RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    食-1グランプリ 2013 高知駅編。
    ガタンゴトーン。 

    今、わたくしは岡豊山から出ているバスで、
    こうち旅広場(高知駅)の方に向かっております。13時半です。

    20分か30分で到着。

    あらあら混んでる。
    はぐれないように気をつけてね、
    って独りじゃん!!

    さ、悲しいツッコミが決まったところでひとの群れに混じりましょうか。

    いっぱいだ。



    よし、何か買いましょうぞ。

    おらんく野菜の包みピザ(高知市)300円を購入。
    けっこう行列。
    その場で焼いているからそれに時間がかかってできた行列であるともいえる。

    ほかにはここでタコス丼400円も売っている。
    タコス丼?うーん、食べたいような微妙なような。

    ピザとー・・・ビール(400円)を。

    高知駅まできて、これだけじゃ足りんな。

    記事の続きでまだ食しますよお楽しみに。
    すぐ近くの店。 

    ふんふん。グランプリか!
    優勝か、
    300円か!
    カツオのスモーク。

    すんませんひとつーわたしにくださいな。


    というわけで、
    酒!飲まずにはいられない。

    あ、ちなみに14時過ぎると投票ができなくなります。
    17時に発表するまでに、数える時間がいるんだって。

    実質の時間はあんまないのでは?
    10時スタートだから、たった4時間で明暗がくっきり彩られるのか―?

    それでは実食。
    包みピザといえば。

    くるんとなっててなんかピザまんかピザパンみたいだなーと思ってたら
    購入時に「ピザまんひとつください」って言っちゃったのは恥ずかしい思い出。

    思ったことが全部口に出るムシマル。

    だがそれさえも思い出だ。
    もぐ。

    あートマトがフレッシュですな。
    お店の看板かチラシにカツオの何かが隠し味だって書いていたような。

    アツアツはいいですなあ。
    ぷちゅ。

    しまった。
    これはあれだ。
    逃げ道があれだ。
    ガブリってしていたらパンのお尻からピュッとトマト汁こぼしちゃった。

    そうではないかと思っていた。
    でも、それはたまたま、ぼくの関心事ではなかったのでね。


    ちなみに、ちゃんと
    お店が用意したこぼさない食べ方が
    袋に書いてありました。

    「 レッスン1、ピザを袋の中で立ててください。
     レッスン2、食べる部分を袋から出します。
     レッスン3、具材が熱いのでお気をつけてお召し上がりくださいませ。」

    結局気をつけるのか―。
    まあ、気をつけるしかないんだよ。

    机の汚れはお手拭で拭くしかないんだよ。

    カツオのスモークじゃないか!
    ほんとにおいしいカツオのスモークを作るのには、時間と天才が必要なんだ。


    ふむむ。

    マヨネーズか。
    変化球だけれども、変化させ過ぎかもしれない。
    スモークの香りを、マヨがちょっと塗りつぶしている感じ。

    水墨画の上から子供がクレヨンで描いてしまったような、不思議なアンバランス。
    いやでもそれもそれで悪くないんす。

    ふむむ、「お箸の国」で似たようなものをいただいたが、
    ぶあついと結構いろいろ違うというか、よりタタキの面影を残すなあ。


    もにゅもぐ。


    職場の人と出会うその1。
    っていうかブログに書いていないけれど、岡豊山でも見たんだよな。

    そういえば学芸員の師匠も見た。バス乗客を誘導していた。
    ムシマルは学芸員ではないが、大学で実習をしたのだ。
    その時の師匠が誘導していた。

    ムシマルはその人のことを
    鋭い頭脳を持った和製ミスタービーンのように思っている。

    そんなことはどうでもいいね。


    ジビエ。
    イノシシクレープ?ちがうか?そんな名前の料理を出しているお店。

    「猪丸焼きなう。」で検索。→約61,500件(0.25秒)

    いのししまるやきなう!!
    木村比呂の完璧なパクリ。


    次のメシ。
    ムシマルはもうお腹がいっぱいなのかそうじゃないのかももうわからない。
    あるのはにぶい食欲とにぶい制覇欲とにぶい頭脳。

    また、焼きそばに行く。

    そうそう、やっぱりB-1取るには焼きそばが一番勝率が高いからね。

    土佐鴨塩焼きそば300円。
    &、土佐鴨手羽中200円。

    なんか、鴨コスプレイヤーがいらっしゃいますね。


    購入。二つあわせてワンコイン。


    席を探す、と。
    あ、龍馬さんや。子供を抱っこしたりおんぶしたりまた明日。

    龍馬さんと話したことあるって言ったことありましたっけ?

