RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    すごろく はりまや町でぬくいんを!
    『すごろく』というお店には、前からけっこう行きたかった。
    DVC00523.jpg



    お店に入る。
    カウンターだ。

    あ、なんかトロフィーが飾られている。

    けっこうな、いい雰囲気。

    「ビールを」
    メニューをぱらぱら。
    迷っていると、大将的な方が声をかけてくれる。

    「予算を言うてくれたら、その中で希望に沿った食べ物を出せるきね」と。
    おお。

    ええと、えーと。
    「2,500円で。あ、このタマゴのやつをその中に入れてください」

    「お酒のつまみみたいなのがいいかねえ?
     ごはんをまだけっこう食べられるやったらそういうのもできますけんど」
    「ごはん食べられます」

    よし。
    ムシマルはまだ上手に注文できる気もしなくて、大人にお任せ。

    メニューを見ると、これがけっこう面白い。
    メニューの中におさかな紹介がある。

    全然知らなかった。
    ネイリって高知の地方名だったんですね。赤イサキも。
    ソウダカツオも、騒がしい多いと書いて騒多鰹と書くのか。
    勉強になるなあ。


    くじらのノルウェー風650円の説明表記が面白い。


    「脱脂粉乳を、飲んじゃおき
     そのくじらを一切れちょうだいゃ

     この味を知らんがは、
     運動会のフォークダンスのときに
     大好きな人の直前で音楽が鳴り止むのと、
     同じくらい非常に残念」


    【SMAPと6Pするより校庭で君と小指でフォークダンスを】
    (柳澤真実)

    と、柳澤真実の隠れベスト短歌を思い起こすようないいキャッチ言葉。


    そういうのでメニューを見ていると、一品目が。

    お刺身セット。
     
    おお、なんか彩りがきれい。
    白赤銀などなど。

    剣先イカと、土佐清水サバとクジラだそうです。

    剣先イカは塩でお食べくださいというアドバイス。


    珍しいね。
    おお、当たり前だけどお醤油と違う。
    こっちの方が純然とアテ!って感じ。

    あ、清水サバのお刺身いいですね。
    ぷにんとむちんと歯応え脂のっています。

    クジラはムシマル大好きまでいかないのですが、土佐っぽくてよかったです。
    お肉が溶けてくるとまた違う味わい。

    記事の続きに。

    また3品。
    かちわりくんと、アオサ海苔天ぷらと、ゴボウ天だったか。

    かちわりくんは、冷たい揚げもの。マグロのから揚げにタレをかけて冷凍したらしい。

    あ、間違えた。
    かちわり君じゃなくて「かちあげくん」でした。

    なかなか、このひえ冷えが、ほかの熱々と違った食感。
    夏にいちばんいいものをいただいている気がする。
    (2014年7月訪問)

    そして、アオサ海苔もおいしかったけれども、
    もう一品こっちを紹介したい。

    ごぼう天。

    かちあげくんの後に食べたから余計にかもですが、アツアツ。

    すり身から旨み肉汁が出てくる感じで、これはいいなあ、良い風味。
    ちくわとごぼうと、脇役扱いしていたら意外にもメインを食いかねない味がある。
    えーと喩えるとえーと、『龍馬伝』の弥太郎みたい。



    「お寿司は、すいませんねー、今の時期(7月)は何がオススメっていうのがないがよ」
    といわれながら出してくれたお寿司がこちら。

    焼きサバ寿司と、影に隠れてますが、ナガレコ寿司。


    ナガレコ=とこぶし。
    高級貝。


    ああ、撮ろうとしたらきれいに持てない。


    ぱくり。
    んー。あー貝だ。
    皿鉢に入っているあの貝をお寿司にしたみたいで、土佐人には親和性高いと思われる。


    そして焼きサバ寿司超あったかいの。
    うひー。うめー。

    刺身よりももっと旨みが極大化されて、もはや大砲レベル。


    そして、色々あって、けして腹ペコ状態からでの入店ではなかったムシマルに
    到来したもの。

    「ぬっくい玉子のおすし」。


    普通に頼めば650円だそうです。
    ああ。キレイだねえ。

    そしてこれも焼きたてで、あつあつ。
    少なくともムシマルは手で持とうとは思いませんでした。

    玉子から、すこーしだけ黄色い液がこぼれてごはんまで黄色く染まったその様子は
    菜の花畑のように童心に帰りかねない美しさがあったといえば信じていただけるかしら。

    明太子のせ×2とカニカママヨ入り×2にウナギ×1。
    タマゴはあっさりと甘い、旨みもあっさり入っている感じです。

    タマゴはちょっと濃い目のウナギといちばん味相性がいいかなーと。
    これ、単体でも満足感ありそう。




    たべたべに食べて3000円ちょい。




    この予算と希望を言って作ってくれるものや、
    お料理を半人前からでも頼めるこの親切システムは、
    半人前だけどいろいろ食べたい食欲一丁前、だけどケンカはからっきし三級品ムシマルには
    ぼっちりシステムであろう。


     

    高知県 ブログランキングへ
    居酒屋メニュー充実。グッドだね。
    スキ好きすき好き好きっスキ!アイシテル。
    すごろく
    夜総合点★★★★ 4.3

    関連ランキング:寿司 | 蓮池町通駅デンテツターミナルビル前駅はりまや橋駅

    author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 21:23
    comments(2), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 21:23
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        ここいいですよね〜
        17年くらい前、週2くらいで行ってました
        お任せでなんて頼んだことなかったです(^_^;)
        にゃお吉, 2014/11/18 7:17 AM
         おお、にゃお吉さんは大人ですねー。
         しかも週2!しぶいです。

         でもたしかに頻回に行きたくなる魅力があります。
        人柄がいい感じでした。
         次は自力でオーダ頼みたいと思います。
        ムシマル, 2014/11/19 10:18 PM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1184