RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
0
    高知の日本一は生姜ニラ達だけでない!Bar Baffone バッフォーネ 
    猫を見かけたら撮るんだよ!
    DVC00554.jpg
    撮ったら、えらい眼に光のあるネコさんでした。
    睨まれちゃった。


    着きましたのは、Bar Baffone(つづり間違っているかもしれません)。
    バッフォーネさんに着きました。

    場所は中央公園と追手筋との間の通り、少し東へ。
    簡単に言うと、『お箸の国』の目の前。

    オープンテントのようなお店。
    お店があるんですが、席が足りないのかどーんとお外までイスとテーブルが出ている。
    一見、屋台のような雰囲気でした。

    お部屋の内はなんだかぎっしり。
    外国の本っぽいものが積み上げられていた、雰囲気よい。
    オシャレで、カップルにも良さそう。




    給仕さんに声かけして、お外のほうにあるテーブルに座る。
    メニューを見る。
    DVC00559.jpg


    ほら、メニューに、ブルータスやハルミで
    「日本一のジェノベーゼと紹介された絶品パスタです。必ず一度はご賞味ください。」




    これが2013年冬のムシマルだったら、
    日本一!?じぇじぇじぇ!!
    って書いたんでしょうが、今のムシマルは大人なムシマルなので、
    そんなことは書かないのです。

    2014年春のムシマルなら、
    「日本一のジェノベーゼがありまぁす」って書いたことでしょう。
    「ありまぁす」って書くほどに実はないような気もしてしまう不思議。


    ジェノベーゼってナニ!?というと、
    ジェノバ風のソースらしいです。


    ほほう、わかったような、よくわからん。

    あとは辰巳啄郎氏が高知に来られる度に
    このジェノバは旨い、美味いとおっしゃられていられるとか。


    本日のおすすめメニューには
    けっこう地産地消なものが書かれてある。

    窪川米豚に、米ナスなど。

    えーと、食べ物はその日本一のやつにするとして。

    飲み物は
    あ、辰巳啄郎氏推薦のものがある。
    言いなりだ。

    「辰巳啄郎氏推薦のヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャをグラスで(800円)」

    お酒名を覚えられそうな気配がまったくしない。



    とん。


    ぺろり。
    舐めるようにワイン一口。
    うん、ワインだ。(それくらいしかわからない)
    あ、でも日本酒でいう淡麗辛口に近いような気がします。


    こちらは、ジェノベーゼではなくてもう一品こっそり頼んでいたもの。
    「四万十鶏のレバーペーストなんとか」みたいなお名前だったと思います。

    なんだか異様なヴィジュアル。
    異様な雰囲気のまま記事の続きに。
    続きを読む >>
    author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 18:08
    comments(0), trackbacks(0), pookmark
    0
      はし本 VS「料理の鉄人」な鴨店。 
      『六本木 居酒屋 はし本』へ。
       
      ルイヴィトン(2015撤退)の近く。
      地下。

      こんな言い方をしても、高知にあるお店。
      テレビ(『サタ★マガ』)で見た情報によれば、
      ギロッポンの有名店な方がお子さんか誰かにそこを譲って、
      ご自身は釣りができる高知にやってこられたとか。

      下りていく。

      カンカンカン。
      地下に進むのは、なんだかいつもドキドキ。
      異界的というか、1Fや上階よりも隠れ家感が濃いですね。

      メニュー。

      お得らしい、4品2,000円セットを注文。

      記事の続きに。
      続きを読む >>
      author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 19:31
      comments(2), trackbacks(0), pookmark
      0
        村の集会所 磨け!トーク術。大将の営業テクニック
         
        行きたいお酒呑みやさんに挙げたことがあるお店、
        『村の集会所』に。

        変な名前と思われた方、
        あと、ホットペッパーで見たことあると思われた方、
        TVショーで見たことあるという方、
        三者三様ではないだろうか。

        ホントはもっと十人十色なんでしょうけれど、
        まあカテゴライズしすぎもよくないですよね。

        いろいろやっているとカテゴリ付けすることのほうに夢中になってしまうというか。


        ほかの一億人のことはいいんだ!

        ムシマルは?
        ムシマルにとって「村の集会所」とは?

