RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    はし本 VS「料理の鉄人」な鴨店。 
    『六本木 居酒屋 はし本』へ。
     
    ルイヴィトン(2015撤退)の近く。
    地下。

    こんな言い方をしても、高知にあるお店。
    テレビ(『サタ★マガ』)で見た情報によれば、
    ギロッポンの有名店な方がお子さんか誰かにそこを譲って、
    ご自身は釣りができる高知にやってこられたとか。

    下りていく。

    カンカンカン。
    地下に進むのは、なんだかいつもドキドキ。
    異界的というか、1Fや上階よりも隠れ家感が濃いですね。

    メニュー。

    お得らしい、4品2,000円セットを注文。

    記事の続きに。
    座ったのはカウンター。で、ビールも注文。

    今回はセットでしたが、単品も魅力。

    不思議にチキンカレーなんかもある。
    水を一切使わないカレーだって。ひゃー。

    少しちびちびしていると、
    来た。一品め・・・・・・?。

    夜明けのモーニングコーヒーみたいな容器で来た。
    まずはスープなのか?
    あ、器はつめたい、冷製スープ?

    ひき肉っぽいものが見える。

    ざす。
    温玉?イエス、温玉。
    ひゃー、こいつは飛んだ隠し玉でやんの。


    ひき肉温玉の冷製なんとか。
    うん、これはすてき。
    気持ちいい。
    具材はけっこうたんぱく質系なのに、何かさわやか。
    目先の欲がなくなる味。

    お刺身3種盛り。


    ハマチとブリと、なんだっけ、マグロ?

    ブリに、ズーム。

    ブリがなかなかの高弾力。
    脂もひどく整っている。
    擬音でいうと、もにゅちちゅきりーん。

    高反発枕に使われることがあるかもしれない。ないかもしれない。
    ぐんぐにる。口の中でそう弾けるようで。

    鴨肉名物の店で、意外なくらいお刺身レベル高くて歓心。
    高知っていうことで3品のうち1つくらい混じってありそうなカツオがないのも、
    「六本木」風っていうか、土佐に来ても自分のカラーを出されているような気がする。

    鴨の店。そうだムシマルは鴨が食べたくて来たのだ。

    次は、ちょっとした大皿。

    タルタルソースというよりもタマゴサンドみたいな感じのソース、
    キューリ入り。

    それらを纏ったフライ。
    白身魚のフライでしたっけ?
    多少の記憶があいまいです。

    量も多くてけっこうビールのあてになった記憶。


    ここで2杯目注文。


    どうしようかな、日本酒のおススメを聞いてみる。
    いくつか聞いたなかで、『司牡丹の山廃仕込み』があると。

    注文したけれど、
    ムシマル山廃って何か知らずに注文。
    山で廃棄になった酒・・・・・・?
    そんなバカな。

    今ネットで検索して調べると、
    山廃」とは「山卸し廃止もと(やまおろしはいしもと)」の略。

    通常よりも時間をかけた作り方で、しっかりしたお酒ができるとか。

    ふーん。

    このときに初めて店主と会話。
    店主は細身のお爺さん。物腰がとても柔らかかったような。
    なかなかダンディ。

    来た。

    ちびり。

    くふう。
    お腹にずしん。司牡丹の擁する重量級の用心棒のようだ。

    そして待望の。鴨鍋、である。

    写真が、七味ふりかけ中(この竹筒に入っている)の分ばかり。
    全容があんまり明らかでなくてスマン。

    鴨鍋は、
    具は、合鴨肉・つくね小松菜・ねぎのシンプルな感じ。

    カウンターだから鍋準備しているところが見られるのですが、ネギ小松菜がこれでもか、と入れられていました。

    でも煮立てられると、割といい感じの鍋量になる不思議。

    具もシンプルですが、味つけもシンプル。
    ちょっと濃い目だけれども、野菜たっぷりのせいかなんだか後に残らず薄らすっきりな感じ。

    ムシマルはもう少し肉脂な方に飢えていた。
    予想よりも上品な感じだった。


    ふう。

    おつゆがゴクゴクのめるなーとおもってちびちびしていると、

    「雑炊ができます」とのこと。

    そのために、おつゆはもうそれくらいでというアドバイスを素直に受ける。
    そしてお鍋界のメタモルフォーゼ。



    雑炊。

    あっつ、はふはーふ。

    これは、力になる。
    終始上品なんですが、いつの間にやらムシマルは満足。



    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。




    冬に最適解かもと思いました。
    お会計は3,500円前後くらい。

    今度来た時は鴨肉の塩焼きなんか頼もうっと。
    はし本
    夜総合点★★★★ 4.1

    関連ランキング:鍋(その他) | 蓮池町通駅高知橋駅はりまや橋駅



    author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 19:31
    comments(2), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 19:31
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        いいお店ですね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
        イブイブイブのメリクリー☆

        あ、私のブログ、わかりました?
        ゆき, 2014/12/21 6:23 PM
         ゆきさんどうもー。
         12/21は「クロスワードの日」「遠距離恋愛の日」らしいです。
         
         なかなか高知にはなさそうなお店。店主が柳生石舟斎みたいでかっこいいです。

         お返事させていただきました。
        ムシマル, 2014/12/22 12:47 AM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1262