RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    自作お料理2種。炊き込みご飯とココナッツカレー

     大根と、ニンジン。

    DVC00962.jpg

    ターン!
    切る斬る伐る。悪きを切る。

    間違えた。
    良い食材を切る。


    大根1/4、ニンジン1/2程を切る。

    さらにネギなんぞともも肉を切る。
    エノキもひと房?ほど石づきを取って投げ入れる。


    結果!

    だいたいこれが原料。
    DVC00963.jpg

    あとは2合のコメをとーぐ、

    で、「めんつゆ」を合数×20ml入れーる。

    つゆ含めた合計量が2合目盛くらいになる用に入れーる。

    隠し味に
    DVC00965.jpg
    大月町塩麹(早食い大会で手に入れた)入れてみーる。
    量がわからないので適量(この場合はテキトーな量の略)入れーる。

    たーく。

    DVC00967.jpg

    できあがり。

    上は白っぽかったけれど、下は麺つゆ茶色。

    ということは、混ぜが足りなかったのか。


    炊込みごはん完成。
    いやいやうれしい。

    ムシマルは炊き込みご飯を作れるようになりたかったのです。

    炊き込みご飯さえできれば、ほとんどおかずいらないじゃないですか。

    ごはんという炭水化物の中に野菜もお肉も入っていて、ごはんがおかず。


    あと汁物の一つでもあれば一食として成立する。

    お魚風、山菜風、お肉入り、ドライカレーやパエリアも炊き込みご飯の仲間だし、

    下手すれば炊き込みご飯だけで行き着くところ(それはどこだかわかりませんが)まで行けるのではないか。


    よーし、夢が広がってきた―。

    記事の続きでもう一品。

    続きを読む >>
    author:ムシマル, category:自作料理, 20:19
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      手作りクッキー ホワイトな日に。
      さて、あれから2か月。
      ほとぼり的なものもさめたころか。
       DVC00133.jpg

      ++YUKi++
      ホワイトデーには、クッキーをお返しすべーということで、
      ムシマルはお菓子を作りました。

      材料 (約40個分)

      ・無塩バター    100g
      ・グラニュー糖   100g
      ・ココナッツミルク 100g
      ・薄力粉      200g

      サクサク❤ミルクティークッキーも参考にしています。

      ,泙困蓮⊆鴫好丱拭次砂糖・ココナッツミルク・薄力粉の順で入れていく。

      DVC00137.jpg 
      DVC00138.jpg

      DVC00134.jpg

      ∈ぜたやつを、摺り棒でネリネリ。
      DVC00135.jpg


      Nったものを、家にあったクッキー成型(星形とハート型)でガポンガポンする。
      DVC00136.jpg

      〇がないなー。
      あ、これでいいや。ワイングラスの口で○を作る。
      DVC00139.jpg

      ね叔済みオーブンに入れ、150℃で約30分間焼いたら出来上がり。

      DVC00141.jpg

      ココアパウダーを入れたり、
      ミルクティー粉末を入れてみて混ぜたりする。


      焼く。
      生地の厚さや距離(奥が熱しやすく、手前が焼きが弱くなりがち?グルグル回ればいいのに。)

      DVC00140.jpg

      焦げたやつを1割くらい出しながら梱包。
      配る。

      会うは別れのはじめなり。

      これが職場での異動前の最後の餞別になろうとは、
      ムシマルのなかでは複雑な思い。

      おおむね好評。
      さすがクックパッドさんやで。

      ムシマルの料理経験イメージ的に、甘いミルクティーパウダーを混ぜればたいていの味は整う。
      author:ムシマル, category:自作料理, 21:50
      comments(0), trackbacks(0), pookmark
      0
        フォンダンショコラ  
         DVC00104.jpg
        材料はこのようになっております。

        参考にしたのはこちら。あとこちら

        チョコレート・・・400g分(板チョコ6枚くらい)
        バター・・・200g(1箱)
        タマゴ・・・5個
        お砂糖・・・100g
        薄力粉・・・100g



