、トゥナァイツーセェスナー、トォゥナァイー。

    南国市歴史民俗史料館

     愛称「れきみん」。
     長宗我部元親アニキの史料がいっぱいあって、元親といえばここみたいな。
     なんといってもここの山自体が長宗我部の城跡がある山。
     龍馬の史料もまーまーあるよ。
     
     最近は元親フェスやらグルメイベントの会場になるなど、なかなか攻めていらっしゃる気がします。
     
    掩体壕

     軍事マニアみたいな方でしたれば、ちょっと興奮されるのでしょうか。
     簡単に「戦闘機用の防空壕」って言う認識なんですが合ってますでしょうか?
     ムシマル、ちゃんと見たことなくて「あれっぽい」と通りかかりにそれらしいものを目撃しただけ。
     戦闘機隠す目的のものだった(はず)ので、目立たせるものではないのは当然なんですが、田んぼとか道端にひょいってあるのです。
     高知空港といいかいだ屋セスナ機といい、空にまつわるもの多いねこの辺り。

    ごめん駅・ありがとう駅

    やなせたかしさんがいろいろしてくれた駅。
    どうなんでしょうね、
    面白駅名ということで「幸福駅」(北海道でしたっけ?)みたいな感じで観光地化できるポテンシャルがあるのでしょうか。

    なんかのキャッチコピーで
    路線が「ごめん駅〜いの駅」間というのを利用して、
    「ごめん、ごめん。いーの、いーの」としていたのはよかったですね。

    今はやなせたかしさんの石碑なんかがあります。ごめん生姜地蔵もあります。

    近くの商店街にはアンパンマンキャラの石像があるのですが、うむむ。
    ガンダムとか鉄人28号くらいでかくないとお客さん呼べないのかしら。

    (※石像ってぶっちゃけいろんな所にあるのです。はりまや橋近くとか、高知駅近くとか。
     アンパンマンミュージアムにはいわずもがな)

    石ってすごーく長持ちする情報メディアなんですが、
    (紙やDVDなんかと比べ物にならないくらいの歳月もつ)
    アンパンマンは石像でなくても良いんではないかと思いますね。

    高知駅前においてある三志士像は、発泡スチロースかなんか製らしいです。
    なんだかんだ言われながら、けっこう役に立っているというか駅の新しいランドマークな感じにもなっています。
    移動も簡単だし。

    アンパンマン像も、でっかくするとか材料を変えてみるとか、いろいろやってみるのはいかがかなーと勝手に思うことでした。

    ごめんシャモ鍋

     売り出し中のご当地グルメ。
     いろんなところのグランプリを取ったとか取ってないとか。
     「龍馬さん、ごめん。旨くて、ごめん」みたいなのがキャッチコピー。
     軍鶏鍋を龍馬さんがつつこうとしていた晩に暗殺されたことはそこそこ有名ですが、
    食べられなかった無念を勝手に変わりに晴らすぜ。

     市内の、10店舗以上はシャモ鍋かシャモメニューがあるそうな。
     『養老の滝』『かまど家』とほか3軒くらい行ったことある気がします。

     須崎の鍋焼きラーメンと一緒で、しょうゆっぽい甘辛い味。
     高知県民はそういうお味がすきなのかも。

     ちょっとあれですよね、ご当地グルメってスタンプラリーや食べ比べみたいなことをするのが楽しさの一つなんですが、鍋だとなかなか制覇できないというネックを抱えているような。

     香川うどん食べ旅とか、一泊二日で6食とかもザラですよね。
     1店でたっぷりでなく、ちょっとずついろいろを楽しめれば。

     そういうの用に、シャモ親子丼とかシャモ鍋焼きらーめんとか色々メニュー増やし中らしい。
     
    デミタス

     良い感じの喫茶店・・・レストランでしたっけ?カフェ?
     駐車場はわずか1台ですが、
     ハーブチキンにカレーにオムライスとそそるメニューたくさん。
     南国市名物ってのにこだわらずシャレたものを食べさせたいのならば、ここどうでしょうか。
     おすすめ。


    フウとミイ

     エクレアとシュークリームは高知一濃厚だと思っています。

     ほかの甘いものでは、サンシャインカルディア内の龍馬型人形焼とか、
     へんろいし饅頭とかがめずらしかったり有名だったりでしょうか。


    西島園芸団地

     南国市の観光地になっているような気がします。観光バスも来ていたような。
     ブーゲンピレアが有名なのと、フルーツや果汁ソフトなどのあわせ技スイーツがおいしいとかってモノのネットにはあります。
     バイキングをイベントでやっていて一回参加したことがあります。
     モーニングとかもやっていたやらやってないやら。
     あ、トマトカレーは高知県内B級グルメグランプリ優勝か準優勝をしていました。
     