        ムシマルにとってはテレビ番組「サタ☆マガ」で観て行きたくなったお店。
        2013年の冬くらいにやっておりました。
        それを見て鍋だの名誉村民だの村長だのなんだか楽しそうな感じでした。

        それは楽しそうだなーとはそのときは思ったんですが、
        何もできなくて、冬および春。

        本日思い切って行く。2014年の夏。


        平日17時半。
        振休なんです。
        振休なのにお仕事引継ぎっぽいことをして、終わって。



        のこのこと入店。
        お、お客さんおらず、平和なものだ。

        平和な店に侵入する謎のムシマル。

        馬鹿なことを書いているな、しかし、
        馬鹿なことを書くのは、私の専売特許だ。


        店内検分。
        お、カウンター長い。
        奥には個室もある。

        奥の上をよく見ると、

        『ワンピース』名場面ベスト10には入るであろう
        アラバスタ編別れ&仲間の証明シーン。


        それが神棚があってもおかしくない奥の一番上の棚に。
        前職場同僚Wくんがこれを見たら、話が弾むのではないか。春のように。



        カウンタに座る。
        とりあえずビール。


        お通しが冷奴と思いきや。

        通常お豆腐ではなく、お豆さん。
        ずんだ豆腐って言うの?ちょっとさわやか。

        ほほう、仕事していますね。

        大将と1対1。
        英語で言うと1オン1。
        ここからどんな話をするのか、ムシマル。


        これからメニューを見たり見たメニューを注文したりするよ。
        お楽しみに。

        記事の続きに。
        続きを読む >>
        author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 21:42
        comments(0), trackbacks(0), pookmark
        0
          貞屋 高知市桜井町 陶板焼き店(晩酌セットアリ)
          今夜は
          「貞屋」さんという、
          高知市から少し東へ、ついでに電車どおりを一本北へ行ったところにある店へ。


          そこへはたまたま通りかかる。
          「陶板焼き」のお店・・・?
          DVC00534.jpg

          ほう、ムシマル知らず、こんなところになんかいい感じのお店。
          いつもと違うルートで帰ってみるものだ。

          ムシマルは一次会を終え、
          電車に乗って帰ろうというところ。
          ダイエット的に歩けるところまで行ってやろうかと徒歩とほ。
          そこをとろとろ歩いていた先に見つけてしまったお店。


          ふーむ、
          確か最終電車までは小一時間ほどあるのだ。

          ダイエット云々とは逆になるが、
          正直、一次会だけで帰るのは少し寂しいと思い、
          電車乗るまでにラーメンかなんかいただこうかな。と。

          そこで巡りあい、陶板。
          そういえば明日は土曜日ですが日直仕事、当番なんです。
          ダジャレです。いまぼくは、だじゃれをいったんです。書いたんです。

          入店。
          常連さん、みたいな感じの数人がカウンターにいらっしゃる。


          「あ、靴だけお脱ぎください」
          そのときにはムシマルすでに靴で片足入ってしまって。
          あわてて脱ぐ。

          着席。

          けっこう新しいのか?きれいめな気がする。白いからかも。


          おすすめメニューを用意してもらう。
           
          はい、2014年7月の入店。

          普通メニューもある。
          リンクはこちらにありました。

          あ!!


          ◎貞セット1,500円

          む、晩酌セット的なお得メニューか!!

          記事の続きに。


          続きを読む >>
          author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 21:15
          comments(0), trackbacks(0), pookmark
          0
            帯屋町農園でのむさぎょう 
            2014年9月に訪問。

            2階へトントンと上がる。

            メニュー。いっぱいある。


            それもちょっとめずらしめのやつだ。

            トマトのティラミスとか。
            いかんいかん、いきなり別腹に目がいっている。

            メニューの作りも多少扇情的。
            今夜のご注文は、どっち!?



            オシャレ系メニューというか、パスタもある。

            なんだかよくわからない帽子。
            いや、メニュー?



            ビールと・・・、

            (ここの人気癸韻蓮大根の唐揚げかー。
             ほんじゃそれを。あとはどうしよう?)

