RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    cafe&dinninng「hiraku」で酒を呑む愚行。
    高知駅のほうでちょっと仕事というか
    引き継ぎ業務残してたのの解決というか、
    そんなことをして業務終わりが15時半。

    ちょっと中途半端な時間帯だけど、
    久しぶりにこの辺に来て何かしたい。
    どこか寄りたいそうだ。

    「hiraku」さん前に到着。


    目的はこれなんです。

    「ハッピーアワー♪ ビール一杯250円(通常500円クラス)」。
    これが15時から18時半までの間なので、
    仕事をチンで終える人や仕事を途中でドロンするかたがたにお得度マックス。

    入店。
    左にテーブル右にテーブル。
    まっすぐ行くとカウンターっぽいところ。カウンターにゴー オン。

    うわ、女性ばっかし。
    休日OLか主婦友みたいな二人組女性と、あっちは女性一人食。

    男一匹ビールを呑む雰囲気ではない。

    だがそれがいい。

    ヘイ、ウェイトレスさん!


    「ビールと、抹茶ともちもち白玉のパンケーキを!」

    甘いものとお酒、お酒と甘いもの。
    私はそれを注文しただけだ。

    あ、こんなのもあるんだ。

    お酒に、お酒が合う食べ物+日替わり小鉢がついて650円。

    皮付きフライドポテトってどんなんなんでしょう?

    ほかにオムライスや玉子かけごはんにチキン南蛮と
    パンケーキイメージの大きいこちらのカフェが
    意外と腹はらしがありますね。


    座して待つ。
    待て。しかし渇望せよ。

    きた。


    あ、ビールもオシャンティ。
    パンケーキのソースのかかり方もオシャンティ。

    早速オシャンティが2ポイント入ってしまいましたね。

    ビールはムシマルの肘から手首まで。


    1キュビットかと思いきや1エルと思いきや
    ちょうどいい長さ単位は存在しないか。


    1キュビットは肘から指先までの長さでした。

    横アングル。

    抹茶と白玉がどろろん。

    ぱくり。
    あ、生地というかパンケーキにバターを感じる。


    あらあらこれカロリー多そう。
    でもおいしい。

    仕方ないのですね。
    もれなくセット、おいしいとカロリイは蜜月のカップルのように。


    けっこうお腹膨らむ、白玉も気持ちいい。

    ただ、一人男の酔いどれは、長居しづらい。
    これがもっとちゃんと夜なら呑む方もうちょいいたのでしょうか。

    それではグッドラック。
    カフェ ヒラク
    昼総合点★★★☆☆ 3.7

    関連ランキング:パンケーキ | 高知駅高知駅前駅高知橋駅

    author:ムシマル, category:甘いもの, 14:34
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      『雪ノ下』のふるさとの昼。冷たい氷りと汁のなかで。

      今ムシマルが喫茶室に来ている、と思っていただきたい。



      そこはとある公的機関の地下である、と思っていただきたい。

      どっかで見たことがあるかもしれない、
      アイスクリーム冷凍庫内にお魚入れて売っているところ。
      見たら半額になっておりました。



      ムシマルが行ったのは、
      大阪で有名らしい『雪ノ下』、その高知一号店が県庁内にできたのだと。
      つまり高知県庁地下1階。


      行くと、店内のキャパがそんなにないのもあって3組待ち。
      3組なら良いか。
      さらさらと書いて待っている。

      お店の方が声をかけてくれる。
      「県庁の食堂(いまは営業時間終了している)で座ってお待ちできます」

      待たせていただく。
      初県庁食堂。


      ふんふんと壁を見る。

      お、ラーメンに親子丼。そんなのもやってるんだとリサーチ。

      あら、みそ汁セルフ。おかわり自由なのかしらん。

      と、チェックしているうちに時が経つ。

      雪ノ下店員さんがどこからかの取材を受けていたようでした。



      わーい、15分ほど待って着席。


      メニュー。
      待っている間に二択まで絞った。


      高知店特製、『黄金生姜氷』600円。


      そしてもう一つは、
      『堀口珈琲氷』。こちらも600円。

      (コーヒー味か。かき氷としては珍しい。
       でも高知県特産で、ここ店だけという生姜のプレミアム感。
       ・・・・・・どうする。)