    おしいもの
    才谷龍馬公園

    龍馬さんの先祖「才谷」家が暮らしていた地域が南国市にあって、
    そこに梅の花が咲く公園がある、らしい。
    龍馬さんは「才谷梅太郎」って偽名をつかわれることがあって、
    そのイメージっぽく梅を植えられたのだとか。
    行ったことないんですが、普通の公園?
    よっぽどの龍馬フリークなら案内もよいかも。


    紀貫之住居跡

     『日本書紀』にも関わられた紀貫之氏が国司として南国市に住まれていた。
     その址が今もあるのですが、正直パンチは弱いかも。
     印象ですが、紀貫之ファンってあまり多くなさそう。龍馬さんゆかりの地を訪ねる人はたくさんいても貫之さん追っかけは・・・。
     市では『貫之時代祭り』とかけっこう頑張っておられるのですが。

    ゆず庵

     珍しい料理、変わった料理が食べられる。『カツオのたたきパフェ』みたいなものあり。
     テレビにもかなり露出されていて、違う意味で南国市でいちばん有名なお店。
     ムシマル的には、これ面白いだろう、みたいな押し出しを感じて苦手。





    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。







    author:ムシマル, category:ランキング, 22:31
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      桂浜から割と近い!うどん屋「ささ家」
      昔のはなしですが、「ほっとこうち」2014年8月号はうどん特集でした。

      ボリュームあってよいところだよということが書いてあったようである。
      行ってみる。

      2014年夏にいったのです。


      桂浜より車で5分くらい?

      サンゴセンターがすぐ隣にあるので、
      観光立地的にも良い気がします。

      前はコンビニだったのか?みたいな四角い箱物な建物。

      おいしくいただきたいぜーと入店。


      入り口すぐ近くに、
      「そふどん」とある。
      「つるっとしたおうどんにソフトクリームのせてみました!」とある。
      甘栗むいちゃいました、に匹敵する勢いである。

      うーむ、ちょっと興味ある。
      でも香川でもうどん入り醤油出汁付きソフトクリームを購入したことがある。
      そういう系統かなと思って今回はパス。
      ただ、珍味好きムシマルのこころには、どこか引っかかるように残っていた。

      セルフではなく、店員さんに注文して持ってきてもらうタイプの一般店。




      食べ終えた食器は返却口に返すくらいのことをしなければいけないが。

      五目うどん、すじ煮込みうどんが単品で一番高い気がするそれでも680円。




      珍しい感じのものは、ないかな?とメニューをぱらぱら。

      お、「ざるすだち」400円。
      タレというかつゆが2種あるんだって。


      大盛りは100円増し。


      ざるすだち大盛りを注文。500円

      ジャンプサンデーマガジンが置いてある。
      5週前のジャンプを読む。
      まだ『ハンター×ハンター』連載している頃だ。


      来た。


      お、おおう?
      映っていますでしょうか、表現できていますでしょうか。
      麺が、細い。

      素麺界では太いことで有名なやつは、半田素麺でしたっけ。
      それよりも細い気がする。


      ゴマダレをつける。


      ん、酸味。まったりとした後で酸味が来る。

      こちらは黒い、いわゆるざるうどん的つゆ。

      スダチはこっちに絞るみたい。
      「ざるすだち」って名前から判断すると、
      メインはこっちで、ゴマダレはあくまで変化球というかサブなんでしょうか。


      ちゅるうっるー。
      あー吸い込まれるように入るね、
      細くしていただいて、吸収もしやすい。

      意外とぺろり。


      お寿司や天ぷらのオプションすればまた満足度も違うかもしれませんが、
      もっと食べてもいいなと思えるくらいぺろり。


      「ざるすだち」にだけ細麺ってかいてあるので、ほかの麺はもっと太いのでしょうかね?
      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。



      未確認です、気になります。
      author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 21:21
      comments(0), trackbacks(0), pookmark
      0
        三日月キッチン のオムライス
        本日12/14はムシマルバースデー。

        お気に入りの記事を出すよ。


        三日月が出ている。

        お昼だけれど、月が出ていた。

        (※三日月キッチンのお店が無事に営業中でしたというような意味で使いました)

