RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    愛媛県宇和島市 全国丼サミットうわじま2012
    朝チュン。よく寝た。

    ストレッチをしてお腹を馴らす。

    いざチェックアウト。

    あいにくの小雨。
    きんさい広場に車を停め、

    雨の中、傘もささずに歩いていく。
    そんなに降っていないのだが。

    開始の10時には少し早い。
    うわブラと洒落こむ。
    うわブラとは宇和島ブラブラの略です。
    わかっているかもしれないが。

    おっ。
    DVC00076.jpg
    土佐のアイスクリンを宇和島で見た!
    いやなんか嬉しい。一人じゃない(いや一人だ)。


    リカーショップmuscle(マッスル)!!
    むくつけき大男(上半身裸)に供される酒瓶!!
    DVC00082.jpg


    もうすぐはじまるぞー。
    DVC00077.jpg

    会場もそろそろとなりそう。
    DVC00078.jpg
    いやがうえにも高まるボルテージ。
    高鳴る胃袋。

    始まった!
    うお―おれは本気だぜ。本気食いだぜ。
    DVC00079.jpg
    まずは地元のものを。
    愛南かつお丼。500円。
    愛南のかつおね。ふーーん。
    黒潮海閣さんの。どんなものか試してみようか。

    土佐の矜持というかなんというか、
    気持ち上から目線でいただくそれは。

    onたまご。それは温玉で。

    ぱかり。


    かつおのヅケ?にネギとゴマと山葵をかけて。
    DVC00080.jpg
    ぐわし。
    ちがうか。まことちゃんか。

    がぶり。
    ふむ、愛南のカツオは、なんか優しい。
    ヅケているせいとは思いますが、
    タタキとかにある癖がだいぶ塗りこまれて消えている。

    さらに温玉で
    「まろやか〜ん」(ぺヤングか)。



    こちらは
    天ぷら屋まついさんの「ふぐ丼」


    同じところが角煮丼も出していましたが、フグの方にいく。
    ワンコインでフグっていう魅力に惹かれたのだ。




    フグの煮たやつを、
    五目ずしとかで見るような玉子焼き細切りの上にのせ、
    さらに海苔に焦がしネギ。

    ここでムシマル備忘録のメモをごろうじろ。
    「タレが美味しい。
     あとこの焦がしネギ、イエスだね」
    ・・・馬鹿だったんでしょうか、あの頃のムシマルは。



    タレがなんのタレかうまく言えない。
    なんか辛味があって、中華かどっかで覚えがあるような味なのだ。

    フグは?フグは弾力がありますね。やわらかいのに弾力。


    完食。
    DVC00081.jpg

    あと愛南コーナーには
    海鮮丼にキジ丼に媛っ子地鶏のやきとり丼と
    いのししコロッケにカレー、六宝汁と丼以外もありましたが

    ちょっと振り切り、全国の猛者たちに会いに行くことに。

    DVC00083.jpg
    いらっしゃるわいらっしゃるわ、
    宇和島中のくいしん坊が集まったかのよう。

    食いしん坊=鬼神坊のなまりで、いっつもお腹を減らしている鬼のことだよ。
    っていうトリビアがあるんですが
    このトリビアの欠点は、ムシマル自身もホントか嘘かよくわかんないところです。


     
     
    もーにくん、でしたか。
    宇和島のゆるきゃら。もちろん牛鬼から。



    背中、チャックと中から何か。
    ちょっと『すごいよ!マサルさん』的って言っている意味が伝わるかどうか心配です。





    海を隔てたお隣さん、大分県の
    トロロあつめし丼。500円。

    大分県は、6か月研修で知り合ったアンディ―(仮名)の出身地ということで
    少し惹かれているムシマル。


    「新鮮なお刺身で作ったリュウキュウを、あつあつのご飯の上にのっけたあつめし(琉球丼)です。
    お好みで山芋とろろを混ぜて召し上がってください。」とネットでは書いている。

    しかし土佐人ムシマル、この説明では分からず。

    リュウキュウって高知では酸っぱくして食べる、なんかうまいこと説明しづらいローカル野菜のことだ。
    お刺身で不思議野菜を作るのか?

    みたいになってしまう。
    まあこのなぞは、解明しないままにしておこう。



    アジかブリかなんかにトロロとウズラ卵がかかり薬味もファッサ―!

    あ、ムシマル備忘録に「かぼすぶり」って書いてありました。ブランド魚?
    肉厚に切ってありました。

    なんか丼ちょっと小さかったかも。郷膳うさ味さんの提供。

    柔らかいor小さい魚よりはトロロとの食感アクセントが出ていいかもですね。



    完食(3杯目)。

    続いては伊達家つながりで、宮城県のグルメ。

    イケメン伊達氏が幟でお出迎え。

    鶏専門店伊達屋、「モツ煮丼」と「ステーキ丼」の2種販売。どちらも500円。


    あ、変なのがいる。
    ゆるきゃらばかりだぜ、この町は。




    そして迎えた4杯目と5杯目。
    DVC00084.jpg
    モツ煮丼にはからしが、そして半熟たまごが。

    丼業界の温玉もしくは生たま率は異常。
    そんなにとろっとさせたいか。


    県外もの丼のうち、4つはたまご入り。


    徳島からの刺客、はも天丼は
    ご飯にハモ×3.
    具材が良いのか揚げ方がいいのか
    サクッとしていました。もちろん、食感が。
    つゆはいわゆる天つゆのお味。



    モツの方は、ドンブリには珍しくちょっと好みが分かれるお味。
    たまごは臭みを消すというかわかんなくさせる働きがあり、
    そういう意味では正しい。

    そして臭みを消しつつ濃厚さは消えない。
    フォアグラのそれに匹敵するくらい。



    DVC00085.jpg

    5つ。なぜだろう、たった5つ、それだけだ。

    それでもう、おなかいっぱいだ。


    ちなみに高知の出店はなし。
    こういうの見ちゃうと、どこも海岸沿いや港あるとこはお魚美味しくて
    どこの畜産もこだわりがあってって
    逆に何でもよくなっちゃいそう。

    うーーん、高知の名産は?

    カツオ生姜焼き丼とか、今考えたんですがどうでしょうか。



    1時間少々。
    25を超える丼のなか、5杯ですでにお腹が満ち満ちる。
    いや、あと2杯いけなくもないけれど、行った暁には
    2時間は歩いて駐車場まで帰れなくなる。









    author:ムシマル, category:高知県外, 19:26
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 19:26
      -, -, pookmark
      0
        Comment









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/638