        ちなみに材料を買っているところを職場の人に見られてしまう。
        イオンだ。

        「誰かと一緒に買い物か?」
        うう、ひとりです。
        一人でケーキの材料買っています。

        そんなこんなの困難を乗り越えて、
        いま、バターの包装を剥がす。


        Aチーム、バターを溶かす。
        DVC00105.jpg
        バターをボウルに入れる。

        ▲丱拭爾両紊法
        チョコレートを、ぜんぶ割る。
        DVC00106.jpg

        そしてBチーム。
        タマゴを割る。いやー割ってばかりですね。
        DVC00107.jpg
        まだまだそれぞれがバラバラですが、
        これが最終的に戦隊モノのロボットのように
        もしくは超電磁ロボのように
        見事な合体を果たすはず。

        見えるような気がしたし、わかるような気がした。

        それを確かめに、
        記事の続きに行く。
        続きを読む >>
        author:ムシマル, category:自作料理, 17:59
        comments(0), trackbacks(0), pookmark
        0
          やつはし作り ホワイトデー的な。
          さて、クックパッドを見ながら
          お菓子作り。

          本日のこれは、ホワイトデー用のお菓子。
          適当に作って適当に給湯室に置く。

          適当におあがりくださいと書く。

          それがムシマルホワイトデー。
          義理ホワイト。


          DVC00770.jpg
          レシピはこんな感じ。
           〇だんご粉  230g(100均で購入、まるまる一袋)
           〇砂糖  150g
           〇水  345cc
           〇あんこ  適量100gくらい使用?
           〇シナモン きな粉


           使用金額は2百円くらい。
           買った量としてはそんなものですが、
           余ったあんこときなこをどうしようかって感じ。


          それでは手順。
          1.いろんなものを入れる。
          DVC00771.jpg
          砂糖。シナモン。
          DVC00772.jpg

          そしてだんご粉。上新粉でもいいらしいっす。
          DVC00773.jpg
          あと水。

          くしゃぐしゃと混ぜ合わせる。
          DVC00774.jpg
          粉をぜんぶ水気と合わせるのだ。

          2.混ぜ合わせたら、らっぷをふうわり。
          DVC00775.jpg


          3.レンジでチン。
           このへんはレシピにもよるんですが、参考にした
           クックパッドのたんぽぽケーキさんに準じる感じ。
          DVC00776.jpg
          3分間チンし、
          もう一回混ぜ合わせて
          また3分チン。

          さあ、どうなりますか、記事の続きで待て。 

          DVC00779.jpg

          続きを読む >>
          author:ムシマル, category:自作料理, 21:12
          comments(2), trackbacks(0), pookmark
          0
            チョコレート!
            バレンタイン短歌を3つ。
             

            モロモロの諸事情により214は喪に服します
             ワケは聞かないで
             (富田林薫)

            ・・・察せ。


            チョコよりもきみの気持ちがほしいけど
            今年もたぶんチョコだけだろう
            (保井香)

            義理チョコだけもらえる間柄でしょうかね?
            本当に欲しいのはカカオ加工物なんかじゃなく本当の気持ちだ。
            「いつだって知りたいのは人の本当の気持ちだ」って、確かハンドラーが書いてるよ。


            幸せにのぼせて出した鼻血でもチョコレートのせいにできる日(本原隆)

            なにしてもチョコのせいにできる。
            興奮も発奮もときめきも切なさもチョコのせい。


            チョコレート!
             きみも一緒に聞いてくれ「好きだ」以上の言葉を探せ

             (梅本直志)

            ムシマルにとってのチョコ短歌第一位。
            なんてポジティブなんだ。前向きなんだ。
            好きなんて言葉じゃ足りないけれどだからってお菓子名を叫ぶのかよ。


            ああもう一首。
            すまんな。さっき3つといったがありゃ嘘だ。

            最悪のバレンタインだもし君が俺に笑ってくれなければ (長瀬大)

            ひゃおー。ハッピーエンドっぽい。そういう台詞が言いたい。

            author:ムシマル, category:自作料理, 21:10
            comments(0), trackbacks(0), pookmark
            0
              お菓子作り ヤンガーブラザーの手並み 
               DVC00544.jpg

              DVC00545.jpg
              何かをなんかして、
              道明寺粉を蒸すかなんかしているよう。

              DVC00547.jpg


              DVC00549.jpg

              記事の続きをよろしくお願いします。


              続きを読む >>
              author:ムシマル, category:自作料理, 16:32
              comments(0), trackbacks(0), pookmark
              0
                料理 もちチーズ豚
                DVC00488.jpg
                おもち消費用に、
                クックパッドを開く。

                よし、これだ!

