RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    さぬき岩蔵 うどん なすみそキムチ
    さぬき岩蔵に行く。
    注文。

    どうしようか?

    うーん、とんとろぶっかけかなすみそキムチ。
    DVC00676.jpg

    きょろきょろ、肉系でほっとこうちで見たものがあったような。

    まあいいや、この日は、
    うーん。

    ナスたべたい!

    ナスみそキムチの+1玉で二玉。
    DVC00675.jpg
    きた。
    彩りはかなり、よい。
    基調の白、中央の緑、奥に鮮やかな橙、手前に黒っぽい紫や茶色。

    麺リフト。
    DVC00677.jpg

    おみそのちょっとした甘さ、あとはみなちょっとずつスパイス。
    完食。
    DVC00678.jpg
    710円とかそれくらい。

    最後に店長さん?に聞く。
    「あそこの何玉たべた誰々さんっていうのが壁に書かれていますが、
     どういうことですか?」

    答え。希望をいえば書いてもらえるらしい。
    最高11玉とかあるらしい。すげえ。
    author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 13:57
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      桂浜から割と近い!うどん屋「ささ家」
      昔のはなしですが、「ほっとこうち」2014年8月号はうどん特集でした。

      ボリュームあってよいところだよということが書いてあったようである。
      行ってみる。

      2014年夏にいったのです。


      桂浜より車で5分くらい?

      サンゴセンターがすぐ隣にあるので、
      観光立地的にも良い気がします。

      前はコンビニだったのか?みたいな四角い箱物な建物。

      おいしくいただきたいぜーと入店。


      入り口すぐ近くに、
      「そふどん」とある。
      「つるっとしたおうどんにソフトクリームのせてみました!」とある。
      甘栗むいちゃいました、に匹敵する勢いである。

      うーむ、ちょっと興味ある。
      でも香川でもうどん入り醤油出汁付きソフトクリームを購入したことがある。
      そういう系統かなと思って今回はパス。
      ただ、珍味好きムシマルのこころには、どこか引っかかるように残っていた。

      セルフではなく、店員さんに注文して持ってきてもらうタイプの一般店。




      食べ終えた食器は返却口に返すくらいのことをしなければいけないが。

      五目うどん、すじ煮込みうどんが単品で一番高い気がするそれでも680円。




      珍しい感じのものは、ないかな?とメニューをぱらぱら。

      お、「ざるすだち」400円。
      タレというかつゆが2種あるんだって。


      大盛りは100円増し。


      ざるすだち大盛りを注文。500円

      ジャンプサンデーマガジンが置いてある。
      5週前のジャンプを読む。
      まだ『ハンター×ハンター』連載している頃だ。


      来た。


      お、おおう?
      映っていますでしょうか、表現できていますでしょうか。
      麺が、細い。

      素麺界では太いことで有名なやつは、半田素麺でしたっけ。
      それよりも細い気がする。


      ゴマダレをつける。


      ん、酸味。まったりとした後で酸味が来る。

      こちらは黒い、いわゆるざるうどん的つゆ。

      スダチはこっちに絞るみたい。
      「ざるすだち」って名前から判断すると、
      メインはこっちで、ゴマダレはあくまで変化球というかサブなんでしょうか。


      ちゅるうっるー。
      あー吸い込まれるように入るね、
      細くしていただいて、吸収もしやすい。

      意外とぺろり。


      お寿司や天ぷらのオプションすればまた満足度も違うかもしれませんが、
      もっと食べてもいいなと思えるくらいぺろり。


      「ざるすだち」にだけ細麺ってかいてあるので、ほかの麺はもっと太いのでしょうかね?
      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。



      未確認です、気になります。
      author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 21:21
      comments(0), trackbacks(0), pookmark
      0
        お遍路さんおいでよ!土佐市のうどん屋「清瀧」
        土佐市高岡のお遍路寺『清瀧寺』、
        それを擁す清滝山の麓っていう言い方が良いんでしょうか、
        山登り口ちょっと手前のまー入り口ですかね。

        そこにあるおうどん屋さんが『清瀧』
        「おもてなしステーション」って貼られているように、きっとお遍路さんの癒し休息スポット。




        場所がけっこう独特で、
        高速道路のカーブ内側にあるような立地のために、
        視界200度くらいに高速道路の高架が見え、
        なんとなく囲われているかのような気分になるのはムシマルだけでしょうか。