      結果。

      今回は黄金生姜味を選択。
      てっぺんは生姜。



      こおり。黄金。氷だけど体が温まる。黄金。
      その神秘。
      今ムシマルが食べてみようと。

      ちなみに注文したとき、
      「今かき氷が立て込んでいまして、15分くらいかかってしまいますがかまいませんか?」と。
      けっこうかかる。

      まあいいよいいよ。
      として15分くらい待っての実食。


      ほーほの黄色い。
      氷?と思ったらそれはすり潰された生姜!
      寄せてきている。似せてきている。

      がぶり。

      ちゃんと甘い。控えめだけど。
      生姜と甘いものって、珍しいよと思いきや
      ジンジャエールとかもあって意外と古来からのグッド組み合わせ。

      かき氷大好き、でも甘ったるいとちょっと、見たいな人の何かを鷲掴み。
      もうここを鷲掴みにされてしまってはどうにもしやがれ。

      きゅいーーんって感じの氷の溶け方。

      わかんないか。

      共振しそうな氷。
      なに言っているか自分でもわかりません。


       
      生姜が、見た目以上に多い。
      というかすり潰された生姜がシロップがかかってとろけた氷と似すぎていて、全体量が不明。

      おお、冷えてきたのに。


      喉がジンジンしてきた。
      俺の喉、どうなっちゃってんの?

      変な感じだ、身体の奥は熱いのに、薄皮一枚隔てると凍えるよう。

      あのー、ホロホロが言ってた「教えてやるよ ひどい凍傷にかかるとよむしろ死ぬほど熱いんだ」っていう言葉がこの場合に当てはまらない。

      女性客多し。




      高知県 ブログランキングへ
      よろしければクリックを。君の熱いクリックで、この雪氷を溶かしてほしい。
      雪ノ下高知
      昼総合点★★★☆☆ 3.6

      関連ランキング:パンケーキ | 県庁前駅グランド通駅高知城前駅

      author:ムシマル, category:甘いもの, 19:41
      comments(0), trackbacks(0), pookmark
      0
        ちーず屋 安芸市のチーズケーキ屋
         
        安芸市に行く。


        ちーず屋に行くため。


        春に先生で長期社会体験で職場に来ている方からおいしい洋菓子屋を聞く。

        その名は「ちーず屋」。


        名の通りチーズケーキが売りのお店に行く。


        しかしムシマル多少迷う。

        あれあれ、どこだ?


        ちょっと市役所周辺を一周さまよった挙句に到着。

        お店は大きくないサイズだった。
        大通りからもちょっとへっこんでいるし。

        なんだかパトカー駐車場のすぐ前。
        草むらの中に、看板が。
        DVC00454.jpg
        記事の続きに。
        続きを読む >>
        author:ムシマル, category:甘いもの, 20:22
        comments(2), trackbacks(0), pookmark
        0
          2014第2回S-1グランプリ  亜俚亜 トマトなプリン

          S−1シリーズ2014も今回で最終。

          途中でハンコついてもらった申込用紙をなくしてしまうというトラブリューを抱えながらも
          無事終了。

          最後の土曜日に駆け込むように『亜俚亜』へ。
          ムシマルは亜俚亜本店には初めて入る。
          DVC00404.jpg


          でもおまちの堀詰まっすぐ北ぐらいにあるお店のほうが数回行ったことがあります。

          2次会でみんながカラオケ歌っているときに抜け出して家へのお土産ロールを買ったり
          ケーキぱくついた気がします。

          ウェディングケーキみたいな柱が出迎えてくれる。
          インパクトあるぅ。

          ここはあれですよ。
          ブロガーのkuro子さんがギャップあり、面白しとのことで興味を持つ。


          店内。
          意外と?お酒入り商品がある。

          ひょっとしたらこのお店の代表者が 『酒匂佐太郎』さんであることに関係あるのかもしれない。
          ないかも。
          DVC00403.jpg


          無事購入。「5月末で、いよいよs−1最後です」みたいな会話を店員さんとする。
          はてさてお味は?