            野菜は頼んだ。
            もう一品くらい頼むとしたら、それは肉か、魚か。


            大根からあげが来る。

            写りが悪いのは、店内がやや暗めなため。
            オレンジ・黄色っぽい明かり。

            唐揚げに話を戻す。
            から揚げは8個くらいと記憶。
            けっこう数がある。

            一つ一つはサイコロキャラメルのサイコロくらいか、ピンポン球くらいのサイズ。

            実食。
            がりり。

            ああ、いい感じだこれ、人気出るわこれ。どうしたことだこれ。

            下味のつけ方がお肉にするそれとまったく同じなのかもしれない、
            料理人がお肉になーれお肉になーれといっているかみたいに肉っぽい味つけ。

            外側がガリッとしているのに、中からほわーと汁気。

            ご飯のあてにはなりにくいが、不思議とお酒のあてにはなる味。
            温かい汁気のせいだろうかね。



            ダイコンからあげ、この店ではマストか。

            いただいておりますと、
            パスタ来る。

            魚介の冷製ゆずこしょうパスタ。


            ほほう、トマトや野菜もあって、見た目はそんなに魚介魚介していない。


            つるつるつるん、ぱく。

            んん?
            魚類のダシ。
            和風っぽく感じる。

            お、お魚発見。

            お魚は日によって違うそうです。

            ん、おいしい。
            ゆずこしょうも隠れて仕事しているのか、
            なかなかツルッと気持ちよく食欲が増進される。


            カランコロン。
            空けた。


            接客は、なんか微妙でした。
            伝わりにくかったというか。

            単にお客さんがけっこういて、
            自分がカウンターの端っこにいたせいかもしれません。


            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。



            まあでも、
            もう少しメニュー支配領土を広げてみたい。
            author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 08:14
            comments(0), trackbacks(0), pookmark
            0
              高知市知寄町「坐忘」3回目 変身していく進化していく

              また来ちゃった。


              3ヶ月で、3回。
              富山の薬売り人よりも頻度多く訪れているのではないか。

              ムシマル的には寄りやすい立地なのがいいポイント。

              お腹もペコちゃんだし。

              どれどれ今日は・・・、ってメニューがちょっと変わっている。

              こっちは変わらずですが、

              チャーハンとかパスタが載っている。
              前回はなかった。


              わーい。進化系だ進化系だ。

              主食大好きムシマル、以前に雑炊もあったけれど、この追加に喜ぶ。
              言えば違うものも作ってもらえる様子。

              店主さんに聞くと、落ち着くまでもう少しちょこちょこ変わっていくかも。
              そういう行く度に発見がある、みたいなの好きですぜ。


              ムシマル、お豆腐を。

              「坐忘冷奴」とかそんな、お店の屋号が付いた奴。
              つまり、坐忘さんのカラーがこの一品に出ているのだ。
              吟味。

              キュウリにゴマダレ、それにこれは・・・?

              ぱくり。

              大人のお茶漬けの具のような香り。
              ゴマダレとあいまって、ちょうっと挑発的な感じに鼻をくすぐる。

              さっと挑発してさっと攻める。まるでマタドールみたいな冷奴。
              この結論は不思議だが、でもそう出てしまったのだ。



              ちなみにこの日は初手からワイン。
              フルーティなやつをと、グラスをお願い。
              銘柄は聞いたかもしれませんが覚えていません、
              ふわわんと溜まっていた香りが開かれるように濃かった。

              ムシマル表現が多様だといわれたこともあるんですが、なんだかんだで
              『濃い』『あっさり』『いい匂い』をがんばって言い換えただけな気もします。
              がんばって言い換えています。


              そしてもう一品。
              豚肉角煮(ハーフ)注文。


              ハーフのオーダが通ってない?くらいにちゃんとした容器にちゃんとした量で供される。

              そして、それほど待たず。

              豚キムにらチヂミ(ハーフ)も来る。

              おかず勢ぞろい。

              角煮。きれいに撮れているかというと、微妙かもです。

              ん。
              大根が入っていたんですよね、たしか。
              大根のなんとかミラーゼかなんかの効果か、お肉柔らかい。

              ピリ辛とも書いてあるが、濃いとかきついとかはなく感じました。

              (酒もいいけど、白ごはんにもきっと合うっ。)

              こういうの好きだなシンプルで、角煮の味って男のコだよな。



              チヂミ。

              ピントが微妙。

              豚肉が入っているのは、食べる前からわかっていた
              (なぜなら品名が豚キムにらチヂミだから!)