                ということで
                豚とチーズ購入。
                スーパーで。

                豚・・・ロールスライス。適当に買ったら6枚でした。300円。
                    もち豚6枚で300円か。高級だったのか?
                チーズ・・・スライスのやつを。8枚。

                さあどうするのか。

                 DVC00490.jpg
                まず塩こしょうをふりふり。

                記事の続きに。
                続きを読む >>
                author:ムシマル, category:自作料理, 17:29
                comments(0), trackbacks(0), pookmark
                0
                  ココナッツブランマンジェ!! 
                  ものの本によると、
                  ムシマルのようなお菓子が好きで、
                  時に自ら作るような人間を「スイーツ男子」という人もいるようですね。

                  その言葉、滅びやがれ!

                  ムシマルが「スイーツ」っていう言葉が嫌いなのもあるんですが、
                  もうちょいちょっとなにか・・・、

                  「お菓子下手の横好き人間」「甘味煩悩」とか。いや、やっぱスイーツ男子でいいと思います。
                  よくかんがえたらムシマルは男子って年でもなかった。
                  関係なかった。

                  ならいいか。累が及ばなければいい。


                  拙者はこの眼に映る人たちを守れればそれでいいでござるよ薫殿。


                  とにかく、「スイーツ男子」ではなく一人のお菓子を愛する一ホモサピエンスとしてがんばります。


                  ケーキバイキングひとりで行くほどのムシマルへのお菓子への情熱 活躍をお楽しみにね!

                  違った。

                  ここからここから。お菓子作り、はーじまーるよー!

                  ものの本によると、ものの本とは、モノホンのものの本のことである。モノホンのものの本とは、台本のことである。全部台本通りじゃーい!!【スーパージョッキー/TEXT】byラーメンズ。


                  さて、揃えるものは3つ。
                  部屋とワイシャツと私。
                  違った。

                  愛しさとせつなさと心強さと。
                  違った。どこかでもうこんなボケをした気がします。
                  それでもいつも感じています、あなたへと向かって。


                  愛と勇気(一つ足りない)。

                  いつも真面目にする気がありませんが、今回特に本題に入る気が薄い。
                  今日はこのまま終わりましょうか…みたいな。


                  ところが始めるのでした。

                  ひとーつ。ココナッツミルク!一缶が400cc。
                  ふたーつ。お砂糖!40g。
                  みっつ、醜い浮世の鬼を、
                  よっつ、世の為人の為、
                  いつつ、何時でも斬り捨てる、
                  むっつ、無情な世の悪に、
                  ななつ、涙を流す心無く、
                  やっつ、厄災招く鬼共よ、
                  ここのつ、コーンスターチ20gほど、
                  とお、説くも聞かねば叩ッ斬る!



                  今日は本当にダメな気がしますね。魂的に。

                  計量。

                  さっき言うたんを全部混ぜ合わせるんや。
                  鍋や、鍋に入れるんや。

                  あとで火いにかけるさかいにな。

                  名探偵コナン君でも下手な関西弁は本場関西人の怒りを買うって知っているのに、
                  してしまう。不思議だ。

                  関西人が怖くないわけではない。むしろ超怖い。なのに。

                  DVC00740.jpg
                  砂糖。ムシマルはよく貯めているヨーグルト添付砂糖を使う。数えやすいから。

                  DVC00741.jpg
                  そしてスターチ投入。
                  大さじ=15gって勝手に思っていました(水とかは大さじ一杯15cc)
                  が、大さじですくったら違っていた。なんか粒の重さの関係だ。

                  ムシマルはそんなこともちゃんと知らないんだぜ。

                  DVC00742.jpg

                  全部混ざったようですね。


                  鍋に火をかける!
                  高速シャカシャカで手も残像。

                  こちらはD3200の「スポーツとか撮るモード」。
                  あの高速残像を一瞬にして切り取られる。


                  この時の熱し加減でプルプルかガチガチか固さを決定づけられます。

                  あんまり熱すると固くなるし、火が足りないとゆるゆる。

                  感じ取れ。菜箸を入れて抜いたときに箸に何もついてなかったらOK。ってなんか別の料理のコツな気がする。

                  冷ます。
                  これだけだ!