        お店前には雑貨屋お土産処?
        そんなものもある感じ。



        入るといきなりアウェーの洗礼。

        アウェーの洗礼の用法を間違ってみました。

        すごくキレイな洗面手洗い水場。
        ボタンを押すとちょろちょろと水が流れて、
        天然清水?とおもってしまう。

        実際はどうなのかわかっておりません。

        でも気分は清浄。


        で、えーと、セルフ店。

        なのでお盆を持って進む。

        うう。

        お客さんがたくさんいれば考え時間もあるのですが、
        14時過ぎで、峠は疾うに越し、お客さんはちらほら。

        そのままお店の人に「なににいたしましょう!」と元気に尋ねられる。

        お店の壁の上にメニューがかかっている。
        ムシマルは何気なくかきあげを取ったところ。

        ムシマルはまだ自分の心とも対話しないまま来ちゃって。

        お腹は普通。やや内臓量あります。
        うん、ええと、シンプルなものがいいかな。

        「しょ、しょうゆうどんを。」
        (あ、小・大・特大か小・中・大か忘れてしまったが大きさ3種類ある。じゃあ・・・)
        「真ん中のサイズを」

        「温かいのと冷たいのどちらにしますか」
        温かいのと冷たいの!?考えていなかった。
        再びこころに。
        (えーちょっと肌寒いというか、クーラー効いている感じだし、温かいので)
        「あったかいので」

        ふう。
        シンプルメニューだからか、
        すぐおうどん提供される。

        「450円です。」

        安い。
        うどん350円にかきあげ100円。

        キャッシュぺい!

        天かすにねぎ、生姜などは入れられるよ。


        席に着く。
        イスが、切り株みたいなやつ。



        畳の座敷もありました。
        テレビもあります。

        うどんスタイル。

        シンプル。

        さっそく。
        テーブルの醤油かけー。ひとまわし。

        ずぞぞぞ。


        シンプルさは人間の思考を奪う。

        こいつはたった一つのシンプルな旨さ。
        屋号に「さぬきうどん」と書いてあるからこだわりあるのか、
        麺が立派な感じ。

        普通麺かやや太麺な生地は弾力を感じます。

        しばらく無言無思索無秩序で麺をすする。

        かき揚げをぶっこみちょっと混ぜてグショッとする。

        ああ、OSR(オシャレ)ポイントはこのせいで下落。

        かきあげ、タマネギの風味がしっかり来る。
        がじがじからのつるつる。

        またがんがん行く。麺の量はけっこう多いのだ。


        醤油と麺だけで、十分な仕事。




        内村航平のようにしっかりとしながら伸びのある麺。
        たとえられて体操選手もビックリしているかもしれない。


        高知県 ブログランキングへ これは、再調査が必要になりそうですね。
        2014年9月来訪。
        清瀧
        昼総合点★★★★ 4.1

        関連ランキング:うどん | 土佐市その他

        author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 11:33
        comments(2), trackbacks(0), pookmark
        0
          珈琲蔵人珈蔵 南国店 チキン南蛮
          数年前に南国市にできた
          珈琲蔵人珈蔵南国へ。

          ネットで見ると、
          県外にもお店がたくさんあるチェーン店のような感じ。

          高知県には南国市のゲオとマルナカの間にあるここ1店だけで、高知市内にもないようす。
           

          はじめて行きますね。
          手作りパンケーキのフラフがたくさんお出迎え。
          パンケーキブームですからねぇ、訪問した2014年8月は。

          12時前に行ったのに、
          お店はいっぱい。
          「今テーブルを片付けますので少々お待ちください」との回答。

          待つ間にコーヒー機を見る。なんか列車の機関みたいだ。


          案内いただく。
          カウンター。目の前にコーヒー豆がたくさん。




          記事の続きで、何を頼むか。
          チキン南蛮を頼みます。
          続きを読む >>
          author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 22:37
          comments(0), trackbacks(0), pookmark
          0
            昴 屋台ラーメン ゆず塩ラーメン 700円

            追手筋の屋台たくさん中のラーメン屋さんに。


            マヨネーズラーメンで有名な屋台、『昴』

            そこにはマヨネーズラーメンを差し置いてメニューの一番上に来るメニューがある。

            「ゆず塩ラーメン」700円がそれだ。


            頼む、ちょっとして来る。

            あらさっぱりそう。

            器を満たす麺に、

            ちょっと透明感のある茶色。


            その上にグリーン、ネギ。


            すんすん。

            あラーメン臭に隠れて、いや隠してないのかもしれないけれど

            ユズの酸味ある薫り。


            こ、これは・・・・・・・。

            ずるずずずっ。



            酸味がイイッ!

