RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    高知大学合気道部OB親睦会2014 からの『赤たぬき』+サソリ酒 
    11月最後の土曜日、
    「OB親睦会」という、
    大学時代に合気道をしていて、
    いまはOBになって社会人かなんかしている人たちが、

    しばらく振りに現役生と一緒にみんなで仲良く稽古するという合気道部イベントに参加。
    年一回。


    朝倉キャンパス内の武道場に行く。
    (キャンパスかー、独特の雰囲気なんだよなあ)



    現役生が通わせていただいている社会人道場からも数名参加していただき、
    全部で20数名が集まったとか集まってないとか。


    稽古の模様写真は撮っていませんが、

    簡単にいうと
    「明日筋肉痛だろうな」・・・明後日かも。という感想。

    久しぶりにみっちりがっつりやりましたよ。
    わからない方は読み飛ばしていただいてけっこうですが、

    四方投げ、すみ落とし、三教、入り身投げ、小手返し、エトセトラetc。
    1時間半近く稽古

    小休止して演武
    取り(投げる方)役1回で参加しました。

    まあでも、疲れたなんて言ってられないよ。

    取り役1回、受け役3回した男もいるのだ。漢もいるのだ。侠もいるのだ。

    ※一回で2〜3分投げられ通し、足腰と腹筋が大変、
     ムシマルは1回で炎上するのではないか。




    ムシマルが袴を穿いて大学生を投げ飛ばすところ(演武)もお見せしたかったんですが、
    諸般の事情でカット





    ただ、懐かしいねえ。

    技、かからーん。
    のでアドバイスを受けたりしたり。

    「丹田」「重心」「上半身だけで技かけようとしている」みたいな懐かしいメロディ。
    メロディじゃないことに目を瞑れば、十分な懐かしさをもったそれが飛びかっていました。

    合気道していないと、こういう機会めったにないですね。



    自分が一回生のときの四回生の方とか、
    逆に六つも七つも後輩の方とかとお話しすることも、またあはれなり。

    あの頃のことがゆっくりとよみがえる。
    若い人や懐かしい人と合気道することは、
    内面に満ちていたはずの新鮮な力がまったくなくなったムシマルに、それでも潤いを与えてくれる。

    で、悩みとしては新入部員不足
    現状、現役部員でこの日の部員参加は4人。
    片手に余って、ちょっとさびしい。

    特にここ1年は、
    大学内武道場の建替えのために稽古する場所が限られたところしかなくて難儀。

    新入部員を勧誘するにもホームがないとね。
    あと残って稽古とかもしにくいし。


    師範や指導者も、心配されている。
    後継者問題に悩むのは山間部の農業林業も大学合気道部も同じで、高知県の課題だなあとしみじみ。


    誰かムシマルブログを見た若者で、
    高知大学朝倉キャンパスおよび農学部入られる方、入部してみない?
    後継者的には一回生が一番うれしいですが、どんな学年でもOK。


    特典として、稽古して試験受けて段位(段じゃない人もいる)取得したら袴が穿けるよ(袴は自腹購入)。

    あとムシマルブログを見て入りましたって言われた方には、
    一回ぐらい奢る奢る。



    今年の幹部が四十七代目らしいので、
    ぜひぜひ次代を担ってほしい。

    そういう思いを胸に、
    一回家に帰る。

    途中、ドライアイス購入。
    飼っていたウサギが亡くなってしまったため。保冷剤。
    老衰?なのか。
    たしかにご飯量最近減ったなーと思ったんだけど、そうかー、
    ありがとう。


    飲み会へ。
    当初予定会場を変更して『赤たぬき』



    2Fの個室。
    18時半から21時半の3時間呑み放題、ロングラン。
    いつものようにクジを引いて席決め、
    「7」番をゲットして、着席。

    あー端っこだ、指導者や師範のお席には遠い。
    あとで付きに行こう。


    18時半。

    幹事挨拶
    ビール注ぎ
    主将一言
    師範挨拶
    主将乾杯
    みたいな流れで宴始まる。


    お料理はお刺身、


    記事の続きに。


    お稲荷さんや巻物ありのお寿司、


    かっぱ巻きにはアタリを用意していたのか、しびれる量が入っているものも。



    日本酒とビールでちぇいさー。

    そして、困ったことに開始30分でだいぶいい感じになってしまう。

    ゲージが100MAXだとして、50くらいまで酔ってしまった。
    うーん、ほろ酔いの向こう側にいてしまっている。

    あ、今気づきましたがダイコンサラダみたいなものを撮り逃したし、食べ逃しました。


    厚揚げ豆腐がピリ辛で、なかなかお酒に合う。

    ブログをして5年くらいですが、いまだに食欲に負けます。

    周りの方が「さあ撮るんですどうぞどうぞ」みたいに言ってくれる。
    そういう協力によって成り立っている。

    合気道もそういう和を大切にする精神が共通している、かもしれない。

    若者がついてくれる。
    いま副将の人だ。
    演武で「受け(技を掛けられる役・体力消費する方)」してもらったのでお礼を言う。

    彼は、ほかにも武道系の部活をやっている
    武道のハイブリッド、プリウスみたいな人だ。

    でもけっこうそういう人はいるみたい。
    同時期でなかったらムシマルの代の主将も高校時代に柔道やっていたし。

    違うものをやることで逆に理解が早くなる側面があるかもしれません。
    もしくは、細かい枠でなくて武道っていうそのものが好きなんでしょうかね。


    で、
    ムシマルが『刃牙』の地下統一トーナメント戦の話をしたよ。
    どうやらピンときていない様子、それはそうですよね、15年以上前作品ですもの。
    合気道出てくるマンガって(空手・柔道・剣道・相撲に比べて)少なくて、
    あとは『拳児』『カケル』『イビルハート』

