RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    幡多旅行改め大月大食い “大月のうまいもんを食べつくせ” 「マグロ天使、握り悪魔」
    決勝に移る前に、
    ムシマルのモチベーションを説明しよう。


    ムシマルは、簡単に言えばもう目的を果たしたも同然だった。


    優勝自体に魅力がないわけではないけれど、
    どっちかというとおいしいものが食べられれば満足。
    そういう面では割と主義一貫しているのではないかと自負している。

    だから、お鍋が食べられる2回戦までは行きたい、
    願わくば、お寿司の食べ放題ができるところまで行きたい、
    決勝戦まで進めればいいたいというモチベーションでありました。


    そして、その目標かなってここにいる。
    決勝の6人にいる。


    お寿司が、ちらりと見える。
    どきどき。


    と、町長が現れる。
    高知家のピンバッジをしていたようにも思う。
    いよいよ大月町のうまいもんを食い尽くした男(1名女性も残っているので、ないしは女)が決まると聞いて、
    駆けつけてこられたのだろうか。


    そして、準備が完璧に整うまでの間、司会おかあさんがトーク。
    「町長一個試食されますか?」

    ああーっと、まさかの!
    あーんとみせかけての司会おかあさんがパクリ!

    よく見るやつではある。
    でも、まさか町長相手に!!

    とかなんとかドキドキしていると、その後は
    無事に町長さん、あと観客の中で今月誕生日の人一名にも試食され、無事に試食タイム終了。

    そして準備も整ったようだぜ。

    記事の続きに。
    中学生2人、女性一人、佐川かどこかの男性一人、広島県男性、そしてムシマルの6人。

    それがスターティングメンバーだった。
    いや交代とかはないけれど。チーム戦でもないけれど。

    醤油皿。
    お箸。お箸は使っている暇ないのではないか、司会おかあさんの言葉。
    お茶。「四万十のお茶」。地産地消。
    喉が詰まった時とか用に飲むやつだ。

    これらが一人ひとりに用意され、あとは、
    あとはお寿司だけだ。

    DVC00909.jpg


    ムシマルにはもう焦りはないはずであるが、
    それでもこれから5分ですべてが決まると思うとドキドキする。

    5分。そう5分。
    6名に優劣、順位が付けられる裁きの5分間。
    300秒でけりをつける。

    少しまとめると、
    ○寿司は一人百貫用意している。
    ○一皿2貫。
    ○制限時間5分の間に、一番たくさん食べた人が勝ち。
    ○一選手につき一人、後ろに役場のおねいさんが付き、
     わんこそばみたいな感じでお寿司おかわりを置いてくれる。


    司会おかあさん
    「(後ろに付いてお寿司を出す人達には)若い人たち、一部若くない人もいますからね」
    「独身の方もいますので、みなさんよく見てください」
    参加者いじりだけでなく、スタッフいじりまで。
    どういう才能の持ち主なのだ?この司会者は?

    という思索の間に準備は整う。

    それでは、スタートぉ。プァーン。


    ぱく。
    う、うまーおい!


    ダメだあーーっ!!
    どーしてもカオがユルんじまうっっ!!!



    寿司には赤いネタと、それよりはピンキッシュなネタがある。
    赤い方はそれこそ赤身?弾力がある。肉厚だ。

    むごんむご。

    そしてピンクの方は言葉の厳密な意味において溶ける。
    よくグルメリポーターが言う言葉、溶ける。
    実在したのか。

    これはトロみたいな部分だろう。


    どちらの種類のお寿司もおいしい。むしろ2種類楽しめてハッピー。

    ムシマルの欲望充足に非常に十分な、魔力を備えた寿司群!
    いくらでもいけそう。

    次が来る。
    次を取る。

    もぐ。
    うまーおい。
    ペースが知らず、上がる。

    まったく こんなトコで飛び出しちまうなんて、
    メいっぱいガマンしたほーがゴチソーはうまいんだぞ

    もっともっとハラすかせろよ!!

    ほかのこと考えるなって・・・・・・

    ああっ バカッ!!

    もーダメだ
    しんぼーたまらん

    ここまでガマンしたんです
    神様 どうか・・・・・・
    踊らせてくれ…!!!