            すっぱさというか、しょっぱさというかが

            スゴく、なんというか、


            ムシマルが…お酒を呑んでほろ酔いのころ…昴の「ゆず塩ラーメン」って
            ありますよね…あのラーメン…啜ったときですね。

            あの舌から鼻からくすぐる「香り」とスルスルっといける「麺」…あれ……初めて食べた時…
            なんていうか……その…下品なんですが…フフ…………
            昂奮……しちゃいましてね…………
            「汁」の最後まで飲干してしばらく……嘆息していました。
            あなたのも……飲み干したい…。





            高知県 ブログランキングへ
             

            ジョジョネタで〆。お好きな同志はクリックしていただけると嬉しいです。
            author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 13:26
            comments(0), trackbacks(0), pookmark
            0
              豚太郎 その3(若松町)
              豚太郎は、
              さんさんテレビと高知ケーブルテレビすぐ目の前にもあり。
              若松。おそまつととどまつのあいだの子だ。嘘。

              DVC00459.jpg

              入店時、戸を閉めようとしても、固くてきれいに閉められませんでした。

              でも店員さん閉めたらあっという間にピシャリ。
              力の入れ具合とか角度とかあるのかしら。

              カウンターに座る。
              マガジンやジャンプがおいてある。

              あ、おでん。

              それからカツ丼なんかもあるぞ。

              「なににしましょうか?」
              あ、待ってくれている、
              えーとえーと、
              「味噌カツラーメンを」
              780円か750円。

              みそトンカツラーメンみたいなものも別にあった気がする。950円くらいで。
              何が違うんだろうなーと考える。


              じきに来た。
              DVC00455.jpg

              おうほう、こういう感じか。

              一口(よりはちょっとでかい)カツ×3が入っている。

              ひょっとするといわゆるトンカツが入っているのは950円の方なのかしらと推測が立つ。


              今は目の前のラーメン。
              ずるるる。
              DVC00457.jpg

              ふー、
              なんか甘い。

              みそラーメンのみその中でも、かなり甘い味噌を使っているのではという疑い。

              甘く仕上げられたお汁にカツが。
              DVC00456.jpg

              カツが優しくなった。


              完食。
              DVC00458.jpg



              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。

              author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 10:11
              comments(0), trackbacks(0), pookmark
              0
                丸太小屋 生姜ラーメン600円
                3回目か4回目の訪問。

                夜に行きました。
                8%増税になった後もお値段は変更ないように見えますね。

                さあと僕はカウンターに座って、
                生姜ラーメン(普通盛り)600円を注文したんですね。

                注文した後で、あ!これは以前にも注文したな!と気づいてしまう。
                うっかりしていましたね。
                いやなんかからだが生姜を欲していたかもしれません。



                おんなじ生姜を頼んでしまったけれど仕方がないね。
                ブロガー的にはいろんなやつがよかったけど、これもリアルだよね。逆に。

                基本ラーメン500円で、
                チーズやバターニンニクなどオプションというかクラスチェンジ的なものを頼めるってイメージです。
                そのなかで生姜がたしか一番金額アップが少なかったような。

                ニンニク650円でバター700円とかでしたので600円お、安いし生姜ラーメンってっちょっと珍しいしで、選んだら。
                まんまと過去の自分と同じことをしてしまいました。


                進歩していないんでしょうね。

                次はチーズを頼むと、こころの日記帳に書きました。

                そういえばここの一番高級ラーメンは野菜ラーメンで900円。
                +400円のトッピングと思うと、結構な量が入ってそうですね。。


                トンと美人女将にラーメンを置いていただくと
                生姜の香りが自分のテーブルの上空1m範囲に漂います。


                ずるる。
                シミマスネ。

                ぷはあ。

                生姜がたっぷり、
                ラーメンにこんなにしょうが入っていいんですか。

                後ろからおぐいぐい押してくるような生姜に唖然騒然。
                上島を押すジモンとリーダーの如く。

                しかしこれは逆に、落ち着いてうまい。
                汁までドコドクごくり。

                生姜で仕方ないとなった時、ダジャレに出さなかったのは
                ムシマルが大人になったからでしょうか。


                高知県 ブログランキングへ
                大津ラーメンストリート (提唱者がちゃさん)の雄を描いた記事を見て行きたいとちょっとでも思われた方。ぽちっとどうでしょうか。
                author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 18:08
                comments(0), trackbacks(0), pookmark
                0
                  豚太郎 その2 (高須店・薊野店・赤岡店)
                  豚太郎の高須店へ。
                  高須店といいながら、住所自体は葛島な気がしますね。

