RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    新企画! クジ&ダイスの旅。 第1弾いの
     

    南国SA探訪記の企画をときどきしていたが、
    毎月2日の2割引きデーが終わったため、なんだか終わりになってしまいそうな雰囲気。

    SAお土産+ご飯シリーズ終了したのちに、
    ムシマルが一生懸命考えた新企画。

    もう仕事中寝ずに夜ぐっすり寝て考えた企画。


    それは、どこかで聞いた新企画シリーズ。

    「クジ&ダイスの旅」!!
    DVC00305.jpg
    狂言回しのムシマルです。
    京都旅行のお土産(食べ物)をかぶっています。

    それでは企画を説明しよう。
    ここに、一つの(ティッシュ)空き箱がある。
    そのなかに東洋町から津野町まで(幡多地区を除く)地域の名前を書いたくじを入れる。
    高知市のみは中心部・東部・西部・北部・南部の5つ。

    あとは簡単、くじを引いて出てきた地域に行って、そこのグルメを楽しむのだ。

    ムシマルブログが、どうしても自地域周辺ばかりになってしまう偏りを解消するのだ。

    さらに、グルメ訪問も運賦天賦に従う。

    ここで、サイコロの出番。
    サイコロには「和」「洋」「中ほかエスニック」「自由」「有名店」「麺」
    の6つが書かれ、出た目に従ったスポットに行く。


    のだ。
    神様の選んだグルメというわけ。
    もっといろんな場所の高知グルメを制覇したい。
    そういう思いのムシマルであった。


    論より産むがやすし。

    うりゃ。
    引く。
    DVC00306.jpg


    「いの町」の「洋食」!


    記事の続きに。
    いの町かー。
    最初にしては、いや最初だからこそ
    なかなかいいチョイスになったのではないか。

    胸に手を当てて考えてみれば、
    確かにムシマル、いの町で食事することほぼない。

    高知市のお隣ということなのに。うーん意外。

    『あなたは私の異国です』
    どっかで聞いたキャッチコピーが耳の奥から這い出る。
    片道1時間くらいのちょっとした旅。
    ボンボヤージュ。

    brororororooooo!
    クルマを走らす。
    この時点では特に目的地を決めていない。


    朝倉から,いのへ移動。
    線路と一緒に枝川付近を移動。
    んー、あ、和食だったらこのとんかつ屋さんに行くのだがなあ。

    過ぎる。
    ん!閃いた。
    ピザだよピザ。

    この辺になんちゃらガーデンっていうちょっと有名なピザ屋さんがあったんではない?
    (注:畑山ガーデンのこと)

    行く。



    が、パッと見でお客さんがいっぱいいた。
    駐車場もいっぱい。

    うーん引き返そう。
    引き返したところで視点が変わり、
    ガーデンにはちゃんと第2駐車場らしきものがあるのを目にする。

    いやいいか。いっぱいいるし。

    もう一回引き返すのもめんどいし。

    そうすると、どうしよう。

    いの町って広いんだよなー。
    吾北やらも範囲だし、天王ニュータウンもそうか。
    有名なカレー屋さんがあるんでしたっけ天王?


    迷った困った。恐るべし新企画。

    ・・・・・・・・・・困った時の公立施設。

    道の駅に。
    土佐和紙工芸村「くらうど」さんへ。


    なんかレストランがあると聞いていた。
    入店。


    あ、なんかイベントやっているのかな。
    この日4/20が川開き、カヌーイベント開きらしいことを後で知る。

    DVC00307.jpg

    入店。
    おしゃれスペース。
    和紙だけでなくカレーとかお菓子とか売っている。




    そして施設内レストランに。

    おお、向うにかっこいい古民家が見える。
    なんでしょうね。

    『おすすめランチ』950円を注文。


    洋風の権化たるスープとサラダが来やる。
    よーし。洋たるノルマ達成。


    うん、もろともにオシャレ。
    素材の味を引き出す系なのか、味は濃くなかった。


    そうこうしていると、パンとお肉が来る。

    『豚ロースのスパイスパン粉焼き
     トマトとブラックオリーブのソースJA工芸村温野菜添え』
    ムシマルが頼んだランチの詳細はそういう長名なものであった。

    あれれ、パンはやや小ぶり。
    空腹ムシマル(迷ったから時間が14時近い)にはすこしもの足りないか?

