RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    ムシマルどうでしょう  旅立ち(長編)
    「皆さんこんばんは。ムシマルの(主に)高知うろうろ記の時間です。
    今回は驚きの新企画。これまで高知一方だったわたくしがなんと徳島に行きます。
    それも、あの自転車で。
    それではどうぞ御覧ください」


    え〜今回の企画はムシマルさんに自転車に乗ってもらおう!という事で…
    目的地の方ももう決めております。

    いやーどこ行くんだい?室戸市には前に行ったし、僕の予想ではこんどぁ
    西に行くんじゃないかな。


    いやいやいやいやそれでは発表です。
    おーぉ!もういくのかい!?

    どーん。
    今回は、高知~徳島自転車の旅です。

    ええっ!徳島かい?自転車でここから徳島まで行くのかい?
    でも雨降ってますよ!

    じゃじゃじゃじゃじゃあ!雨が止んだら行くってのはどうだい!?



    ものすごーく某HTB番組を意識してみるオープニング。

    というわけで、本来ならもっと早くに出ていく予定でしたが、天気の回復待ちで
    出たのは9時半過ぎ。

    愛機オルディナ号に身を窶し、ムシちゃんの徳島ぶらり旅が始まるよ。
    何もかも間違っている。

    どん。
    9時52分。南国市到達。
    DVC00027.jpg
    ムシマルはN国市在住なんですが、
    香南市に行くには一回高知市をかすめてから、再び南国市に行く仕様。
    変な立地。

    オルディナ号(自転車の名前)にね、
    徳島の地を踏ませてやりたいんだよぼかぁ。


    10:12、あけぼの街道?なんか最近作られたそして今も作られている道を通って香美市へ。
    DVC00028.jpg
    徳島までは国道195号線を通って、四つ足峠を抜けて行く予定。
    何だもう香美市だ、徳島はこの市のお隣だぜ。
    四つ足峠も香美市にあるから、もうこの市を渡るくらいだぜ。
    っていう感じで。

    ムシマル達(ムシマルとオルディナ号)には楽勝ムードが漂っていた。


    10:30頃に土佐山田のスリーエフで爆弾おにぎり購入。
    朝ごはんが少なめだったのだ。
    DVC00029.jpg
    あとお茶(ヘルシア緑茶)とアメ玉を購入。

    ほかにはカバンに、冷やした野菜ジュースとタオルと上着が入っています。
    あと音楽を携帯しています。
    いまはmonobrightといきものがかりと加山雄三が流れています(同時には流れていない、順番)。


    きこきこ。
    あ、働いている、と思いきやそれは案山子で。
    DVC00031.jpg
    くっそう、事ここに至って、人か案山子かの区別がつきにくい街に来てしまった。


    そしてだんだん坂道も増えてきた。

    だんだん、人力でムシマルは徳島まで行けるだろうか、
    行けっこないって気がしてきた。

    「まず最初に言っておく、ムシマル。おまえはこれから『できるわけない』というセリフを……4回だけ言っていい」

    某奇妙7部もオマージュ。


    できるわけがないッ!思いつきでチャリで徳島になんか、行けるわけがないっ!

    「今言ったか?『できるわけがない』……と?」
    「ムシマル…あと3回だけ『できない』…と言っていいぜ。」



    ムシマルは何と会話しているんだ。


    11:00。スタートから90分後。
    DVC00032.jpg
    順調に近づきつつある。
    やなせたかし最接近領へと。
    見ろ、既にブリッジもアンパンマン仕様だ。

    どきん。
    DVC00033.jpg 

    同じく香北町。
    うわ、塗装店がロックだかパンク、時々メタル。
    DVC00034.jpg
    すごいな坂本塗装店。

    断定的に言っちゃうとこんな高齢者も多かろうのどかな町で、
    こんな反体制を歌ってそうなロックでチャレンジャーな被写体は、
    大丈夫なんでしょうか。

    まあいっか、この町はもう、俺がいなくても大丈夫(適当)。

    橋。
    DVC00035.jpg
    橋多いなー、吊り橋。

    全部渡ったら吊り橋効果も相乗作用が期待できて
    ドキドキではないのでしょうか。

    「はぁい、ちょっと僕と吊り橋わたらなぁい?」って言ったら効果ありそう。
    ・・・下心が透けて見えるなんてもんじゃないじゃない。

    いやいや、でもやだー押さないでよぉ押してないよ歩くと揺れるだけだよーとか
    やりとりをしたら微笑ましいか微笑ましくないか、どちらかだと思います。
    傍目から見ても、ムカつくかムカつかないか、どちらかか。