                  電車通りを挟んですぐ向かいに中華料理屋さんがありながら、
                  どちらも元気にやっている。
                   


                  入る。
                  む、花セット月セット星セット。
                  大津店でもこんな感じのセットがあった気がしますね。


                  オリジナリティっぽいものは、
                  照り焼きセットとか南蛮セットでしょうか。


                  五目ラーメンがおススメらしい。

                  あと、何だっけ気になった点、

                  内装。
                  マンガがあって、カウンターにテーブル、座敷っぽいところもあって
                  広い、とまではいえないけれど大津店よりは倍くらいあるような。

                  あと、シルバー優先席なんてのがありました。
                  さすが電車通りにあるお店。

                  (んー、ラーメンチャーハンみたいなのは、「花セット」か
                   照り焼きセットも気になるけれどねー)

                  注文。
                  ちょっとしか待たずに来た。

                  ん。おお。
                  サラダ。マカロニサラダ!

                  ほほっほー。なんかお得感。
                  ラーメンにチャーハン(半・・・じゃない)のボリュームだけで
                  800円900円、いやさそれ以上でもおかしくない感じではありますが、
                  それにサラダまでついて800円未満。

                  やるな、アベノミクス!
                  アベノミクスはこの際関係ありませんでした。

                  うんうんサラダがあるだけで
                  栄養バランス的にもボリューム的にもはなやぐ。

                  ずぞぞー。

                  うん、麺は普通。安心できるともいえる。

                  スープはけっこう好み。
                  ちょいといろいろ混じった濁り具合。


                  そして焼き飯。

                  あー、焼き飯って感じ。
                  ファミリーっぽい味。
                  パラパラのチャ!−!ハ!ン!って感じではないのですが、うんうん好みのお味。


                  親しみやすいっていうか、もう中華料理ではなく、
                  完全にジャポナイズされたってお味。



                  食べ終わって終了。

                  駐車場を鳳来(前の中華屋さん)と間違えないようにね。
                  続きを読む >>
                  author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 21:44
                  comments(2), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    きかんしゃ パワフル 900円

                     薊野のお好み焼き屋さん、

                    「きかんしゃ」に入店。

                    おいしいんだとブログで見たのかテレビで見たのか。
                    とにかく評判を聞いたわけで、行こうと思ったわけで。

                    キキ―。

                    よし。

                    入店前に財布が見つからないトラブルが発生。

                    ・・・・・・。

                    ポケットからこぼれて転がって車内後部座席足元に落ちていました。


                    ひゅー、よかったぜ。

                    入店。カウンターへ。

                    カウンター6席ぐらいに、

                    壁際(カップル用なのか2人分で一仕切がある)と、4人くらいの座敷席とがある。

                    座る。カウンター。

                    メニューを見まくる。
                    一番シンプルお好み焼きが650円。

                    それにいろいろトッピングや組み合わせで1,000円いったりいかなかったりする位の価格帯。

                    あ、広島風。関西風もある。

                    ふんふん、とんぺい焼きとか焼きラーメンとかいろいろ。
                    廣島風つけそば?に焼きそば、鉄板一品もの。

                    価格帯は・・・お安くはない。
                    ムシマルの中ではお好み焼きの価格は豚玉のみくらいシンプルなら400~600円位相場と思っている。ぎりぎりだ。

                    まあ焼きそば入ったお好み焼き≒広島風ならちょっと料金上がるし、量にもよる。

                    でもちょっとトッピングしたらニアリー1,000円かー。
                    気軽な食べ物でないなー。

                    まあこだわるとどんな食べ物もそうなのかもですが。

                    悩む。


                    よし、決めた。
                    あとは注文するだけ。


                    すいませーん。

                    「えー、これを」

                    ムシマルはパワフルの広島風を注文した。900円でした。

                    (力こそパワー!)