        ここでオムライスをいただく。
        以前に一回来たことがあります。(リンクあり)
        その時はムシマルには珍しくパスタを食べたのでした。

        で、お出迎えしてくださったのがきれいな店員さん。
        びゅーちほー。
        さすがじょしりょくたかいみせだとてれび(「サタ★マガ」)にしょうかいされるだけあるぜ。


        席に案内される。
        はしっこにちょこん。

        あ、でも最初は若者カッポゥだけいましたが、
        あとからサラリマン3人組、サラリマン2人組、お年をめされた夫婦と、

        男性率高め。


        よかった気楽。
        若い女性ばっかりのなかでも男一匹注文することはできるんですが、
        でも全然平気なわけではないんだこのムシマルは。

        だから、意外とバラエティに富む客層だったのはムシマル的に〇。
        平日正午ごろだっていうのもあるのかもしれないね。

        同日でも14時くらいの昼下がりになると女性ばかりになっちゃうんじゃないの?と邪推してみたりなんかしちゃったりした。

        メニューをぱらぱら。
        おねいさん店員が、
        今日のパスタが何とかですとせっかく説明してくださっているのを
        あれするのは心苦しかったが、あれした。

        この場合のあれは、参考にしないという意味であれを使いました。
        僕には心に決めたタマゴがあるから。

        オムライスセットを注文。1,070円。



        セットですと、サラダとスープがつく仕様。


        それでは記事の続きでまた会いましょうまた逢いましょう。
        続きを読む >>
        author:ムシマル, category:オムライス, 04:47
        comments(0), trackbacks(0), pookmark
        0
          お遍路さんおいでよ!土佐市のうどん屋「清瀧」
          土佐市高岡のお遍路寺『清瀧寺』、
          それを擁す清滝山の麓っていう言い方が良いんでしょうか、
          山登り口ちょっと手前のまー入り口ですかね。

          そこにあるおうどん屋さんが『清瀧』
          「おもてなしステーション」って貼られているように、きっとお遍路さんの癒し休息スポット。




          場所がけっこう独特で、
          高速道路のカーブ内側にあるような立地のために、
          視界200度くらいに高速道路の高架が見え、
          なんとなく囲われているかのような気分になるのはムシマルだけでしょうか。

          お店前には雑貨屋お土産処?
          そんなものもある感じ。



          入るといきなりアウェーの洗礼。

          アウェーの洗礼の用法を間違ってみました。

          すごくキレイな洗面手洗い水場。
          ボタンを押すとちょろちょろと水が流れて、
          天然清水?とおもってしまう。

          実際はどうなのかわかっておりません。

          でも気分は清浄。


          で、えーと、セルフ店。

          なのでお盆を持って進む。

          うう。

          お客さんがたくさんいれば考え時間もあるのですが、
          14時過ぎで、峠は疾うに越し、お客さんはちらほら。

          そのままお店の人に「なににいたしましょう!」と元気に尋ねられる。

          お店の壁の上にメニューがかかっている。
          ムシマルは何気なくかきあげを取ったところ。

          ムシマルはまだ自分の心とも対話しないまま来ちゃって。

          お腹は普通。やや内臓量あります。
          うん、ええと、シンプルなものがいいかな。

          「しょ、しょうゆうどんを。」
          (あ、小・大・特大か小・中・大か忘れてしまったが大きさ3種類ある。じゃあ・・・)
          「真ん中のサイズを」

          「温かいのと冷たいのどちらにしますか」
          温かいのと冷たいの!?考えていなかった。
          再びこころに。
          (えーちょっと肌寒いというか、クーラー効いている感じだし、温かいので)
          「あったかいので」

          ふう。
          シンプルメニューだからか、
          すぐおうどん提供される。

          「450円です。」

          安い。
          うどん350円にかきあげ100円。

          キャッシュぺい!

