RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    ス・ルラクセ プレミアムモルツの会 2014/8/16

    プレミアムモルツの会に行く。
    ス・ルラクセさんの一日だけのビアビュッフェ。
    4,500円。


    19時開始の30分遅れで入場。
    入るなり「ムシマルやー」となる。

    浴衣姿の女性陣がいらっしゃる。
    ダンサーの方々。

    とにかく座る。

    食べ放題呑み放題。

    料理を取る。
    よっしゃくったるでい。

    1ターン目のお料理。
    ・ナポリタン的なもの。
    ・豚しゃぶ的なもの。
    ・芋豚とお芋の串カツ。


    うん、串カツがヒット。
    濃いタレ、二度付け禁止がうぐわっとくる。
    芋なのか肉なのかどっちかぱっと見わからないので、こっちは肉だろうなと思いながら食べて甘いお芋だったときは口内に裏切りの風が吹く。

    まあ、でも裏切りは女のアクセサリって言うからね。
    ルパン3世が言っているのだから間違いない。

    ちょっと濃くてビールが進むのです。
    ビールが潤おして濯いでさらに食欲増進までしてくれるのです。





    食べていると、隣のお席の方とお話。

    おお、お隣の方は酒どころの方。
    うるわしめな女性。
    『夏子の酒』実写版に出られても平気そうな感じ、ってどういうよくわかりませんが。
    『文佳人』というお酒をつくってらっしゃる方とか。
    まじですか。

    居酒屋さんで見たことある気がするけれど、
    呑んだことはないかも。

    『文佳人』っていう響きがインテリジェント風に感じられて、
    「いごっそう」とか「はちきん」っていう高知イメージとギャップがあるから?
    でもかんがえたら高知は自由民権運動活発だったし牧野んとかMr「天災は忘れたころにやってくる」さんなど文化人知識人もたくさん輩出。

    アリかも。
    なにかの縁だし今度呑んでみよう。

    あと高知新聞社の方や、
    トマト農家さん(ムシマルが小6まで過ごした町に在住・アーティストみたいな風貌)や
    トマト農家さん(いただいた名刺がトマト!)
     …何を言っているのかわからねーと思うが、
     俺も何を渡されたのかわからなかった…
     頭がどうにかなりそうだった…

    珍しいと思って名刺開いたけれど、うまく元のトマト型に戻せなくて焦る。

    ほかにはダンサーさんやらサインファクトリーさんのブログ出演経験のあるSさん
    とお会いする。
    なんかすごいノリの良い方でした。

    マスメディアの方に、ムシマルの同級生の方(!)など
    いろんな方とお話。



    2杯目と、2ターンめ。
    ・ごはん。
    ・レバーペースト。
    ・サラダ。
    ・ピンチョス。


    ・ご飯にはお芋とシラス入り。
     お芋甘い香りさらにシラスから海の香り。
     母なるあれに包まれているような感じで、ねえ、安心しちゃうよ、ねえ。

    あとはピンチョスいいですね。
    お味はわりと淡白。
    あー、だめだ。だめだよ。ビールでなくてご飯でお肉すすめてしまう。

    レバーペーストは不思議。
    いい具合にコク。

    きゅうり。あまーいもろみ。


    みずみずしいよ、口の中うるおいっぱなし。
    口の中、シャッキシャキだよシャッキシャキ。

    豚しゃぶとあわせていただく。


    夏、夏って感じ。

    記事の続きへ。

    ご飯、ちょっと残ったやつにたっぷり「マーボー豆腐」

    風味がたまらない、
    ひき肉が主役、お豆腐が食感とコクを裏から支える助演の名優。
    ひき肉の粒大きめなのがお豆腐のやわこさといい対比なのです。
    辛くはないけれど、鼻をくすぐる風味。


    ビールは3おかわり目。

    もぐ。

    あー豆腐すべすべ、ひき肉ごろごろ。


    ピンチョス。

    噛むと味が沁みてくるタイプのピンチョス。
    この角度で撮るとピンチョスの森林だぜ。

    お肉は土佐の地鶏のむね肉だぜ。
    もも肉のほうが好きですが、このきゅっとまとまった感じもよし。



    またおかわりするぞーっとまだまだ食べておりますれば、


    ビンゴが始まるのでした。






    結果。

    プレミアムモルツがいっぱいただで呑めるぜ!

    くー、「プチ晩酌セット」券というムシマルにうってつけの商品には手が届かず。


    もっとパスタを!肉を!
    どこかにあるはずだろう貪る有機物を!
    泡立つ黄金のしずくとともに強欲を恣にする!



    今更いいますが、
    ここのマスターさんはプレミアムモルツ、
    ビールそそぎから準備、グラスほかの掃除含めた一連について認定を受けた
    「樽生達人の店」。




    ビールは6杯ばかしいただいた。
    はー、おなかたぷんたぷん。




    二次会はチミ・ポンサに。



    そこで寝てしまい、寝ている間に落書きをされる。
    マジックで。油性で。




    怒っているわけではないんですが。
    部活の先輩や会社先輩とか気心知れた仲のじゃれあいとしてありと思いますが。


    だいたいの方が初対面か2回目にあった方くらいの
    (ムシマル的にはちょっと恐る恐るな段階の)集まりに、
    油性マジックで顔(だけでなく腕も)にやりたい放題するテンションは、
    まーまー引いております。

    うう、人との距離感がわからないよコワいよー。

    なんでしょうか、寝ちゃった方が悪かったんでしょうか。

    タクシーに乗って帰ったんですが上記顔の状態で帰りました。
    author:ムシマル, category:バイキング・ビュッフェ・食べ放題, 22:28
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 22:28
      -, -, pookmark
      0
        Comment









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1217