                    『HIROSHIMA』は作曲家に偽りがありましたが、

                    こちらの広島風はNO FAKE。


                    座敷の人たちも同時注文をしたようで、一人の店員さんがいっぱい焼いているので、けっこう待ち時間多そう。
                     


                    ってことでトイレに入ると、
                    壁に「ほっとこうち」だか「ホットペッパー」だかの

                    きかんしゃ掲載記事が載っている。


                    ふむふむ。
                    見ると、ここの売りは

                    「広島県出身オーナーの本場の味と厚さ18mmに及ぶ鉄板」とのこと。

                    鉄板?

                    鉄板が厚いとなんかいいんでしょうか?遠赤外線的な熱が通るんでしょうかね。

                    よくわからない情報を手に入れる。

                    補足テレビで見ると、

                    ステーキ専門店くらいの厚さらしく、ムラなく火が通り旨みを逃さないのだとか。

                     

                    カウンターなのでなんかいろいろされているところが見える。

                    ざじゃざじゃと手際よく

                    ムシマルオーダーにムシマル以外オーダー5人分くらいを作っている。

                    きたー。


                    パワフルというのは、ざっくり言うとホルモン入りのことのようだ。



                    お好み焼きっぽくないというか、カイワレとホルモンの存在が別料理みたいに見せる。


                    ぱくり。

                    ざりざくもにゅくき。


                    おお、カイワレの食感と風味が面白い。

                    ひょっとしてムシマル、初お好み焼きonカイワレ。

                    その出会いは意外とお互い好感触。

                    このままならあとは若いお二人に任せられるのではないか。


                    ぱくぱく。
                    うんうんボリューミー。

                    900円は高いかと思っていたけれど

                    これはなかなか。
                     

                    あとは麺がちゃんとしている。
                    壁とかメニューに書いてある謳い文句によると、

                    「麺が自家製(+豚は窪川ポーク)」とこだわられているそうなので、

                    それがやはり違いなのか。
                     

                    お好み焼きの中の具である焼きそばだけで一つの世界が成立している。

                    それを内包したお好み焼き全体でも調和のある世界ができている。

                    ドラクエ7の世界観みたいだね。
                    ムシマルの比喩、みんな伝わっているだろうか?
                    つまり石版がカイワレで、生地が文字盤で、ホルモンがガボ。

                     

                    おいしい。

                     

                    感想。
                    ソースは追加であんまりかけすぎない方が、生地の感じを楽しめていいのかもしんない。

                    ソースも広島でこよなく愛されているカープソースという広島食材。


                    あれ、お餅入っている? それとも生地がムニムニ?

                    なんかムチムチする。

                    ひとお好み焼きにやわらか麺、パリパリ麺、キャベツ、もちもち、

                    ぐにゅぐにゅホルモンの多彩な味食感。

                    そうなのだ。

                    ホルモンがぐにゅぐにゅしている。


                    うぬん、お腹にゲージという名のお好み焼きが貯まっていく。


                    実におもしろい。

                    隣がダンス屋さんだったので、ダンスが済んだ人たちがお腹を満たすんだろうなーと適当な感想を思いました。

                    ごちそうさまでした。


                    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                    クリックするとムシマルが喜びます。




                    高知県 ブログランキングへ
                    2014年2月訪問。すごく古い記事が眠っておりました。

                    author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 08:31
                    comments(0), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      ひなた屋 高知市大津 (行った夏ごろ)新商品新発売。
                      ああ、50円だった天ぷら系が70円に値上がり。
                      まだ安い方ですが。
                       


                      『ほっとこうち』2014年8月号にて、
                      ひなた屋さん紹介されていたなーということで久方振りに行ってみる。
                      2014年夏の訪問を、今さらアップ。

                      めんたいこなんとかとかトマトなんとかうどんとか、
                      わりと新商品開発に意欲的らしい。

                      そういうスピリット、好きさ。
                      と。


                      『肉汁つけうどん』420円(並)を見かける。
                      (行ったのは夏、2014年8月・・・。すまない。)

                      (今日は、君に決めた・・・!)


                      お気に入りのポケモンをトレーナーの前に顕現させるときのような気持ちで
                      注文する。
                      (大)で+100円。

                      こんなんだ。



                      おおう、てらいなく肉肉。

                      記事の続きに。
                      続きを読む >>
                      author:ムシマル, category:普通ボリュームのお店, 22:37
                      comments(0), trackbacks(0), pookmark
                      0