RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    ひばり食堂 しゅわんぼう丼800円(大盛り不可)
    ひばり食堂に、一年ぶりに行く。

    昨年のものは、ムシマルの敗北記はこちら

    いやーこんにちは。

    クルマでゴトゴト1時間足らず。


    時刻は14時半過ぎ、ちょっと遅め。
    入店時のお客さんは2組で、その方々ももう終わりそう。

    気兼ねあんまりなく写真撮れそう。


    いっぱいメニューがある。
    記事の続きに。
    ムシマルはカツ丼は前回のやつで
    もう満杯になった。
    しばらくはカツ丼いいやーというか、残してしまった自分を恥じるというか。

    ということで、カツ丼以外を。

    で、この辺り。

    イノシシがある。
    しゅわんぼう丼800円にいのしし焼き肉丼700円に大杉しし肉鉄板うどん600円。

    はやりの横文字でいうと、ジビエ。
    ジビエ好きのムシマルと珍しメニュー好きのムシマルが交差するとき、

    「すいません、しゅわんぼう丼を」
    イノシシの絵があるし、イノシシ肉カツ丼みたいな感じか。

    そも「しゅわんぼう」てなんなのか?
    食べ終え帰ってからネットで探してみるも、「しゅわんぼう」で検索して出てきたのは
    ここひばり食堂のこのメニューのみ。
    下にスクロールして行っても「シュワン細胞」っていう難しそうな単語が出てくるのみ。

    んっふっふ。わからないですねえ。
    単語感から見ると「うり坊(イノシシのこども)」の地方名というかこのへんの言い方なんでしょうか。

    あ、忘れてた。
    「大盛りでお願いします」

    店「すいません大盛りはできないんですよ」
    あれ?
    このメニューがそうなのか、

    それとも本来はできるけれど
    時間帯による食材有無や仕入れ量のせいなどのタイミング的な問題でできないのかわかりませんが、少なくともこの瞬間のムシマルオーダーでは大盛りはできませんでした。

    まあいいか。

    マンガコーナー。前回と棚の中身が替わっている。
    『世紀末リーダー伝 たけし』を読む。
    うーん、とりあえず勢いはある。

    あ、きたきた。
    ビジュアルはカツ丼風。
    少しお肉部分がカツ丼よりも茶黒っぽいか。



    普通盛りでも一般店では大盛りクラス。
    800円ならまーまーありうる。

    そう、ひばり食堂は確かに大盛りの名店でありますが、
    ムシマルはここのお店の真の恐ろしさはどちらかというと
    量の増加率と、それに較べて明らかに緩やかな加料金量と思われます。

    平たくいうと、すごくボリュームが増えていくのにお値段はちょっとしか変わらない。

    カツ丼で言いますと
     普通盛り  ごはん1合    カツ2枚くらい
     大盛り    ごはん2合    カツ2枚くらい? タマゴ4~5個くらい
     倍盛り    ごはん6合前後 カツ4枚くらい? タマゴも10個以上

     で、お値段が
     普通盛り  700円
     大盛り    850円
     倍増   1,000円   という、150円刻み。


     特に大盛り→倍増は150円でごはん4合、カツ2枚、タマゴ5個くらいと、
     明らかに赤字。

     いやはや、とんでもない。
     あなたが神か!聖人か!みたいな。

     おかげで、っていうとあれですが大豊には
     大田口カフェ?とか四季彩館?でしたっけ、けっこう評判を聞くお店があるのにここばかり。


     みそ汁ずずずー。あー大根に汁の味がしっかり映っています。



    お肉部分をつまむ。
    がじゅ。

    おお、肉汁があふれ出る泉。

    イノシシ肉のメンチカツの様子。
    ああ、気のせいか普通のメンチカツより香りがつおいような。

    ただ肉汁だけが、我らに獣の存在距離を示してくれる。
    山野を駆け巡る生活、本能に忠実な運動、なつかしい狩猟、それらのもののありかを今僕らに示してくれるのは、実にこの肉汁だ・・・・・・。



    ひばり食堂のどんぶりものの特徴としては、やや汁気が多い。

    大盛りなんかを食べるときには、
    底の方をお粥というか雑炊感覚でかっ込めてそれはそれでメリットありますが、
    お味自体なら汁気少なめの方が好きかもしれない。



    完食。


    初大盛りでなかったので、
    お腹に多少の残余を残して帰れる。

    帰るころには店員さんがまかないっぽいものを食べていました。

    次のときにはイノシシシリーズか、
    みそカツラーメンか焼き飯か・・・・・ううんわかりません。
    author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 17:19
    comments(7), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 17:19
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        この丼にはどんなドラマが潜んでいるんだろう?
        しゅわんぼう丼という名前に
        想像力がかき立てられます。
        何回かヒバリに行っているんですが、
        全然気付いていませんでしたw
        今度行った時はチャレンジしますね!
        ふぉん, 2014/05/26 7:29 AM
        猪系統は、大盛りできない感じですね。
        以前に、猪焼き肉丼の大盛りを注文しようとしたのですが、断られました。

        そういえば、「倍増」って復活したのでしょうか?去年の年末頃でしょうか、確認したら、「残す人が多いので、しばらく中止します。」と言われました。まあ、あのボリュームで、あまりコストアップしていないので、仕方ないとは思います。
        あ、「倍増」が復活していたとしても、私には無理なのでムシマルさんの再チャレンジに期待しています。(^.^)
        ぱる, 2014/05/27 12:13 AM
         ふぉんさんどうもですー。
         ネーミングの由来はわかりませんでした。しゅわんって、手腕?とか確かに空想は膨らみますね。
         カツ丼よりも風味があるけれどあっさり食べやすかったです。ぜひぜひチャレンジされてみてください。
        ムシマル, 2014/05/27 9:43 PM
         ぱるさんコメントどうもです+情報提供さんくすです。
         そうなんですね猪系はできないの残念です。猪焼肉丼も猪肉焼きうどんも大盛り食べたかったなー。
         倍増しもお休みされているのか。うむむ悲しいですね。多少値上げしてもいいのでボリュームを維持してほしいなー。
        ムシマル, 2014/05/27 9:51 PM
        ご無沙汰しちょります。

        気にはなってたんですが、いのしし焼肉丼へついつい(笑)
        しゅわんぼう焼肉丼とは、書いてないので、大豊でのウリ坊の呼び名かもしれんですね?
        こないだ行ったら、駐車場も構えて、中のおばちゃん(お姉さん)も変わって、おまけに、単品の手羽先が無くなってて…
        すごいジューシーな手羽先やったんで、残念です。
        帰りは、たいやき食堂で「きなこソフト」でしょ!
        超級マリオ, 2014/06/04 11:18 AM
         超級マリオさんおひさしぶりですー。
         『しゅわんぼう』っていう名前が良いですよね。
         あれれ、けっこう変更があったのですね。

         たいやき食堂!タイヤキよりもソフトが有名という。まだ行ったことないんですよ。ソフトのおいしい時期になりつつあるので、行ってみたいです。
        ムシマル, 2014/06/04 9:42 PM
        とても魅力的な記事でした。
        また遊びに来ます!!
        添え状の書き方, 2014/08/12 11:39 AM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1022