              しかし、意外な伏兵、タコも入っている気がする。

              それともチヂミってタコ入りが標準なんでしたっけ?
              生地がなかなかのモチモチ感。

              うーん・・・角煮と豚チヂミでぶたがダブってしまった


              ピントは微妙でしたが食感は絶妙。

              ワインをちょっと注ぎ足しサービスしていただく。


              店主さんが来られて、ムシマルにお礼を・・・お礼?
              「ブログで宣伝していただいてありがとうございます」みたいなことを言っていただく。
              ちなみにブログやっていることをこの間(2回目)お伝えしました。

              高知市内といっても街なかではない、ちょっと遠くにできた新店なので
              (県外の方や郊外の方に説明すると、
               高知市内にある栄えている呑み屋街から3キロ弱東、辺りに呑み屋少なし)
              アピールの必要があると思われていたらしい。

              そういえば『ほっとこうち』2014年9月号に新店で載っていた。

              聞くとどうやら、ムシマルブログを見て来てくれたお客さんがいたみたいである。
              ムシマルブログが経済効果を波及した瞬間である。

              先ほどのワイン注ぎ足しサービスはそのお礼のようでした。


              ブログやっていてよかったことが一つ増えました。
              ただここで調子に乗ると、喪黒福造的末路が待っている。

              具体的には
              『ガハハ、俺様がブロガーのムシマル様だぞーい、ヒャッハー!
               サービスしないとブログであることないこと言うぞ!』
              うう、豚の角煮をサービスします がははははh!

              あなた食べ物系ブロガーのルール破りましたね!ドーン!!
              ぶひぶひ。

              みたいなことがあるんじゃないかと思っている。
              これからもムシマルはなるべく素直な感じでがんばります。



              ではお会計を。
              1,350円くらい。もうちょっとしたっけ?でも1,500円しなかったような。
              相変わらずやすっ。

              ワイン500円、チヂミ(ハーフ)250円、角煮(ハーフ)300円、冷奴300円くらい?あとお通し代が入るんでしたっけ。

              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。



              うーんお安い。
              ムシマル大好き「晩酌セット」はないんですが一人用ハーフができるので、
              1,300円ちょっとくらいでお酒+3品くらいできる。
              自分好みの晩酌セットが作れるような感じ。
              author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 20:19
              comments(2), trackbacks(0), pookmark
              0
                まるよし食堂 高知市ひろめ市場そば 


                まるよし、丸吉。
                丸吉食堂。



                島本病院とひろめの間の路地をちょっと入って左折したら着く。

                こ、これは。

                偶然この地にたどり着ける人は指折りの運勢であろう。
                また辿り着いてもちょっと人を選ぶ外観。

                (硬派だ・・・。)

                あとでネット検索すると、60年以上もここでやっているとか。

                ムシマルも職場先輩に教えてもらわないと辿り着けないというか、
                その存在に気づくこともできなかったでしょう。

                高知のアウターゾーンだ。

                もしくは心の純粋な人でないとその存在に気づけないレンタルビデオショップみたいだ。
                桂正和はいつの世も偉大だ。

                そんなことはどうあれ記事の続きに。
                続きを読む >>
                author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 12:30
                comments(0), trackbacks(0), pookmark
                0
                  すごろく はりまや町でぬくいんを!
                  『すごろく』というお店には、前からけっこう行きたかった。
                  DVC00523.jpg



                  お店に入る。
                  カウンターだ。

                  あ、なんかトロフィーが飾られている。

                  けっこうな、いい雰囲気。

                  「ビールを」
                  メニューをぱらぱら。
                  迷っていると、大将的な方が声をかけてくれる。

                  「予算を言うてくれたら、その中で希望に沿った食べ物を出せるきね」と。
                  おお。

                  ええと、えーと。
                  「2,500円で。あ、このタマゴのやつをその中に入れてください」

                  「お酒のつまみみたいなのがいいかねえ?
                   ごはんをまだけっこう食べられるやったらそういうのもできますけんど」
                  「ごはん食べられます」

