RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    クジ&ダイスの旅 「土佐町・洋食」 解決編  「さんひるず」「地蔵庵」2014年7月 
    そんなこんなで土佐町到着。

    高知市から言うと、高速使って1時間ちょいくらいでしょうか。
    ムシマルは南国市から、高速使わなくて1時間ちょいくらい。
    一緒だね。

    途中、プラチナセンター前に白衣の方がいらっしゃって、
    あ、これはそういうあれなんだなと一人で合点が言ったものです。

    さて県外の方や県内でもあんまり高知県の市町村に詳しくないよという方に解説。

    土佐町は、嶺北地域に属しています、
    高知県内でいうと
    中心部より右上(北東)側で、もう隣は県外のよう。


    土佐町で検索したら出てくるであろう「中土佐町」は、全然違う場所。
    高知市よりも西に100キロくらい距離が離れています。
    「土佐市」も似た名前ですが、同じく中央よりも西。
    土佐町から60キロの距離。
    名前だけで近辺にあると思われた方もいらっしゃるのではないか。
    かく言うわしもその一人での。


    原付で行ける範囲しか行かなかった20代前半はあんまり町村名わからず。
    室戸貫歩したので、高知市~室戸市海沿い国道は完璧だったんですが。


    国道を大豊から左(北)に曲がり、本山町に辿り着き、さらに越える。


    土佐町初上陸。


    手前の本山町までは、仕事で行くこともあるんですが。
    逆に言うと毎回そこまでで、そこから先が気になってプライベート。


    事前情報は、ちょっとネットで調べはしたのですが
    ヒットしたのは「さめうら荘」とか「道の駅土佐さめうら」くらいか。
    あと古民家カフェもある様子。
    あまり情報が集まらなかったのです。

    さて、どんなになるか。
    記事の続きに。

    田井。
    ここが土佐町の目抜き通りかな?という通り。

    パチンコ屋や病院やコンビニやバスセンターなど、
    娯楽とライフラインが集中してある感じ。

    肉屋や焼肉店が多いように感じたのはムシマルの「土佐あかうし」イメージのせいでしょうか?

    そこを通っていると。


    「コーヒー・レストラン さんらいず」
    というお店を発見。

    周辺を1kmくらい車で通った限りでは、「洋食」っぽいところはこの辺にここかなーと思う。

    「ステーキ」、「ハンバーグ」
    そんなのでもあれば「洋食」要件を満たせるぜ。
    あか牛であれば名物を食べたことにもなるし。
    「ナポリタン」「オムライス」でも洋食クリアとなるし。


    ※そのあと散策したときに、カフェーを見つけました。
     こっちに洋食があったかも。


    お店。
    入り口を見る。やってるやってる営業中。
    朝から14時までやっているお店のよう。終わるの早い。
    どっちかって言うと喫茶店扱いなのか。

    入店。

    あ、中けっこう広い。
    ビアホールもイベントでやるくらいのスペースらしい。


    メニュウをって、・・・・・・あー!



    あれ、日本そばたぬきうどんカツ丼カレーライスしょうゆラーメン長崎チャンポン?

    思わず二度見。

    レストランなのに「和」と「中」推し。
    ええ、ええ!
    メニュー群の中にオムライスがない。

    店員さんはいかがいたしますかって感じでそばで控えていらっしゃる。
    戸惑いを足された焦り。
    そして、焦りはミスを生む。


    ムシマルの失策。
    メニューをよく見れば、上のほうに気づいたはずの文言を見逃す。

    文字サイズは小さいけれども写真付で、
    「ハンバーグ」と「エビフライ」があることに気づけたはず。
    ムシマルがそれに気づいたのは、注文したあとで記録用に写真撮ったあと。


    それは、つまり。
    ムシマルが頼んだものは。

    カレーライス!550円。

    ムシマルの内心で、

    (えーとえーと、カレーライス!横文字!)