    『シャカリキ』(曽田正人)よりオマージュしてしまいました。

    あーしあわせ。
    今がノーヒットノーランだなこりゃ。
    どうやら適当なことを言っているようです。

    手が中尾彬みたいな感じになる(どういう状態か自分でも書いていてよくわからない)。

    はあ、うまい。

    うん、おいしい。

    こりゃ、いける。

    と、異変が。
    飽きたわけではない。

    全部赤身であったら飽きたかもしれないが、ピンク部分のネタも来るので(必ず赤身1:ピン組1という比率ではない)変化はあって、全然お味的には飽きない。


    ちょっと冷えてきたのだ。
    シャリがけっこう冷たい。冬だから、10度未満だから常温がすでに冷蔵庫気味。
    ひょっとしたら主催側も安全(菌増殖防止)のために、ひやいところにおいていたかもしれない。

    (お茶も冷たいやつだし、また冷えてきたな…)
    ただ、それは大きな問題ではない。少なくとも今は。
    温度がやや奪われているだけで、食事には問題ない。


    「今のところは、○○さんけっこういいペースですよ、あ、ムシマルさんも同じくらいでしょうか」
     どうやら、司会の声を聞く限り、トップグループにいるようではある。

    ただけっこうダンゴの様子。
    自分の皿数も、相手の皿数もよくわからない。
    いや、自分のは数えればわかるのだが、そのヒマがない。
    いま10皿くらいか?

    ならば、
    ダブルスネークバインド!
    説明しよう、ダブルスネークバインドとは両手でお寿司を持って、一つを食べている間に、もう一つをお醤油に漬けたりする高等テクニック。
    欠点はそんなに意味がないこと。

    にゃろう、
    ダグラスサイドワインダー!
    説明しよう、ダグラスサイドワインダーとは、腕を口と別人格にして、
    まるで二人羽織のように口のほおばり状態に関係なく寿司ネタを規則的に口に突っ込む禁断の行為。機械的なまでにマイペースであるために有効かと思った。
    欠点は逆に食べにくい。

    ちらりと横を見る。
    ええーと、やっぱり誰が1番で自分は何位かはわからない!

    「あと30秒です!」タイムキーパー係の人(ここにきて新キャラ)が言う。
    ムシマルは、なんかちょっとペースが落ちていた!
    お口の中が渋滞中、ダグラスサイドワインダーのせいかも。

    よし、あと一皿。
    一貫食べる。今も今でもおいしい。
    一貫。もぐもぐ。
    DVC00913.jpg
    まだ一皿いける?
    カウントダウン!
    もぐもぐ。えい。
    お口の中に詰め込む。

    終ー了ー!

    さあ、果たして結果は?
    いきなりムシマルからお皿数のカウント。
    つまりはテーブル左から順に右に行く様子。
    「1・2・3・・・・・・15皿です!」わー!(観客)つまり30貫!
    いい記録なのか?

    次。
    隣の、広島県参加者・・・「13皿です!」
    ライバル(勝手にライバル視)キャラに勝った!
    よっしゃ。

    中学生A・・・・・・、「17皿です!」
    え?
    女性・・・・・・「13皿です!」
    中学生B・・・・・・「5皿半です!」
    佐川に名を残す!さんは・・・・・・「15皿!です」

    つまり、1位は中学生Aさん!
    な、なんだってー!
    ダークホースだ。ノーチェックや!

    こんなところにこんな才能が!
    その時のムシマルは、ウーブを見出した孫悟空のような気持だった?
    まったく、ニュージェネレーションだぜ。

    うーーん、早食い自体は多少モグモグ口に詰め込み過ぎた時はあっても、
    あと、特に味を楽しんでいた最初があっても、
    5分のあいだに2皿(4貫)も差がつくのか・・・?

    そう、ムシマルちょっとそのへんを驕っていたというか、
    止まらずに食べ続けていれば勝てると思っていたが甘かったか。
    でもあんまりあれ以上早くても口の中で詰まるタイミングも早まるしなー?
    と、ひとり感想戦を脳内でしていると、

    2位決定戦。
    ムシマルと佐川?の人は同点15皿なので・・・・・・じゃんけん勝負!

    いろいろあってムシマルがチョキで勝つ。
    ムシマル2位
    佐川の人、3位。
    次は女性と広島県民が13皿。
    同皿だったらレディーファースト、ということで女性が4位。
    で、5位が広島県参加者。
    6位が中学生B。

    2位、準優勝か。
    満腹の大食いブロガー、
    いや
    ムシマルは思う。
    神様 やっぱりボクは戦いをする人間ではないのですか?

    それじゃあ この胸の奥から燃え上がるものは何なんだ!!
    熱いよ!!今すぐ吐き出さなければどうにかなってしまうくらい!!

    熱くて…ああ 死にそうだ!!!
    (こちらも『シャカリキ』オマージュ)

    (来年もこの感じだったら、食べ方次第で行けそうな気がしなくもない……)
    闘志が燃えるべきか燃えつき終わるべきか、まだ判断つかない。


    さて、エンディングとして、表彰式。
    町長手ずから表彰してくれる。
    DVC00910.jpg
    一位の中学生には、表彰状と、山盛りの特産品。2万円相当と聞いた。
    自転車で帰らねばならない少年にはやや、というかムチャきつい。




    2位のムシマルは、準優勝の賞状と1万円相当の賞品。
    やったぜ!