    でもパンがほの温かいのはうれしい。現金なものだ。

    ライスも選べたんだがね、パンのほうが洋風っぽいのでこっちをね。


    メインが来る。

    ふんふんきれい。



    来た時に店員さんに、あの古民家風は何ですか?と聞いてみる。
    ブログの記事にするからこそ、店員さんに聞く勇気が出る。
    なにもなしなら、とてもとても。

    店員さんの返答では、あの古民家は貸切やイベントの会場として使うのだとか。

    観光バスも来ているし、バスツアーの人用なんかに邪魔が入らないように建築物貸切にしているのだろうか。

    あ、香る。ハーブって、カレーみたいな香り。
    カレーと認識する香りの大部分がターメリックによるところなんでしたっけ。
    そんな感じ。

    お肉は美味しい。
    パン粉のガリガリ食感もいいけれど、
    お肉にもっと柔らかさがあればもっと感じ入るところがあったかもしれない。

    豚肉を噛むと、香りにしろパン粉の歯ごたえにしろ、ちょっと弾けるような感じ。


    う、野菜がうまい。マイタケやらをパンにつけても十分なあてになる。


    追加料金でコーヒーが飲めるが、それをせずともお茶が出てくる。



    お会計をする。
    ちょっと散歩。


    おうどんもあるのだ!そばも売っていたような、打っていたかどうかはわからないですが。

    500円しないくらいで食べることができたように記憶。





    お、くらうどにはホテルもスパも紙すき体験コーナーもあるらしいんですが、
    お風呂は温泉ってわけではない様子。
    さりとてただの大浴場ってわけではない。
    どうやら薪木で温めている節がある。
    燃料木を買取している。軽トラ1台分で2,000円。
    相場を知らないムシマルには高いんだか安いんだか。
    DVC00308.jpg

    バイオマスボイラーで沸かしているのだ。
    DVC00309.jpg





    カヌー?カヤック?ラフティング?
    ムシマルは完全インドア派なので、
    あと中耳炎にすぐなるのであまり水際のスポーツというかアクティビティをしたことがないのでよくわかっていない。


    「土佐生まれの高性能薪割り機」ですって。
    なかなかwood jobではないか。



    散歩は続く。どこまでも。


    おお、この角度から見るともしかすると風光明媚ですね。

    蔵があって、その蔵には雑貨屋さんみたいな感じになっていたよ。


    なんかのイベント(たぶんカヌー開き)で焼き肉している人々を見る。



    いつかムシマルもあの輪の中に・・・・・・。







    みたいな感じの「クジ&ダイスの旅」第1弾いかがでしたでしょうか。
    「越知町」「麺」が出れば自由軒に行けるなーと思いながらほのほのしております。
    月1くらいかそれ以上のテンポで行けたらなーとも思っております。




    高知県 ブログランキングへ
    だいじょうぶ急ぐ旅でもないのだし急いでないし旅でもないし(宇都宮敦)
    まあそんな旅をね、悪くないと思われるのでしたらね、一票どうでしょうか。
    author:ムシマル, category:高知県内クジ&ダイスの旅, 23:21
    comments(2), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 23:21
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        面白いシリーズの開幕ですね♪
        今後の展開を楽しみにしてます。
        工芸村には時々行くんですが、
        レストランは入った事ないっす。
        ウマそうですね(^O^)/
        ふぉん, 2014/05/12 7:13 PM
        ふぉんさんどうもです。いままで行った道の駅っぽいところでは一番ナウかったです。
        サイを振り、次回はすでにK市に決定しております。よろしければご覧ください。
        ムシマル, 2014/05/14 5:53 AM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1105