RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    北海道旅行2013“行機で高知を飛び出す
    旅行編は新シリーズ突入! 

    「朝6時半集合、7:35便で出発」。
    この言葉を見て、6時半集合だから6:30前に行くか、
    7:35に出るからそれに間に合うように6:30~7:35の間に着くようにするかは、

    旅慣れているか慣れていないか、
    安全策派か実際派か、
    コップの水がもう半分かまだ半分か
    あるいは早起き派かお寝坊派か、
    そんな感じでいろいろあって
    なんか言おうとしましたが
    まあその程度の差でひとを振り分けるなんてできないよね。

    だいたいムシマルの提議は何が言いたくなるのかわからなくなって打ち消える。

    DVC00470.jpg
    ムシマル、朝日を浴びた吉田茂像を横目に入港。

    時刻は6:23とかそこら。
    有料駐輪場に停めようとすると、
    駐車場の人に、
    原付ならここらへんに停めればOKですよ、と言われ
    そこらへんに停める。

    DVC00469.jpg

    いえ―、駐輪代浮いたぜ。
    入り口を見ると、ハアッ!

    まだ開いていない!(旅の高揚感でちょっとテンションが変)
    見遣ると、6:35からの開港ですと入り口の取っ手ボードに書かれている。

    そうなんだー。
    ムシマルの出る飛行機が7:35、多分始発だからその1時間前に
    開くってことなのでしょうか?

    ともあれ、本日の目的地は北海道
    その第1夜です。

    2泊3日です。

    さて、それではANAAANAの旅、始まるよー。


    今回は職場の旅行。
    出張でも慰労旅行でもなく、
    応援旅行。

    っていうなんだかとても気楽な感じ。
    必須のことちょっぴりで自由時間たくさん。
    果たしてムシマルはそこで何を見、何を応援したのか?

    記事の続きに続く。
    飛行機は今も慣れない。

    バッグのサイズはどこまでなら持ち込みOKなのかいまだにわからないし、
    物品チェックのときベルトはどうなのか、ズボンの金具は?とかいろいろわからない。
    あと乗継方法もあんましわかっていない。

    スチュワーデスってなんでキャビンアテンダントって言葉に変わったんでしょうかね?
    「デス」って言葉が入っているのが縁起が悪いからなんでしょうか?
    とかいろいろ。

    DVC00471.jpg

    受付もバーコードとかピンクの券とかよくわからんです。
    職場に乗航証明するときは、どれだっけかとわかんなくなることたまにあり。

    羽田はもう、動く歩道、歩く歩道の時点でよくわからない。

    ただ、飛行機は、美しい。
    推理などの作家・森博嗣がいつも誉めているんですよね、飛行機。
    飛行機だけは完成品じゃない状態で試せない、みたいなことを。

    例えばクルマなんかは外装ボディがついていなくても、
    言っちゃえばエンジンがシャーシに乗ってタイヤと連携し起動装置があれば
    とりあえずは走ることができる。

    でも飛行機は空力的なフォルムも大事だから、
    翼から何から揃っていないと、着陸はおろか離陸することもできない。
    そう考えると、飛行機ってすごいぜ。


    そんなこんなで飛行機。
    ドアが閉まるまでは電気機器OKなんでしたっけ。
     

    テイク、オフ!

    そして1時間ちょっと後、無事に到着。


    羽田空港乗継ぎ。

    ムシマルともう一人の者だけ、
    乗り継ぎのバーコード見せがうまくいかなかったことがあり、慌てる。

    「ほら、最近の検知装置は、人相を見ているんだよ」
    同行者にそんな風に言われてしまう。うう。
    後で聞くと、手荷物を預ける人たちはその時に乗り継ぎ手続きのようなことを一緒にしたらしく、

    預けなかったムシマル含め1名は羽田で手続きをしないといけないのでした。


    北海道便にはあと2時間くらいある。
    待ち時間にお弁当。
    旅行会社から支給される。

    その名もご当地グルメ弁当!


    広島のカキフライに、福岡の明太子焼き、大阪のたこ焼きに、埼玉の大学芋。

    埼玉の大学芋?そんな印象はあまりないですね。



    なかなかおいしそう。

    むしゃむしゃ。


    完食。

    さて、ごみを捨てようかってなって、
    「燃えるごみ」に捨てようとしたら

    「『お弁当』っていうごみ捨て箇所があるからそこに捨てるといいよ」
    と偉い人からアドバイスを受ける。

    ははは、そんなばかな、燃えるごみ、燃えないゴミ、瓶・缶・ペットボトルの分類がせいぜいでしょう。

    そんなわざわざ「弁当箱」なんてカテゴリのお弁当が・・・

    あった!(弱いヒキだと自覚はあります)


    そういう驚きを残して、次回に続く。
    author:ムシマル, category:高知県外, 10:08
    comments(4), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 10:08
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        大分シリーズが終わったと思えば、
        もう北海道シリーズ開幕!
        さすが!!
        今回も楽しみにしてますよぉ〜
        ふぉん, 2013/10/17 9:46 PM
        南から北へと、飛び回ってますなぁ(笑)
        北海道もグルメツアー?( ´艸`)
        超級マリオ, 2013/10/18 7:40 PM
         ふぉんさん、どうもです。
         北海道編も、ボリューム的には同じくらいのはずです。15話くらい。全然高知をウロウロしない月間です。
        ムシマル, 2013/10/20 10:14 PM
         超級マリオさん、どうもです。
         北海道もおもにグルメ。職場の団体旅行のようなものなので、少しだけテイストが違うかもです。
        ムシマル, 2013/10/20 10:17 PM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/919