          徳谷トマトという高知でもブランドというかトマトで有名な地名のトマトを使ったプリン。


          食べおおす。
          ネットでこの商品の説明文見ると
          「幻のトマト【徳谷トマト】のフルーツトマトのピュ-レをふんだんに使った濃厚トマト焼きプリンです♪」
          というフレーズ。

          ふーん、カラメルソース的な部分だけトマトなのかな?と思いつつぱくり。



          あらあらこれこれ。
          kuro子さんがGAPナンバーワン的なことを言われた理由
          がわかったかもしれない。

          ムシマル、そんなフルーツトマト経験ないんですが、
          一食、これはもはやトマトではない、というか
          新しいストロベリーだよ、って言われたら信じちゃいそうな甘さ。

          で、あと生地というかプリン部分もほんのりピンク。


          でも下はプリン色、薄い黄色だから、層が分かれている?

          うむ、甘い。

          おいしい。

          これは少し不思議。嵌りそう。
          トマトがここまで来たか。

          高知県 ブログランキングへ
          グランプリは終わっても、ムシマルはこのスイーツ男坂をのぼりはじめたばかり。あとランキングも。もしよろしければ一票を。
          author:ムシマル, category:甘いもの, 21:47
          comments(1), trackbacks(0), pookmark
          0
            第2回S−1グランプリ いちごミルク 「こじゃんとポテト」
            5月のS−1グランプリ期間中の出来事。

            ムシマル、さっぱり迷う。

            あれれー、この辺通りかかったときにあった気がするけどなー。
            brrrrrr。

            こっちか!あった!
            ふーう。

            高知駅ちょっと西の、
            大津バイパスちょっと南の道っていう認識で、
            それは合っていたんですが。

            近森病院前の通りかと思いきや、愛宕病院前の通りだった、という感じ。


            そういえば「いちごミルク」の隣に「ストロベリーコーン」っていうピザ屋があったんですがイチゴつながりでなんか関係あるんでしょうか。
            もしくはイチゴピザとかあるんでしょうか。
             DVC00401.jpg

            記事の続きに。
            続きを読む >>
            author:ムシマル, category:甘いもの, 21:43
            comments(0), trackbacks(0), pookmark
            0
              第2回S−1グランプリ  カフェ・ド・梵 今年もタイカレーとセットでシフォン!
              堀詰からそのまま北上する感じというか、
              ファミリーマート近くにある
              「カフェ・ド・梵」

              よく「ほっとこうち」広告コーナーに載っているイメージです。
               

              ケーキも食う、タイカレーも食べる。
              両方やらなくちゃいけないところがじゅるるだぜ。
              (もはや元ネタの原型を留めていない)

              タイカレー・ケーキセット1,280円を!



              甘さと辛さで、はふうだ。
              続きを読む >>
              author:ムシマル, category:甘いもの, 18:39
              comments(0), trackbacks(0), pookmark
              0
                第2回S-1グランプリ シャン・クレール
                もう5月で過ぎちゃいましたがS−1グランプリ。

                「もち処黒岩」から約10mという近距離。

                2店の間を分かつものは家一軒とビニールハウスとかそんなくらい。

                お店でスタンプを押してもらうときも
                「あら黒岩さんも行かれたの?うふふ。」みたいな感じ。

                仲良しなのかもしれませんね。

                それでは購入。

                記事の続き。
                続きを読む >>
                author:ムシマル, category:甘いもの, 23:01
                comments(0), trackbacks(0), pookmark
                0
                  第2回s-1グランプリ2014 もち処黒岩のドラドラドラドラドラドラドラドラやァきィ!
                  というわけで、またもやs-1グランプリ。
                  5月いっぱいでグランプリは終わりですが、記事はしばらく遅れで出たもので
                  記事中時刻は5月前半。