    ムシマルは橋フェチでも何でもないですが、
    山、森、川、視界開ける、また森のような山、山のような森。
    うん、気持ちいい。
    DVC00036.jpg
    なんか気分いいですね。
    領主になって見まわっている気分、・・・ではないか。


    さて、香北の町をちょっと越えたところから、
    坂道(ムシマル視点から見て上り)が続く。

    キコキコ。
    オルディナ号が火を吹く(吹かない)!


    トンネルも増えてきました。
    DVC00038.jpg
    ガチィシャ!ドゥフ!
    あーー!!

    ムシマル、トンネルの壁に肩をぶつける。
    愛機オルディナ号も、可哀そうに横倒しで転がっている。

    何が起きたんだ?

    ハッ、これか!
    歩道コースに、なんていうんでしょうか、
    排水用の溝があって、
    そこが歩道路面とちょっと段差がありまして、
    さらに今朝までの雨で濡れていた、と。

    そしてムシマル、暗いし車コワイしで歩道の真ん中を通っていたんです。
    ただ前述暗さのため、完璧にまっすぐ行くことができずちょっとジグザグに。

    そして段差に車輪引っかけ、スリップ。
    しかし傾きのせいでムシマルは放り出されずに
    トンネル壁面に身体預けるくらいで済んだわけです。


    あててて・・・。

    身体は動く。痛いけど、行くかー。

    記事の続きに続く。

    気を取り直して、ムシマルは走る。
    割とすぐ気を撮り直す。
    ぷんぷんしてもオロオロしても、事態は解決しないのだ。
    デウスエクスマキナはこの舞台には立っていない。


    昼下がり、疾駆する。
     DVC00039.jpg

    なんか変なものが見える。
    DVC00040.jpg
    文旦?
    クローズアイ。

    なんだろう?近寄ってもよくわからん。
    DVC00041.jpg
    なんらかの柑橘なのはわかる。
    山北みかん?

    まぁこの世にはムシマルごときにはわからんことがたくさんあるんだよな、ホレイショー。


    大体だ。いきなり徳島ですよおとか言って、僕を驚かして喜んでるみたいだども、
    君たちも行くんだぞ。あのなーんにもない四つ足峠にだ。


    ときどき水曜どうでしょうネタを挟んでいます。
    気づいた方はコアだコア。



    奥物部の、ライダーズインなんとかの傍にあるなんらかの橋。

    DVC00043.jpg DVC00042.jpg
    ここに着いたのが12時くらい。

    12:40くらいまで休む。
    のんびり。じっくりジュース飲んだりドーナツ買ったり。
    ちょっと休みすぎ?

    まあ無理をしないムシマルなのだ。



    しゃー。
    特に話すようなこともなく、その後はしばらく進んだ。

    時速10数舛辰討箸海蹐。

    このへんはもう、進むだけで特に思うこともなかったような。
    あーでも、前回の室戸市チャリンコ編(リンクあり)は、
    だいたい1kmごとに「室戸まで〇km」っていう標識が出て、
    その進度がわかったものでしたが
    今回は10kmに一度くらいしかないは言い過ぎとしても、それくらいのイメージでした。

    自分の現在地(つまりは逆算して到着予測時間)があんまりはっきりわからないのは
    こう、来るものがあるぜ。


    美良布(びらふ)で「」っていう、
    なかなか良いネーミングセンスのお店は見ましたが、
    それもはるか手前。


    トンネルが増えてきた。
    GPSでもないともうここがどこやかわかんないや。

    もう片手では数えきれないくらいの数のトンネルを通る、
    トンネルは気をつけて、と。
     DVC00048.jpg
    ガッキィー!

    ぬわー!!

    あ、あれ?
    何かにぶつかった衝撃を受けたりしたと思ったら、
    急に止まった?