          天かすにねぎ、生姜などは入れられるよ。


          席に着く。
          イスが、切り株みたいなやつ。



          畳の座敷もありました。
          テレビもあります。

          うどんスタイル。

          シンプル。

          さっそく。
          テーブルの醤油かけー。ひとまわし。

          ずぞぞぞ。


          シンプルさは人間の思考を奪う。

          こいつはたった一つのシンプルな旨さ。
          屋号に「さぬきうどん」と書いてあるからこだわりあるのか、
          麺が立派な感じ。

          普通麺かやや太麺な生地は弾力を感じます。

          しばらく無言無思索無秩序で麺をすする。

          かき揚げをぶっこみちょっと混ぜてグショッとする。

          ああ、OSR(オシャレ)ポイントはこのせいで下落。

          かきあげ、タマネギの風味がしっかり来る。
          がじがじからのつるつる。

          またがんがん行く。麺の量はけっこう多いのだ。


          醤油と麺だけで、十分な仕事。




          内村航平のようにしっかりとしながら伸びのある麺。
          たとえられて体操選手もビックリしているかもしれない。


          高知県 ブログランキングへ これは、再調査が必要になりそうですね。
          2014年9月来訪。
          清瀧
          昼総合点★★★★ 4.1

          関連ランキング:うどん | 土佐市その他

          author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 11:33
          comments(2), trackbacks(0), pookmark
          0
            珈琲蔵人珈蔵 南国店 チキン南蛮
            数年前に南国市にできた
            珈琲蔵人珈蔵南国へ。

            ネットで見ると、
            県外にもお店がたくさんあるチェーン店のような感じ。

            高知県には南国市のゲオとマルナカの間にあるここ1店だけで、高知市内にもないようす。
             

            はじめて行きますね。
            手作りパンケーキのフラフがたくさんお出迎え。
            パンケーキブームですからねぇ、訪問した2014年8月は。

            12時前に行ったのに、
            お店はいっぱい。
            「今テーブルを片付けますので少々お待ちください」との回答。

            待つ間にコーヒー機を見る。なんか列車の機関みたいだ。


            案内いただく。
            カウンター。目の前にコーヒー豆がたくさん。




            記事の続きで、何を頼むか。
            チキン南蛮を頼みます。
            続きを読む >>
            author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 22:37
            comments(0), trackbacks(0), pookmark
            0
              昴 屋台ラーメン ゆず塩ラーメン 700円

              追手筋の屋台たくさん中のラーメン屋さんに。


              マヨネーズラーメンで有名な屋台、『昴』

              そこにはマヨネーズラーメンを差し置いてメニューの一番上に来るメニューがある。

              「ゆず塩ラーメン」700円がそれだ。


              頼む、ちょっとして来る。

              あらさっぱりそう。

              器を満たす麺に、

              ちょっと透明感のある茶色。


              その上にグリーン、ネギ。


              すんすん。

              あラーメン臭に隠れて、いや隠してないのかもしれないけれど

              ユズの酸味ある薫り。


              こ、これは・・・・・・・。

              ずるずずずっ。



              酸味がイイッ!

              すっぱさというか、しょっぱさというかが

              スゴく、なんというか、


              ムシマルが…お酒を呑んでほろ酔いのころ…昴の「ゆず塩ラーメン」って
              ありますよね…あのラーメン…啜ったときですね。

              あの舌から鼻からくすぐる「香り」とスルスルっといける「麺」…あれ……初めて食べた時…
              なんていうか……その…下品なんですが…フフ…………
              昂奮……しちゃいましてね…………
              「汁」の最後まで飲干してしばらく……嘆息していました。
              あなたのも……飲み干したい…。





              高知県 ブログランキングへ
               

              ジョジョネタで〆。お好きな同志はクリックしていただけると嬉しいです。
              author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 13:26
              comments(0), trackbacks(0), pookmark
              0
                村の集会所 磨け!トーク術。大将の営業テクニック
                 
                行きたいお酒呑みやさんに挙げたことがあるお店、
                『村の集会所』に。

                変な名前と思われた方、
                あと、ホットペッパーで見たことあると思われた方、
                TVショーで見たことあるという方、
                三者三様ではないだろうか。

                ホントはもっと十人十色なんでしょうけれど、
                まあカテゴライズしすぎもよくないですよね。

                いろいろやっているとカテゴリ付けすることのほうに夢中になってしまうというか。


                ほかの一億人のことはいいんだ!

                ムシマルは?
                ムシマルにとって「村の集会所」とは?