                  行ったのはでも、s-1以前から知っていたお店。

                  なんというか、「いちとにぶんのいち」に行く道の途中でよく見るというか。


                  で、買う。


                  母の日で、装丁が「母の日」仕様。
                  このようにカーネーションの赤感が出まくっています。



                  すぐさま実食。




                  もちっ。

                  こ、これはもちもちしている。

                  この生地、湿り気を帯びたスポンジのように、なかなか千切れない。

                  噛む力がたくさんの空気の層で逃がされている気がする。

                  (ふうむ、このどら焼きに限って言えば主役は皮。
                   あんこは甘みに風味と奥行きを添えるだけの助演男優賞か。)

                   あんこは甘さ控えめ。


                   いややっぱり生地だ。
                   舌に吸い付く、粘る。もち処の面目躍如である。

                   さっき包装紙にレパートリーがあるという話をしましたが、どら焼き自体も数種類あり、
                  栗とか、たぶん抹茶とかいろいろあるようだった。

                   ちゃんと見ていないのですが、どら焼きコーナーが結構たくさんあった。


                   あとプリンもあるよ。

                   ・・・・・・母の日には日傘をプレゼントしました。
                  このどら焼きは母には渡らず自分で食べました。
                  続きを読む >>
                  author:ムシマル, category:甘いもの, 21:36
                  comments(0), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    第2回S-1グランプリ モン・レーヴの「酔ふよう」

                    さて、ムシマルが今回のs-1参戦作品を見たとき、
                    最も気になったものが誰あろう今回紹介するここなのだ。


                    「酔ふよう」・・・・?


                    なんだかよくわからない名前。
                    「酔」一字があることから、お酒入りっぽそうな見当はつくが、
                    でも洋菓子のシフォンとかタルトの中にあって明らかに和な名前。


                    店名もモンテクリスト伯みたいでかっこいいですね。
                    ぐぐぐると、「私の夢」という意味のようだ。
                    まい・ドリーム!

                    ともあれ、商品名といい料理の感じといい、
                    目立って見えるのだ。


                    場所がぜんぜんわからないためにカーナビに任せて行くと、
                    「ごめん」の電停を越え、「ごめんなはり線」と平行して(空港方面に)進む、あの細めの道をひた走る。

                    あれ、パンフレットにあった店の所在地は香美市じゃないのか?
                    と思いきや、立田駅のそばで一気に北上。

                    そこから香美市メインルートに通じる南北の途上にその洋菓子屋さんはあった。
                    (へー。こんなところにあるなんて、おいら、ちっとも知らなかったや。)

                    記事の続きで初めての出会い。


                    続きを読む >>
                    author:ムシマル, category:甘いもの, 22:32
                    comments(4), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      第2回S−1グランプリ クレマのケーキを食いマクレ
                      香北町を順調にアンパンマンミュージアム方面へ。


                      発見。
                      目的のクレマさん。
                      前の前にいた病院の理学療法士さんが、
                      「ここが高知でいちばんうまい!」って言っていたのがたしかここだなあ。

                      なかなかきっかけないと来られないのですよね。
                      きっかけをありがとうS−1みたいな。


                      高知からアンパンマンミュージアムを目指していればその左手に見えてくる、
                      なんだかちゅこちょことしたかわいらしさがあるお家。


                      七人の小人が住んでてもおかしくはない、は言い過ぎか。

                      入るとイートインというかカフェスペースもある店内。
                      お、S−1参戦作品が一つだけ残っておる。


                      「フランボワーズトミルクチョコ」350円。
                      小さいチーズケーキとプリンも購入。3つで640円。

                      続きを読む >>
                      author:ムシマル, category:甘いもの, 22:23
                      comments(0), trackbacks(0), pookmark
                      0