    と飛びついたのですが、カレーライスを「洋食」といっていいか
    ムシマルテンパランス(さじ加減)でも物議を醸しているところ。

    インドで育まれ、イギリスがひろめ、日本がライスと定着させたメニュー。
    欧風ならセーフかな。でもライスでジャポナイズされているし。
    いやでもこれを和食とする人はいないよね。
    和製洋食、もしくは和製印食って感じであろー。

    迷いはとりあえずさておき。
    食べてみよう。

    どれどれ。
    ぱくり。
    うむ、あれ。
    意外にと言うと失礼ですがスパイシーさが予想外にくる。

    そしてルーがいい感じにどろっとべっちゃり。
    よく煮込まれていて水分が飛んでいる。


    サラダ付で、これで550円なら安いかも。

    完食。お腹が温かくなってきた。

    少し古いジャンプを読みながら、
    お店を出る。


    しかし、どうしようかー、
    ダイスの旅は自分だけで勝手に始めたルール、
    誰にとがめだてされるわけもないのだけれど。

    カレーを食のシルクロード、洋風と称することも可能ではあるけれども。
    カテゴリ「中+エスニック」の方がカレーにより適した分野であることも確か。


    開始数回で、グレーゾーンってのもあれだし、勝つなら徹底的に。


    ということでブロロロロロ。
    車で3分。

    「道の駅土佐さめうら」到着。

    洋食、洋食。

    よさく。
    どうやら道の駅内食堂名は『与作』という様子。
    ちらと表にメニューが出ているので、見るとラーメンその他。
    HPによると、うう!
    おんなじようにラーメンやカツ丼といったメニュー群。

    うむむ、
    と、そういえば調べたら近くにアイス屋さんというか甘味処というかがあった気がする。

    「地蔵庵」だ。



    バニラアイス300円。
    トッピングにチョコ+30円。ストロベリーソースも+30円。
    430円くらいでパフェも3種。


    どうしようかなー、ソフトクリームもパフェも間違いなく「洋」!
    これを頼めば面目が立つ。


    とか思っていると
    「お兄さん、ここのアイスはおいしいで」
    「僕もいっつもここでアイスを食べてしまうが」
    と、お店前の木目テーブルでソフトクリームを食べていたおじいさんに声をかけられる。

    ネックレスと帽子。サングラスはしていたようなしていなかったような。
    ジョギング者のようなラフ目の格好。ファッションが若い。

    ほほう、良い。
    だいたいオススメを素直に聞くムシマル、
    おじいさんが食べていたソフトクリームチョコソースがけをおいしそうに思い、
    ムシマルも頼もうとする。

    「ここのお店の人は、農作業しゆうときもあるきね、
     今やったら僕が注文したばっかりでおる気がする、よんじゃうき」
    と動いてくれる。

    何から何まで。

    注文。
    バニラソフト300円にチョコソースがけ+30円で。

    ぺろりーん。

    おお、これはいいね。
    チョコソースはソフトクリームの氷温に触れあっという間に固化、
    パリパリッとした食感が楽しめる。

    そしてクリーム本体。
    ひゃー、ソフトクリームが清らな感じ。

    地元れいほく高原牛乳を使われているそうですよ。

    最初にチョコソースの甘さがあったせいか、
    ソフトクリーム自体はむしろ口を潤してくれるような感じ。

    クリームの後味にのっぺり重い感じがないのはなかなかステキ。

    ぱくついていると、
    おじいさんが
    「ここはブドウも作りゆうがですよ、ほら(指さしてくれる)。」
    ほんとだ。

    聞くと(聞いたのはおじいさんで、聞かれたのはお店の奥さん)8月くらいから
    ぶどう狩りができたり道の駅で売ったりぶどうジュースにしたりするらしい。

    見せてもらう。
    おじいさんについていく形。
    おじいさんがいらっしゃらなければ、アイス食べてそのまま終わっていたであろう。

    ブドウ畑。
    品種とか全然知らないんですが、
    濃い紫色の果実ではなくて、淡いエメラルドグリーンの大きなやつ。

    その下にコケ・・・コケコッコー。
    鶏も飼っているのだ。

    上はブドウ畑、下は鶏飼い。
    生活圏の違いをうまくいかしている。

    ブドウは取り放題や普通の房売りにするほか、ぶどうジュースにしてお店で売るとか。
    鶏の卵はプリンパフェなどに使われているとのこと。


    このおじいさん、まさかムシマルにこの地蔵庵ひいては土佐町をPRするために
    召喚されたチェリーブロッサムかとムシマル疑う。

    と、ここのお店の奥さんが前駅長さん所縁の方であることが会話で出る。
    駅長って、道の駅のこと。

    アイスが、話を聞いているうちに溶けてくる。
    そういえば保存剤を使っていなくてどうとかって言われた気もする。
    溶けやすいかもしれない。
    バーベキューを夏はすることもある、そんな話を聞きながらあわてて食べおおす。

