RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    ランキング オブ ザ 呑み ベスト10
     ブロガーであることを世に打ち出して、
    職場の人に公表するほどでもないですが聞かれて隠さなくなってきた今日この頃。

    食べ物系ブロガーのみなさまが
    みな聞かれ、悩むのではないかというのが、
    「おすすめのみせどこー?」

    そう、うーん、
    でも他のみなさまはどうかわかりませんが、
    ムシマルはとっさに出てこないタイプの人間。

    最近どこに行ったなどなら答えられなくもない。
    でも、あんまり優劣をつけられていない。

    どっちかっていうと珍しめな料理を頼むので、
    スタンダードな、というか
    共通見解の秤で較べられない。

    うーん、悩みながらも
    無理やりランキング。
    あと、どうしても記憶鮮明度の差で、最近のものの方が評価高め。


    基準としては、

    「そこそこ予算で一次会、
     十人未満くらいで呑む場合にいい感じの店」
    みたいなイメージ。
    コースの有無は知らない。
    で、食べ放題は除けております。
    食べ放題ありにすると、偏ってしまうから。

    メニューの珍しさはあんまり重視していしないオーソドックスタイルです。


    10位
    駱駝
     記事はこちら
     『辿る』というお店と、ムシマルの中で競っていたのですが、
     個室がある差で、勝ち。
     ムシマルは耳が遠くて声がこもりやすいというウィークポイントを抱えているため(48の殺人ウィークポイントの一つです)人たくさんである宴においては、半個室っぽいところがいいなあ。
     個室でなくてもいいけれど、やんちゃ大学生グループの隣だとムシマルは支障が出ます。
     あと、レタス鍋。

     でも『辿る』は料理が華やいでいたなあ。



    9位
    風待食堂
     ワインとかビュールガルデンビールとかあるので女性向けなのかなーって気がします。
     ワイン飲み放題みたいな注文もできたような。
     シチューのパイ包みとかソフトシェルクラブとかナウいですねえ。
     食べてないので詳細知らないけれど、「わらじメンチカツ」とか「豪華かっぱ巻き」とかあるみたい。





    8位
    西村商店
     意外と、っていうと失礼ですが、
     コース料理が豪華でした。
     このムシマルが、お鍋を食べきれませんでした。 
     ピザなんかオシャレなやつもあるので、しかもそれが釜から焼いてくれる本格派なので、
     若者にもいい感じなのではないか。
     記事はこちらで、貸し切ってどんちゃんやっちゃいました。
     ランチもあったよ。
     DVC00809.jpg

     記事の続きに続く。
    7位
    テンダーフィーリング 
     近場なのがムシマルプラスポイント。
     たまたまなのか、コースにはお肉が多かったような。ステーキに唐揚げ。
     お肉好きにはたまらない。
     個室はないけれど、2階とかあるので落ち着いた会話もしようと思えばできる。
     
     炊き込みご飯も一人2杯分くらいあったよ、モリモリ食べたよ。

    6位
     花ころも 高知市
     フラワー!記事リンクはこちら
     県外人にもよろしいのではないでしょうか。
     なぜならタタキがカツオがしお・ポン酢・みそと3種。
     他にも確かクジラにチキン、うつぼもあったか?いろいろあったような。
     地産地消の店マークがあって安心。
     さらに、「吉田類が来た店だよ」って言えば全国80,000,000人の吉田類ファンがあれするのではないか。

     大学生とかキャピキャピオフィスレイディオよりは額にネクタイを巻くようなサラリマン向けな気はします。


    5位
    しゅん
     ムシマル記事リンクはこちら
     連れてってもらいましたが、あとでネット見るとけっこう評判なお店みたいでした。

     ほのあたたかいカツオタタキは、間違いなしに美味しかった。
     記念撮影とかもこころよくしていただいて、非常になごやか。
     お魚もいいけれど、黒いたまご焼きが侮れなかった記憶。
     

    4位
     焼鳥家
     記事リンクはこちら
     おいしさはもう、抜群。オムライスもあるし。

     昇段試験であれば6人抜きレベル。
     ビールのアテ度がすごい。
     ※柔道の昇段試験では、普通ならコツコツポイントためないといけないところを
      6人抜きすると『抜群』といって一気に段が貰えた。今はもうない。
     一回しか行ったことないんですが、平日なのに待ち時間とか混み具合とかすごい。
     人気の証といえるし、逆に行きづらいともいえる。混んでて入れなかったときに葛島だと選択肢が少なめ。
     要予約です。


    3位
     風月 南国市

     オシャレ度もなかなかな南国市の呑み屋ストリートのお店。
     
      記事はこちら
     ここも個室があってプラスポイント。
     ここのおすすめは「刺身田舎盛り」2000円。ボリューミーでした。

     ミニ(ミニでもないかも)皿鉢みたいな感じです。


    2位
    ス・ルラクセ。
     ムシマルの最頻立ち寄り呑み屋さん。
     でも9割一人だから、逆にコースをあんまり知らないのです。
     過去に1度パーティー的なもので、さらに1度は周年記念会みたいなものに参加。

     あかうしやら高知野菜のほか、
     のみものも日本酒からお茶まで充実。
     チョコやケーキなんぞもあって、だからお誕生会使いなんかも可能。
     あんまり通常コース、複数の身では使ったことないけれど、いいものだ。
    DVC00666.jpg


    1位
    菜縁
     ここも個室がけっこうあったような。二人個室とか。
     記事はこちら
     お野菜の「菜」の一字があるように、野菜メニュー豊富。
     これも喜ばれるのではないかヘルシー志向の人々に。
     カツオの塩タタキあるんですが、
     お塩が抹茶塩・梅塩はじめ6種くらいの塩で出てきたのはびっくり。
    DVC00137.jpg
     1位になった要因としては、前述通り
     〇個室がある。
     〇コースもある。
     〇カツオタタキも凝ってるので県外客にも良さそう。
     〇野菜も甘いものもあるので、女性受けもしそう。
     〇珍し料理(大根天ムスなど)があるので、ムシマルも喜ぶ。

     と、使い勝手の間口の広さで1位に。
     個人的好みなら別かもですが、加点式ならこいつが1位。


     そんなこんなでした。
     





    とりあえず厳密ではないけれど、
    暫定でこんな感じ。



    「パンダ屋」さんや「お箸の国」「つづき」等は好きだけれど、
    キャパがあんまりわかっていないのだ。
    どっちかというともっと少人数ぶらり用なイメージなのだ。
    そういうランキングをした時には上位にきます。

    あと、食べ放題有りにすればムシマルはEZEが上位に来るだろなと。
    意外と個室もあるのですよエズ。


    author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 22:17
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 22:17
      -, -, pookmark
      0
        Comment









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1006