RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    俳句自動生成プログラム

     最近はネットで知った
    表題の俳句自動生成プログラムに夢中。

    夢中は言い過ぎですが、五七五がそれぞれランダムに
    抽出されるらしく、

    変なのとちょっと良いのとが
    そこそこの確率で出てきます。

    飽きない。これは一生飽きない。
    時には言い過ぎてみます。

    では、ランダムに30〜40回くらいやったところから、良いのを。


    ムシマルの俳句鑑賞も短歌と同じく適当。
    僕が良いと思ったやつが世間の評価と全然違う可能性は∞。
    ただ、基本は短歌と同じで

    ‐襍覆すっと浮かぶのは良い俳句
    句の間にちょっと飛躍があるのが良い俳句
    2鮗畫杼の余地があるのが良い俳句
    せ廚錣再佑湛んでしまうのは良い俳句

    ↓はだいたい一緒のことですが、5W1H言っているだけじゃつまんないっていう意味合い。
    写真でいうと証明写真みたいにしっかり描写するよりは、
    ぼかしたりセピアにしたり一部だけにピントあわせたりすることで伝えたいことを主張する感じ。
    もっと言うと、はっきり言うよりはこうかな?って言うくらいのバランスのほうが好きかなー。


    ふわふわと
    耳にのこれる
    お月さま


    「ふわふわと耳」っていうフレーズがステキ。
    想像力逞しくするなら、月光がくすぐったいような感覚なのか?


    人の子の
    秋刀魚のおともは
    夢の中


    「の」の多さが、何のこと言ってるのかわかんなくさせてます。
    「ノノノノ」か。

    バッサリと
    だんご消失
    ツララの歯


    だんご消失って言葉はでないよなー。
    ツララの歯が団子食っちゃったの?
    団子はひょっとしたら雪で作ったやつだったなら、イメージが何とか落ち着きますね。そうか?


    手ぶくろの
    片づけるよと
    通知表

    これはイメージさらっとできました。
    手袋している→外
    通知表→手袋している時期から、2学期終り
    友達と見せっこして、なんか少し良くなかった子が不満げにランドセルにしまっているようなイメージ。


    半焼の
    かもめ一羽から
    できるかな


    なにこれこわい。


    だいじょうぶ
    風の中なる
    又聞ゆ

    解釈もいろいろあるでしょうが、とっても綺麗にまとまっています。
    僕作れっていわれても作れないなー。

    太陽を
    百八覚えた
    みちのべに

    太陽108ねーよ!覚える必要ねーよ!この太陽系にはー!
    (怒っていなくて、ツッコミです)



    たくさんの
    授業はいつも
    一人いる

    おいおいおーい!数がおかしいよ!文法も!
    主語動詞だけにしたら「授業はいる」じゃないか!
    (ああ、ノッテきそう)

    みつけたよ
    背中が語る
    虹がでる

    これは一転、ファンタジーだ。


    お茶にしよ
    動きて見ゆる
    旅鞄

    これも、情景が・・・!。
    旅行先の宿に着いて、一休みしようって(多分奥さんとかいつも家事をしなれている方)
    備付けのお茶なんかを淹れているんですけど、
    ショルダーバッグだかなんだかを降ろし忘れたままで・・・。
    今回のムシマル賞(ただ僕からの誉れのみ!)をあげたいくらいです。


    本日は
    男子三人
    白さかな

    ちょっと金欠気味の3人で食堂へ。って感じでしょうか。
    「白さかな」が、「焼き魚」や「Aセット」だとここまで生活感というか寂涼感ないなーって気が。


    不合格
    桶一ぱいの
    二重とび
    すげえ。「桶一ぱいの」がどっちにかかっても説明できねえ。


    幾百の
    いっぱいつまった
    檻の中

    これは「何」が入っているか一切言わないのが味噌。
    「it」をみんなで想像してね、なんかコワいのしか思い浮かびませんが。


    忘れもの
    忘れてしまう
    給付金

    おじいちゃーーーん!あかんあかん!
    思わず関西弁でつっこんでしもた。
    だいじだいじ!



    荘厳な
    ぎゅっと凝縮
    ならないか

    この句は「ならないか」のインパクトがすべてだー。
    なんか、上からの都合を押し付けるパウワーを感じます。



    雨の中
    ぎざぎざしてる
    防具負ひ
    雨の日は、防具じゃなくてカッパを着なさいよ!
    今度は標準語でツッコミが・・・!
    ぎざぎざしてる防具って、『北斗の拳』のバイクに乗って暴れている敵か!?


    まあだだよ
    べきべき鳴つて
    みなうごく 

    これもコワいぜー。
    人間じゃないですよね、このかくれんぼ?の相手。


    最後に
    冬うらら
    おへやの中に 
    給水車 

    無茶すんな!
    それともあれか、「僕のお部屋はでっかいでーす!」ってことなのか?


    以上、またやるかもしれません。

    author:ムシマル, category:短歌, 14:07
    comments(2), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 14:07
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        こんばんは。
        おじいちゃーーーん、北斗の拳とか面白い!
        おかげで、今日一日の最後に一笑いできました。
        このシリーズ、私好きです。
        またよかったら
        やってください!
        バッテラ, 2011/02/06 11:41 PM
        わーい、ありがとうございます。

        バッテラさんも、ぜひぜひいい句できたらお願いします。
        ムシマル, 2011/02/07 8:17 PM









        Trackback
        url: トラックバック機能は終了しました。