RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    失恋短歌
    ・・・・・・。 



    「もう」なのか「まだ」なのかわからないけど思い出あたりに位置するあなた(仁尾智)


    さよならは約束 再び逢うまでの 果たされることがない前提の(仁尾智)

    もう二度と会えないくらい盛大に さようならにも五分の魂(仁尾智)


    失った恋ではなくて 失恋は 失敗作の恋ということ(仁尾智)

    また嬉しそうな顔して失恋を育て始めて6年になる(仁尾智)

    失えるものなど手にしていないのになぜ失恋はできるのだろう(仁尾智)


    恋をしなければ気づかなかったけど自分の鼻の形がイヤだ

    (仁尾智)


    泥棒のはじまりは嘘 さよならはいい思い出のはじまりであれ(仁尾智)



    仁尾さんは、すごいぜ。

    なにゆえに君をなぐさめてるんだろう ふられたのは僕 ふったのは君

    (宇都宮敦)





    「元気?」って君のメールに「死にたい」と返事が打てるくらいは元気(佐々木あらら)



    ああこんなところに恋があったって拾ってみたらやっぱり恋だ(野良ゆうき)



    冗談のように始めた恋だから これでいいんだ いいんだこれで(野良ゆうき)



    ほっぺたをつねってみたら痛かった 夢じゃないって結構痛い(野良ゆうき)


    もうずっと黄色い線の内側にさがって恋を待ちつづけてる(野良ゆうき)


    あれが恋だったのならば花火などしなきゃよかった夏のおわりに(野良ゆうき)



    約束というより願いだとしても 最後の言葉はまたねがいいね (平賀谷友里)



    これからもきっといろいろあるけれどいつかなつかしいんなら愛だ

    (平賀谷友里)

    ひとりでは育てきれない恋なのでちゃんと自分で堕ろすつもりです
    (平賀谷友里)


    好きな歌好きな映画と好きな人そのほとんどが片思いです(水野加奈)




    ミラクルで奇跡みたいなミラクルで奇跡みたいな恋だったのに
    枡野浩一



    ただひとり引きとめてくれてありがとう靴底に付く灰色のガム
    野口あや子

    うわーこの歌のいたさ凄い。凄く邪魔な存在としてあげられる道端のガムを良いものに擬人化。

    それじゃあね君が別れてよかったと思えるように禿げたりするね

    (佐々木あらら)
    佐々木あららさんのこの短歌、優しいのと自棄なのと自虐とまじりあって、すごいです。

    おつかいでいそいでるから前をいくカップルなんてうらやましくない
    脇川飛鳥


    僕を好きなきみだったから好きだったはずだったのに今でも好きだ(仁尾智)


    グッバイ!

    author:ムシマル, category:短歌, 22:25
    comments(4), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 22:25
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        よかったよ
        あの失恋が
        あったから
        君と出会えた
        そんな日が来る
        ちょっとだけ君の先輩, 2014/10/09 8:46 PM
        ムリだったんでしょうかね。
        ラッキーはそう起こるものではありませんでした。
        こういう気持ちになってしまうものかと思いました。
        しようのないことかもしれないです。
        サンクスです、「ちょっとだけ君の先輩」さん。
        またなにかをがんばります。

        「痛まずにふられるすべを覚えたら恋が上手になったと祝おう」(伊勢悟史)
        ムシマル, 2014/10/09 10:16 PM
        狂おしいほど愛したアナタも
        今となっては支え合うお友だち

        20年前の恋愛対象も今ではお互いが健康相談をする仲です♪
        歳を重ねるといろんなカタチの愛があるのですよー(*´ω`*)
        夏子, 2014/10/09 10:43 PM
         おお、夏子さんどうもです。
         そういうさわやかというか、前向きな感じの思い出、いいですね。

         秋の夜長を泣き通す、ああおもしろいムシマルのコイ。
        ムシマル, 2014/10/11 6:42 AM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1267