                  お好みでベリーのソースなど。

                  右はメイプルシロップ。


                  DVC00743.jpg
                  上記レシピエントでコップ4杯分くらい。
                  牛乳や豆乳で水増し増量簡単。

                  おやつに、夜食のお供にいかがか?
                  author:ムシマル, category:自作料理, 18:28
                  comments(0), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    きっと勝つ! キットカット (KitKat)の製作。
                     キットカット製作ホームページによるキットカット作成。
                    DVC00392.jpg

                    どうしよう。
                    こんなの作ってしまいました。

                    チョコラボ キットカット オリジナル デザイン
                    1セット 10箱入り 2,100円(税込み)


                    買えるのは10箱からなんですけれど、
                    その10箱の内訳は自由。
                    5種類までできます。
                    DVC00393.jpg


                    ムシマルは3種類。
                    DVC00394.jpg
                    この証明写真バージョンと、
                    一番上の顔出しNG酔っ払いバージョンと


                    きっと勝つバージョンの3種。

                    DVC00395.jpg


                     たぶん、普通の人はなんらか目的を持って買うんでしょうねえ。
                     無目的購買はムシマルだけ。

                     ヤンガーブラザーにも、
                    「おまえとんでもないことしてくれたなあ。われぇ」
                    「ひっ、なんのことでしょう」
                    「とぼけても無駄だぜ。れぇいぞおこ!引き出しを開けてびっくりしたわ!
                     どないするんや」
                    「すっすいませんでした」

                    みたいな会話をほんとは土佐弁交じりで行われました。
                    リビングルーム。自宅の、冷蔵庫につながる一室で。
                    その、夏のさなかに通販で自腹でお菓子を買って弟に怒られた30の夜。


                    ええっと、ちゃんとした使い道としては

                     〇彼氏彼女に記念日に思い出の写真を使って贈る。
                     〇「きっと勝つ」にあやかって受験生にプレゼント。大学の写真とか入れちゃう?
                     〇結婚とか出産とかのお祝い品お返し品として。
                     〇その他イベント・スポーツ行事などに。

                    なんですが。
                    ムシマルの作ったこれはどうしよう?

                    ー分で一人食べる。
                    ⇒呂してお菓子を作る。
                    H△剝いで普通のキットカットとして職場に配る。
                    っ蠢でX名の方にプレゼント。
                    ヌ昌病紊錣蠅貿曚襦

                    とかでしょうか。

                    そういえばキットカットのことをキットカツって間違えて覚えていました。
                    笑われる。
                    もうこれを作った後のことです。

                    消費期限は半年ほど。

                    夏にこんな溶けやすいものは使いにくいな。
                    どろっどろの名刺代わりって人生ベスト3くらいに嫌な名刺です。

                    ちなみに嫌な名刺癸韻篭貅蠅平佑らの名刺。
                    何だそれはってお思いでしょうが、ほのおのなかにきえるさだめ。

                    何も解決していませんが終了―。

                    ではやがてリンボで(マイブームの別れの挨拶)。
                    author:ムシマル, category:自作料理, 09:24
                    comments(0), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      お菓子作り ヨーグルトケーキ
                      さてさて、以前にズコットを作った我が身なれど、

                      ホイップクリームや水切りヨーグルトが余りました。

                      ホットケーキにクリームかけて食べたり、
                      ヨーグルトを普通にフルーツソースをかけて食べてもよかったんですが、


                      それならいっちょズコット失敗のリベンジということでお菓子作ってやろうじゃん!
                       
                      今回は手本にするものはなし。
                      あえていえばチーズケーキレシピを参考にしましたが。
                      分量も適当。

                      簡単に言うと、目標を作っていなければ失敗もないんじゃないか。
                      目標と現実との歴然とした差が失敗とか成功とかそんな言葉を生んでしまうのなら。

                      理想を持たなければ失敗もないのではないか。
                      それでは、そんな風にして作った、
                      そこにあるものをあるがままに作った無目標無目的無自覚レシピ、
                      覚悟のない奴だけ読みに来るがいい!



                      準備1、ビスケットかなんかを砕いて下の生地にする

                      とおもいきや、ない。ノービスケット。
                      ビニールと砕き器(ムシマルは酒瓶の底を使う)はあったんですが。 

                      あれービスケットなかったっけ?