    去年の夏か、こんな屋台イベントでたまたま龍馬さんの後ろに並んでいて、
    龍馬さんがお会計か何かのためにカウンタに一時置いたカップ文旦かなんかを、その店の商品と間違えて手に取ってしまった時に、

    龍馬「すまん、それはわしの文旦ぜよ」
    ムシ「あっ!すすすいままませんっ」

    っていうことが。



    酒。呑まずにはいられない(2度目)。




    しかし、天使の悪戯か、悪魔の誘惑か、
    強風が、吹く。ばふう。

    こてん。
    ビールが―!!
    風で、倒れたー!!
    チィエ オ ォ オオオ


    ビールほぼないなう!
    なんて日だ!!

    がっくし、だがこのがっくしを俺は力に変える。
    食欲に変える。

    鴨の手羽。
    ふむ、何か鶏よりあぶらっぽい?なんかプルプルしている。

    みんな、ちょっと待ってくれ。
    ここに、買った時についてきた説明文のようなものがある。
    これを見てくれ。

    「お買い上げ誠にありがとうございます。」
    ふむふむ、いいってことよ。

    「=土佐鴨=
     土佐鴨初生ヒナから安芸郡芸西村で育てています。種類は合鴨の中で一番大きく、北京ダックと同じ種類。クセがなく上品な味(中略)この土佐鴨は飼育羽数の98%を京都に出荷し「京鴨」となります。」

     土佐鴨が・・・京鴨になるの?
     「国産牛」みたいなもの?(牛界では日本で育ったら外国血筋の牛でも国産牛と呼んでいいらしい)。鴨、京都へ行くと京鴨になるのか。土佐の誇りも忘れずにねー。

    「平安時代より珍重された鴨肉には、鉄分が牛肉の約3倍、豚肉の約5倍含まれコラーゲンは100辺り含有量3200咫とてもヘルシーな食材です。」
    と土佐鴨飼育研究会より。
    すごいね鴨。

    食べる。
    なんかやわかい。
    すごくよく煮込まれているみたいに、つぅるんとしている。
    簡単に骨と肉が離分する。舌で削ぎ落とせそう。

    味付けは少し薄め、塩の風味がほの旨い。


    焼きそば。
    あー!!これ好き。

    鴨ってこんな味でしたっけ?

    Bグルの王様、「ホルモン焼きそば」にも似たお味。
    なんかお肉のいい感じの部分が溶けてよい風味とコク。

    ぎゅって旨味が詰まってらっしゃる。

    お肉も多めだし、300円と安いし、もうすでに時間の14時を過ぎているんですが、
    入れられるものならこれに投票したい美味。

    ほぉぉー。満足。


    出会い。ヨサコン一緒に行った人に偶然会う。
    いっぱいいるなあ知り合い。

    大橋通何とかさんたちがよさこいをして、

    15時より「おもてなし勤王隊」のダンス。

    りんりん。

    ゆうきー。

    りんりん。

    見入る。初めて?ちゃんと見た。
    武市半平太キャラの人、小林旭みたいだなあと感心。
    ぶっこむタイプの人とお見受けしました。



    で、〆。アイスに並ぶ。

    プチ・グラス、
    過去にブロガーオフ会で呑んだことのあるjunjunさん
    アイスをよそってらっしゃる。

    そのときのもようはこちら

    挨拶しようと思ったが覚えていただいているか自信ないしチキンる。おじる。
    行列に、並んでいると・・・

    職場の人との出会い2。
    あ、あなたは3月まで同じ課にいたインフィニティさん(仮名)!

    ・・・ものすごく適当に仮名をつけてしまう、ぼくの悪い癖。

    挨拶と軽い世間話をするが、アイスの一つもあげればよかったか。
    先輩風を、今日の日の春一番のように吹かせてやればよかったか。
    先輩風たいふーん、ジェーン(仮名)!

    やばい適当に書きすぎた、後輩さんにブログ見られるかもしれないのに・・・。


    そんなこんなで、
    トマトアイスデコバージョン400円購入。

    こんな感じ。

    お値段はこの量のカップアイスとしてはちょい高級め?
    でもキレイ。

    トマトアイスに、プチサイズの別アイス(緑色)に、
    干しトマト?

    トマトアイスいいね!

    そんなにむちゃくちゃトマトトマトしすぎない、
    ミルク風味の残り具合がちょうどいい重心。

    しかし、このグリーンアイスなんだろ?
    抹茶かと思っていたらなんか違うし、って(プチグラスさんのブログ見る)
    バジルアイスかー!

    言われたらそうだって思うけれど全然思考の埒外。
    トマトとバジルはよく合うし、すごいなー。

    あ、しかもあのちょこんとした赤い方の丸いやつ、どうやらトマトシャーベットらしいです。
    芸こまですなー。


    結果発表ー!(リンクあり)

    こうなりました。
    君の投票したグルメは何位だったかな?
    ではまた来年。
    author:ムシマル, category:イベント, 21:00
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 21:00
      -, -, pookmark
      0
        Comment









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/783