                ムシマルにとってはテレビ番組「サタ☆マガ」で観て行きたくなったお店。
                2013年の冬くらいにやっておりました。
                それを見て鍋だの名誉村民だの村長だのなんだか楽しそうな感じでした。

                それは楽しそうだなーとはそのときは思ったんですが、
                何もできなくて、冬および春。

                本日思い切って行く。2014年の夏。


                平日17時半。
                振休なんです。
                振休なのにお仕事引継ぎっぽいことをして、終わって。



                のこのこと入店。
                お、お客さんおらず、平和なものだ。

                平和な店に侵入する謎のムシマル。

                馬鹿なことを書いているな、しかし、
                馬鹿なことを書くのは、私の専売特許だ。


                店内検分。
                お、カウンター長い。
                奥には個室もある。

                奥の上をよく見ると、

                『ワンピース』名場面ベスト10には入るであろう
                アラバスタ編別れ&仲間の証明シーン。


                それが神棚があってもおかしくない奥の一番上の棚に。
                前職場同僚Wくんがこれを見たら、話が弾むのではないか。春のように。



                カウンタに座る。
                とりあえずビール。


                お通しが冷奴と思いきや。

                通常お豆腐ではなく、お豆さん。
                ずんだ豆腐って言うの?ちょっとさわやか。

                ほほう、仕事していますね。

                大将と1対1。
                英語で言うと1オン1。
                ここからどんな話をするのか、ムシマル。


                これからメニューを見たり見たメニューを注文したりするよ。
                お楽しみに。

                記事の続きに。
                続きを読む >>
                author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 21:42
                comments(0), trackbacks(0), pookmark
                0
                  貞屋 高知市桜井町 陶板焼き店(晩酌セットアリ)
                  今夜は
                  「貞屋」さんという、
                  高知市から少し東へ、ついでに電車どおりを一本北へ行ったところにある店へ。


                  そこへはたまたま通りかかる。
                  「陶板焼き」のお店・・・?
                  DVC00534.jpg

                  ほう、ムシマル知らず、こんなところになんかいい感じのお店。
                  いつもと違うルートで帰ってみるものだ。

                  ムシマルは一次会を終え、
                  電車に乗って帰ろうというところ。
                  ダイエット的に歩けるところまで行ってやろうかと徒歩とほ。
                  そこをとろとろ歩いていた先に見つけてしまったお店。


                  ふーむ、
                  確か最終電車までは小一時間ほどあるのだ。

                  ダイエット云々とは逆になるが、
                  正直、一次会だけで帰るのは少し寂しいと思い、
                  電車乗るまでにラーメンかなんかいただこうかな。と。

                  そこで巡りあい、陶板。
                  そういえば明日は土曜日ですが日直仕事、当番なんです。
                  ダジャレです。いまぼくは、だじゃれをいったんです。書いたんです。

                  入店。
                  常連さん、みたいな感じの数人がカウンターにいらっしゃる。


                  「あ、靴だけお脱ぎください」
                  そのときにはムシマルすでに靴で片足入ってしまって。
                  あわてて脱ぐ。

                  着席。

                  けっこう新しいのか?きれいめな気がする。白いからかも。


                  おすすめメニューを用意してもらう。
                   
                  はい、2014年7月の入店。

                  普通メニューもある。
                  リンクはこちらにありました。

                  あ!!


                  ◎貞セット1,500円

                  む、晩酌セット的なお得メニューか!!

                  記事の続きに。


                  続きを読む >>
                  author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 21:15
                  comments(0), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    豚太郎 その3(若松町)
                    豚太郎は、
                    さんさんテレビと高知ケーブルテレビすぐ目の前にもあり。
                    若松。おそまつととどまつのあいだの子だ。嘘。

                    DVC00459.jpg

                    入店時、戸を閉めようとしても、固くてきれいに閉められませんでした。

                    でも店員さん閉めたらあっという間にピシャリ。
                    力の入れ具合とか角度とかあるのかしら。

                    カウンターに座る。
                    マガジンやジャンプがおいてある。

                    あ、おでん。

                    それからカツ丼なんかもあるぞ。

                    「なににしましょうか?」
                    あ、待ってくれている、
                    えーとえーと、
                    「味噌カツラーメンを」
                    780円か750円。

                    みそトンカツラーメンみたいなものも別にあった気がする。950円くらいで。
                    何が違うんだろうなーと考える。


                    じきに来た。
                    DVC00455.jpg

                    おうほう、こういう感じか。

                    一口(よりはちょっとでかい)カツ×3が入っている。

                    ひょっとするといわゆるトンカツが入っているのは950円の方なのかしらと推測が立つ。


                    今は目の前のラーメン。
                    ずるるる。
                    DVC00457.jpg

                    ふー、
                    なんか甘い。

                    みそラーメンのみその中でも、かなり甘い味噌を使っているのではという疑い。

                    甘く仕上げられたお汁にカツが。
                    DVC00456.jpg

                    カツが優しくなった。


                    完食。
                    DVC00458.jpg



                    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                    クリックするとムシマルが喜びます。

                    author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 10:11
                    comments(0), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      高知大学合気道部OB親睦会2014 からの『赤たぬき』+サソリ酒 
                      11月最後の土曜日、
                      「OB親睦会」という、
                      大学時代に合気道をしていて、
                      いまはOBになって社会人かなんかしている人たちが、