                      がさごそ。
                      う。おかきがある。
                      ・・・仕方がない、これを使おうか。
                      DVC00302.jpg
                      ビニールに入れて砕く。
                      モンハンでもハンマー使いなムシマルの砕き作業は手慣れたもの。

                      ガリゴリ。ごりぎり。


                      準備2.(ズコットの)残りのクリームを入れる。
                      残り100だか150gくらい。正確なgは覚えていない。

                      目の前が真っ白になって、気がついたら酒瓶の底にべったりおかきが・・・みたいな妄想。
                      こんな風に妄想も入れていこうと思います。

                      クリームに続きヨーグルトも解放。200ccくらい?
                      タマゴ1個師団投下(師団は嘘)。
                      ホットケーキミックスを適当に50gくらい入れる。
                      砂糖も少し30グラムくらい?
                      DVC00303.jpg
                      なんか気持ち悪い画かも。

                      読み返すと○○くらいとかだいたい何何から××のあいだとか、
                      まったく参考にならない料理ブログと化した。

                      DVC00304.jpg

                      ええい、もう全部いれて全部混ぜちゃえ。


                      DVC00305.jpg
                      こんなになる。

                      工程その3.オーブン。予熱180℃のところ。
                      DVC00306.jpg
                      得意のオーブン。


                      工程その4.容器におかき砕きを入れる。
                      バターを30gくらい溶かし流す。
                      DVC00307.jpg


                      工程その5.生地(工程その2で混ぜたやつ)を流し込み、オーブン35分。

                      DVC00309.jpg
                      35分も適当。
                      クックパッドのチーズケーキがそれくらいだったから。

                      ふくらんできた。
                      夢と、期待と、生地が膨らむ。


                      お待ちしている間に、小ネタ。
                      DVC00323.jpg
                      命懸けて営業中!

                      大げさだなあと思っていると、看板が語りかけてくる。
                      「あなたは自分の仕事にいのちを懸けてはいないのですか?
                       いのちを懸けた仕事の結果、いのちを落とす−−それがなんです?どうでもいいことだ。

                       おとこが(この喫茶店はおんなの方かもしれませんが)自分の使命にいのちを懸ける、
                       それはそういうことです」
                      なるほどね、教えられてしまったな。ありがとう。
                      ・・・以上、珍百景と、それにまつわる空想終わり。

                      料理人に必要なのは空想力ですからな。
                      いや知らないけれど。


                      生まれろ、新しい命よ・・・5部風に待ち、

                      チーン!完成!
                      DVC00324.jpg
                      こんな感じ。普通にケーキっぽくできた。

                      砂糖の量が少ないのか、お味はあっさり目。
                      すこーしものたりない。
                      メープルシロップかけると満足感は
                      欽ちゃんの仮装大賞の時に子供たちが一生懸命仮装したときくらいぐいぐい上昇する。
                      少なくともカーンとはならないくらいには濃くなる。

                      おかきはビスケット生地代わりになるかという命題については、
                      ならない!と答えておこう。

                      おかきが、おかきだったものが歯にニッチャにっちゃ付く。
                      ビスケットやクッキーと違い、熱を通すとおもちに戻るというか糊状の何かになってしまう。

                      うわ、しっぱいだ。いや失敗なんてない。


                      改善点としては、
                      味が淡泊・一定なのでバナナをまた入れればよかったかも。
                      ほかの缶詰を開けるもよし。
                      砂糖ももうちょっと増やしてね。


                      生クリームってもっと甘いものなんだと思っていましたが、
                      生地に混ぜてもなかなか食べた時にクリーム感がわからないですねえ。

                      DVC00325.jpg

                      ふむ、まあ自分で食べるのには問題ない味。
                      お客様にお出ししてしまうと、

                      「お、お前たち!あれをお客様にお出ししてしまったのか!」
                      って美食倶楽部をクビになってしまうけれど。


                      ホイップクリーム、ケーキに塗る用にちょっと残していてもよかったな。
                      後悔ばっかりだ、オレ(終劇)。
                      author:ムシマル, category:自作料理, 19:33
                      comments(0), trackbacks(0), pookmark
                      0