    「今そのマンガは宮本武蔵が現代に復活しているよ」
    「そうなんですか・・・。」
    その反応、正しい。

    ムシマルは、それ以上のこと(恐竜時代に氷付けになった男も現代に復活して闘っていたよ、アメリカ大統領が恐れる暴力があるよ)は言えなかった。


    散らし寿司とモツ鍋。




    で、なんか別の人とあわせて部活の話になって
    ムシマルは帰宅部のエース、もうチャイムが鳴るやいなや『帰れ』コールであったことよ
    (正確には小学生のとき 習い事で緑帯まで少林寺拳法、強制部活でドッジボール部)
    ムシマルが吹奏楽部指揮者カウンセリングマンガの金字塔『ソウルキャッチャー(ズ)』をおすすめしたら、「マンガ好きなんですね」っていうコメントをいただきました。

    ティルズシリーズであれば称号「マンガ好き」ってなるところ。INT上昇。

    後半に肉系が来る。焼鳥串盛り合わせ。

    ああ、ベーコンだ。ムシマル、ベーコン、好き。
    あんまり飲み会でベーコン見たことないかもしれません。


    うむうむ、お酒のアテとしてはいい感じですが、
    他県から来るOBもいることも踏まえると、
    高知名物がほしいというのはわがままバディでしょうか。


    サイコロステーキか。


    ぱくぱく。

    おお、19時半(つまりは一時間で)70ゲージまで達していたんですが、
    そこからはわりと横ばいに。


    まあまあのOBが一番に潰れてはよくないという矜持がそうさせたのか。

    あと、師範から
    「新人確保のため、ネット得意ならホームページ的なものを作ってみたらどうだい?」というお声をいただく。

    ブログ作るだけなら簡単であるが、継続がなー。


    21時半、終了からの二次会。
    カメラを忘れそうになる。危ない。

    一人3,600円。
    この600円が曲者で、お金受け取り係りの人がお釣りに一苦労。


    カメラで後輩に撮ってもらう。
    中途半端なパー!


    クリスマスが好きなのではない、煌びやかなネオンサインが好きなのだ!!


    二次会。店名はわからないが、『辿る』の2階にあるBAR。


    ニッチ珍味系ブロガーとしては、チャレンジせざるを得ない。

    パスタやチャーハンといったものもあり、なかなか素敵。
    あと、お店の前の壁が凹ボコ。
    誰か暴れん坊が壁を殴ったのか?

    と、いう内にサソリが来る。

    『サソリ酒』600円。
    いやーアンタレスです。


    ウォッカでアルコール度数は37度、それにサソリを漬け込んでいると書いてあった。

    サソリ凝視タイム。
    「節足動物門鋏角亜門クモ綱サソリ目 Scorpiones 」。

    宇宙から生き物みたいだ、
    『スタシトパ』(『スターシップ・トゥルーパーズ』)に出演しても違和感はゼロ近似値でしょう。

    ごく。
    くぁー!
    サソリ味はよくわからんけど喉にきついー。
    37度のアルコール、ムシマルの体温よりも高いアルコール。

    タックル・ポジションにいる二年生のフットボール選手みたいな苛烈な味。
    いままでの液体がみんな軽油で、ここだけハイオクになったみたい。

    乾す、頃には、もう。
    サソリは燃えるようでした。


    そういう2次会、
    解散。

    うどんを啜って、啜る途中でウトウトする。
    それからムシマルは、雨の匂いのする湿った闇の中へ、消えていった。



    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

    author:ムシマル, category:合気道(部)関係, 17:12
    comments(2), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 17:12
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        素晴らしいですねえ、技は 姿勢 意識 呼吸 丹田で極まる。

        大東流の某佐川門下の方にコテンパンにやられた事あります。

        リラックスした意識が自然体の姿勢を形成し、緩やかな呼吸をもたらし、丹田が用いられる。自我を捨て相手を理解した姿が技になる。

        本当に強いやつは透明な感覚ですねえ・・・やってられんですね。

        ちなみに知人が東南アジアにいますが、サソリってむこうではゴキブリみたいなもんで、部屋に出るのでスリッパでたたいて殺すらしい・・・

        サソリって危険だと思ってましたがほとんどのサソリってアブ程度の毒性でただの害虫程度らしいですよ。

        スコーピオンウオッカは不味いですね
        kyoumi, 2014/12/03 11:35 PM
         kyoumiさんどうもです。
         そうみたいですねサソリ、毒が強いのはほとんどいないって記事書く用にネットで調べたら載っていました。そうなんだー。
         しかし、スリッパでやっつけるとはすごい。

         強い人は、ひょいひょいって感じですごいっす。
        ムシマル, 2014/12/05 8:30 PM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1285