                      しばらく振りに現役生と一緒にみんなで仲良く稽古するという合気道部イベントに参加。
                      年一回。


                      朝倉キャンパス内の武道場に行く。
                      (キャンパスかー、独特の雰囲気なんだよなあ)



                      現役生が通わせていただいている社会人道場からも数名参加していただき、
                      全部で20数名が集まったとか集まってないとか。


                      稽古の模様写真は撮っていませんが、

                      簡単にいうと
                      「明日筋肉痛だろうな」・・・明後日かも。という感想。

                      久しぶりにみっちりがっつりやりましたよ。
                      わからない方は読み飛ばしていただいてけっこうですが、

                      四方投げ、すみ落とし、三教、入り身投げ、小手返し、エトセトラetc。
                      1時間半近く稽古

                      小休止して演武
                      取り(投げる方)役1回で参加しました。

                      まあでも、疲れたなんて言ってられないよ。

                      取り役1回、受け役3回した男もいるのだ。漢もいるのだ。侠もいるのだ。

                      ※一回で2〜3分投げられ通し、足腰と腹筋が大変、
                       ムシマルは1回で炎上するのではないか。




                      ムシマルが袴を穿いて大学生を投げ飛ばすところ(演武)もお見せしたかったんですが、
                      諸般の事情でカット





                      ただ、懐かしいねえ。

                      技、かからーん。
                      のでアドバイスを受けたりしたり。

                      「丹田」「重心」「上半身だけで技かけようとしている」みたいな懐かしいメロディ。
                      メロディじゃないことに目を瞑れば、十分な懐かしさをもったそれが飛びかっていました。

                      合気道していないと、こういう機会めったにないですね。



                      自分が一回生のときの四回生の方とか、
                      逆に六つも七つも後輩の方とかとお話しすることも、またあはれなり。

                      あの頃のことがゆっくりとよみがえる。
                      若い人や懐かしい人と合気道することは、
                      内面に満ちていたはずの新鮮な力がまったくなくなったムシマルに、それでも潤いを与えてくれる。

                      で、悩みとしては新入部員不足
                      現状、現役部員でこの日の部員参加は4人。
                      片手に余って、ちょっとさびしい。

                      特にここ1年は、
                      大学内武道場の建替えのために稽古する場所が限られたところしかなくて難儀。

                      新入部員を勧誘するにもホームがないとね。
                      あと残って稽古とかもしにくいし。


                      師範や指導者も、心配されている。
                      後継者問題に悩むのは山間部の農業林業も大学合気道部も同じで、高知県の課題だなあとしみじみ。


                      誰かムシマルブログを見た若者で、
                      高知大学朝倉キャンパスおよび農学部入られる方、入部してみない?
                      後継者的には一回生が一番うれしいですが、どんな学年でもOK。


                      特典として、稽古して試験受けて段位(段じゃない人もいる)取得したら袴が穿けるよ(袴は自腹購入)。

                      あとムシマルブログを見て入りましたって言われた方には、
                      一回ぐらい奢る奢る。



                      今年の幹部が四十七代目らしいので、
                      ぜひぜひ次代を担ってほしい。

                      そういう思いを胸に、
                      一回家に帰る。

                      途中、ドライアイス購入。
                      飼っていたウサギが亡くなってしまったため。保冷剤。
                      老衰?なのか。
                      たしかにご飯量最近減ったなーと思ったんだけど、そうかー、
                      ありがとう。


                      飲み会へ。
                      当初予定会場を変更して『赤たぬき』



                      2Fの個室。
                      18時半から21時半の3時間呑み放題、ロングラン。
                      いつものようにクジを引いて席決め、
                      「7」番をゲットして、着席。

                      あー端っこだ、指導者や師範のお席には遠い。
                      あとで付きに行こう。


                      18時半。

                      幹事挨拶
                      ビール注ぎ
                      主将一言
                      師範挨拶
                      主将乾杯
                      みたいな流れで宴始まる。


                      お料理はお刺身、


                      記事の続きに。

                      続きを読む >>
                      author:ムシマル, category:合気道(部)関係, 17:12
                      comments(2), trackbacks(0), pookmark
                      0