    3位5000円、以下だんだん副賞はさっぱりとしてきます。

    けっこうずっしりな副賞を車に積み込む。
    DVC00920.jpg


    ふう。
    見ると、どうやらいつのまにかD1グランプリは終わっている様子。
    どのドンブリが勝ったのかわからずじまい。

    残念。

    エピローグ
    売店でソフトクリームを購入。


    晩柑(ばんかん:これも大月名物らしい)味と、ほか3種ほどあるなかで。


    買いながら、昨日申込を受けてくれた売店メガネおねいさんに
    「準優勝しましたー」と報告。
    「よかったですねー」
    無理やりねじ込んでいただいた分の働き?はあったか?

    ではさらば。
    で、このあと幡多旅行△「いろりや帰りうどん」につながる。
    うどんなら行けるって、思って、そして実際行けたのだ。



    追記:
    申し訳ないです。
    「四万十屋」さんや「ハタズキッチン」など、コメントでみなさんにおすすめを言っていただきましたが
    一日目ムシマルの目当て、二日目大会参加でムシマルの胃に余裕がありませんでした。


    ほかにも四万十町の豚どんぶりとか、中土佐町のスープカレーにも惹かれていたが、
    お腹の量的にはもうだめだと思ってしまうことよ。

    また次回幡多へ行く際には攻めたいと思います。


    休憩や下道を行き、17時ごろ帰宅。

    ムシマルは来年どうするのか?
    そもそも来年もあるんでしょうか?

    すぐ 走り出すさ……!!

    来年何やってるか わかりゃあしねえけど

    金欠で食うにもこと欠いているかもしれねえけど

    だけど12月は
    必ず12月はここに来るんだ!!!

    (こちらも『シャカリキ』オマージュ)


    とかはあんまり思っていないのでした。
    ひと満足したし、また次回近づいた時に考えます。
    そもそも来年あるんでしょうか?
    でもムシマルのプロフィール欄に「準優勝者」とか書けるようになったのは良かった。
    author:ムシマル, category:バイキング・ビュッフェ・食べ放題, 21:01
    comments(8), trackbacks(0), pookmark
    0
      スポンサーサイト
      author:スポンサードリンク, category:-, 21:01
      -, -, pookmark
      0
        Comment
        準優勝おめでとうございます〜
        しかし優勝は、中学生ですか!?
        確かに学生時代が一番食べれるかもw

        そう言えば、シェ・モンペールのグリーンカレーは食べれたんですっけ??
        にゃお吉, 2014/01/13 7:25 AM
        すごーい\(^o^)/
        私も行ってみたいと気にはなっていましたが、今の環境では大月までの移動と、すぐ胃が圧迫されるしー。ごん太早食いは全然やし、ってことで、だんなからストップかかってました(涙)
        うらやましすぎます(@ ̄ρ ̄@)
        ごん太, 2014/01/13 7:41 AM
        準優勝おめでとうございます♪
        ワクワクしながら読みました。
        私もやりたくなっちゃうけど、
        一回戦で負けちゃうかなぁ〜
        ふぉん, 2014/01/13 7:14 PM
         にゃお吉さん、どうもです。
         あの子は今からムシマルが鍛えれば名のあるバイキンガーになるポテンシャルを秘めています。

         シェ・モンペールは、一回行った時に時間帯のためにグリーンカレー出してなくてアクアを楽しんでそれからまだです。片道一時間で一回失敗するとちょっと行きづらくなっていますが、また行きたいですねえ。
        ムシマル, 2014/01/13 8:53 PM
         ごん太さんどうもです。
         そうそうなんか大盛り食べた時の記事に、12/22の大月にっていってくださったのごん太さんでしたっけ。
         おかげさまでこんな感じです。
         今年は出産とかで大変かもですが、またチャンスがあればぜひぜひ。
        ムシマル, 2014/01/13 8:56 PM
         ふぉんさん、どうもです。
         次回はわかりませんが、参加費無料でしたし、ぜひぜひ。「参加することに意義がある」って偉い人かはわかりませんが誰かが言われていた気がします。
         まわしものではありませんが、見に行くだけでもぜひぜひ。
        ムシマル, 2014/01/13 9:02 PM
        かなり遅くなりましたが、おめでとうございます。
        今年もよろしくお願いします。
        若さに負けた?(笑)
        あ!あの食品団地のバイキングですが、金曜日はミニ麺バイキングやってました。
        らーめん、うどん、そば選んで、おかわり自由。あとお惣菜バイキング(小規模)。500円でした。
        超級マリオ, 2014/01/15 4:06 AM
         超級マリオさん、おめでとうございます。
         2014年はジューシーな一年でありますように。
         
         そうですね、若さに負けました。あるいは一途にひたすらに寿司をかっ込めていたら勝負は違ったかもわかりません。その差が或いは若さなのかもしれぬと思いました。

         ミニ麺バイキング!有力情報をありがとうございます。
        思うがまま麺を啜れるとは!
        ムシマル, 2014/01/15 9:19 PM









        Trackback
        url: http://matsumura1214.jugem.jp/trackback/1004