    あれ、自転車が前のめりになっている。
    少し濡れた地面が近い。いつもより断然近く見える。
    一回転する?

    なんで止まったように見えるんだ?
    これがうわさに聞くムシマル走馬灯?
    死ぬの?ムシマル脳が焼きついてるの?


    ところがそうではありませんでした。
    ムシマルが自転車ごと転んだ時、前のめりになりつつも、
    また左方向(トンネルの壁面)にも弾かれており、
    (後述しますが右側ペダルと物体がぶつかったため)
    再び肩と壁がぶつかる。

    その摩擦によりムシマルが頭からめりこまずに済んだもよう。
    つまり今、壁に肩をついているからそれで止まっている状況。


    えーと、じゃあ・・・あ、だめだバランス崩れてきた。
    がっしゃーんってなる。

    なんとー!バシィ!
    倒れるときに手をついて、事なきを得る。
    だてに受け身ばかり取っていた大学生活を送っていないぜ!

    落ちついて見てみると、なんだか原因が分かった。

    しばらく前にトンネルにぶつかった時のこともあり、
    ちょっと歩道の右寄り部分を進んでいたのだ。

    そこで引っかかったのが、車のライト反射素材。
    ドアミラーぐらいの大きさのものが地面からにゅっと出ていると思いねえ。

    あー暗かったしなー。

    ふむ、

    自転車は・・・OK!
    パンクもチェーン不具合もしていない。
    とりあえず俺はこのトンネルを出るぜ。


    出た。
    せっかくだから俺はこの赤色の扉を選ぶぜ。
    上記赤字部分がわからない方はググっていただくと嬉しい。

    ちょっと休憩。

    ムシマルのケガは、って
    DVC00045.jpg
    血ぃ出てた。

    こ、こんなもの、擦過傷です。
    と、強がっては見たものの、ヒリヒリ。


    できるわけがないッ!!」
    「こんな状態で徳島に行くなんてできるわけがないッ!!こんな状況で何なんだッ!!できるわけがないッ!!」


    「さあッ!!3回以上言ったぞッ!さっさとそのリタイアさせてくれッ!
     こんなアクシデント、腕を痛めながら!こんな悪条件化でいきなりできるわけがないッ!さあまた言ったぞッ!!奥物部でもブログネタには十分だろう。何も始まらないだろう!!」


    「今のは一回にしか勘定しねえからな。あと2回だ。あと2回言った時ゴールとリタイアについて考えてやる」
    ※ムシマルは一人旅です。

    DVC00047.jpg
    まあ何とかそんなこんなでうやむやのまま行く。
    腕はあんまり自転車こぐのに関係なかった。
    だから消毒も止血もなんもしていない。


    時刻は13時。
    傷を腕と心に負いながら、
    山道を物部川の上流へ上流へ少しずつ上っていく。

    その2、べふ峡温泉編へ。
    author:ムシマル, category:イベント, 22:47
    comments(4), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 22:47
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        暑いさなかにサイクリングいいですねぇ〜
        私も昔何度かそのコースはいた事があります。
        延々と登るのできつかった記憶が(^_^;)
        続きを楽しみにしてます♪

        ガーミンのサイコンあると便利ですよぉ〜
        少々お値段がよろしいのが難点ですがw
        ふぉん, 2013/07/20 8:48 AM
         ふぉんさん、どうもです。
         おお、すでに何度か行かれていましたか。先達は何事もまほしけれ。

         確かに登りきついですねえ。筋肉疲労よりも進まないのに精神的疲労がきました。

         サイクルコンピューターですかー。たしかにキロ数や速度は知りたいかも。『シャカリキ』というマンガが好きです。
         
        ムシマル, 2013/07/20 11:06 AM
        大きな事故にならなくてよかったですね

        香北方面は緑が深くて本当に美しい所ですね(^^)
        おそらく欄干の柑橘は柚子なのではないかと思われ…。

        あじ。, 2013/07/20 11:20 AM
         あじさんどうもです。
         景色は室戸ルートに敗けず劣らず。海より山川派ならこっち!
         吊り橋のアクセントもちょこちょこあって良かったです。

         欄干、柚子かー。指摘を受ければ納得です。
        ムシマル, 2013/07/21 9:33 PM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/856