    あとは、
    地蔵庵を見学させてもらう。

    地蔵庵って、アイス屋さんではなく、もうひとつのほうだ。
    ここ地蔵庵には地蔵庵が二つあり、
    もうひとつの地蔵庵とは古民家である

    築300年の古民家。

    なんでか管理はアイス屋さんのほうの地蔵庵がしているようであり、
    お話の流れで見学させてもらえることに。

    見学無料。宿泊2,160円(8%税込価格)
    入らせてもらう。おじいさんと一緒に。

    写真ないけれど、うお、中広い。
    そして、落ち着く。

    布団はないらしいけれど、コンセントは入り口にあった。
    イス、テーブルあり。
    川が近いためか、ほかより少し涼しい。

    おじいさんいわく、「確か道の駅の食堂から出前ができたよ」
    「釣りや川遊びをしに、ここで彼女と来たらえいで」とおっしゃられる。

    はははと笑って、彼女いないんですよとは言わず。言えず。


    いやしかし、めちゃ安い。

    3泊しても6,000円で
    一泊分くらいのお値段。

    出た後で、おじいさんにここの古木を説明してもらう。
    鐘の吊り下がる朽ちた巨木。


    「生きてて1,000年、枯れてからも1,000年。
     2000年の歴史がある樹よえ
     この割れようは、雷が落ちたが」

    ほえーご神木とも違うかもしれないが、なかなかの異様にして偉容。
    かっこいい。

    っていうことを知り、おじいさんにお礼を言って去る。



    おじいさんは昔高知おまちでBARだかパブだかをされていたこともあるよう。
    だからナウいのか。
    author:ムシマル, category:高知県内クジ&ダイスの旅, 13:44
    comments(6), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 13:44
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        うそ、もしくはリサーチざっとしすぎ
        嶺北, 2014/07/06 11:05 PM
        末広ショッピングセンター隣のレストランですねd( ̄  ̄)Aランチ的なものもあったように思いますが、、、エビフライ、唐揚げ、ハンバーグみたいななかなかボリューミーやったと記憶しております。次はぜひ☆
        地獄庵のソフトクリームはタイミング合わずいけてないですが、やっぱりおいしそー(。-_-。)行かねば。。。
        土佐町、ぼっちり堂を「彼女」とともにいつか行くことオススメしますよ(笑)ケーキめさめさ美味しいし、里芋のピザもおすすめでーす。が、男1人では、行きづらいかな⁈と思います(^^;;
        ごん太, 2014/07/07 9:11 PM
         ごん太さん、どうもです。
         そうです末広ショッピングセンター?複合施設みたいな感じでした。
         そう!定食っぽいやつにハンバーグがあったんですよ。でもなぜか単品メニューよりも字サイズが小さく気づけませんでした(泣)。
         ぼっちり堂、ピザもあるんですね!そしてやはり男一人で行きづらいオシャレ空間なんですね。彼女かー……(泣)。
         ボケなのかもですが、地蔵庵が『地獄庵』に!一字違いが大違い!ですね。
        ムシマル, 2014/07/08 1:18 AM
         嶺北さん、ご不快な思いをされたとしたら申し訳ありません。
         ムシマル内でのリアルではあったんですが誤解を招く表現であったのも確かと思います。
         
         失礼しました。
        ムシマル, 2014/07/08 1:30 AM
        地蔵庵でしたね、、、私こそ失礼しましたー(^^;;
        ついでにサンライズね、サンヒルズは瀬戸のレストラン♡あそこもドリンクバーにソフトクリームがあったり、大人のお子様ランチ的プレートがあって好きです^_^
        嶺北、新規開拓期待してますよー☆
        あ、本山ですけど、ロフトはとり丼がオススメらしいです。
        ごん太, 2014/07/09 9:04 PM
         ごん太さん、どうもです。
         く、詳しい。
         改めてムシマル、嶺北はひばり食堂しか行っていなかったのだなと自分を見つめなおしております。

         おおロフト、道の前を過ぎるときにオシャレっぽいと思っていました。いいですなー。
        ムシマル, 2014/07/12 11:05 AM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1176