                  よし。
                  ムシマルはまだ上手に注文できる気もしなくて、大人にお任せ。

                  メニューを見ると、これがけっこう面白い。
                  メニューの中におさかな紹介がある。

                  全然知らなかった。
                  ネイリって高知の地方名だったんですね。赤イサキも。
                  ソウダカツオも、騒がしい多いと書いて騒多鰹と書くのか。
                  勉強になるなあ。


                  くじらのノルウェー風650円の説明表記が面白い。


                  「脱脂粉乳を、飲んじゃおき
                   そのくじらを一切れちょうだいゃ

                   この味を知らんがは、
                   運動会のフォークダンスのときに
                   大好きな人の直前で音楽が鳴り止むのと、
                   同じくらい非常に残念」


                  【SMAPと6Pするより校庭で君と小指でフォークダンスを】
                  (柳澤真実)

                  と、柳澤真実の隠れベスト短歌を思い起こすようないいキャッチ言葉。


                  そういうのでメニューを見ていると、一品目が。

                  お刺身セット。
                   
                  おお、なんか彩りがきれい。
                  白赤銀などなど。

                  剣先イカと、土佐清水サバとクジラだそうです。

                  剣先イカは塩でお食べくださいというアドバイス。


                  珍しいね。
                  おお、当たり前だけどお醤油と違う。
                  こっちの方が純然とアテ!って感じ。

                  あ、清水サバのお刺身いいですね。
                  ぷにんとむちんと歯応え脂のっています。

                  クジラはムシマル大好きまでいかないのですが、土佐っぽくてよかったです。
                  お肉が溶けてくるとまた違う味わい。

                  記事の続きに。
                  続きを読む >>
                  author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 21:23
                  comments(2), trackbacks(0), pookmark
                  0
                    にこみちゃん 2014年11月 にこみつけめん
                     

                    「おでんじゃないよにこみだよ」



                    にこみちゃん訪問。
                    今回は実は、あの人気ブロガー〇〇さんと競演。

                    馬刺しの日、らしい情報を某所からゲット。

                    がらららら。入店。
                    (やはり)満員。

                    しかし!
                    「ムシマルさんやんかー!」
                    ブロガーさんの手招きにより無事一つ席をつくってもらう。
                    ブロガーさんは某店の番頭さんと歓談中。
                    割り込むようになってしまうが、これもにこみちゃんで食べるためだ。

                    馬刺しの日の馬刺し。


                    あー、やわらかい。
                    くにくにする。

                    あまい。
                    甘く感じるのって何ででしょうね。

                    お酒は電気ブラン。

                    「ガツポン」というものを注文。



                    人気ブロガーさん激写。

                    激ブレ。

                    手に包帯。
                    最近手に怪我した人気ブロガーといえば・・・?
                    そしてにこみちゃん常連ブロガーといえば?

                    クイズの答えは最後のほうで。


                    ガツポンとはなんぞとブロガーさんに聞かれ、
                    むしまるは、さあ・・・?と答える(答えてない)。


                    大将さんが「豚の胃袋です」と説明してくれる。
                    ありがとう大将さん、大将さんありがとう。

                    無明の闇が照らされたよ。



                    お酒おかわり、
                    おかわりというか焼酎ロック。




                    人気ブロガーさんいわく焼酎ロックこそ「至高」とのこと。
                    海原クラス。雄山レベル。

                    そういうのを聞くと呑みたくなってしまう。
                    記事の続きに。
                    続きを読む >>
                    author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 09:58
                    comments(0), trackbacks(0), pookmark
                    0
                      香美バル(じゃない) 〜宴の始末〜 『うらしま太郎』で呑み
                      前編はこちら
                      それから、色々あった。

                      ふらふら歩いたり、本屋さん行ったり。

                      マンガの新刊『ドリフターズ』がでていたので購入。
                      あとちょっとその書店で暇を潰したり。

                      いんふぉめーしょんでの話を思い出す。
                      「当日券完売だと、なんもできない感じですか?」
                      「香美バルのチケット使用はできないですが、営業時間に普通のお店としてご利用されることは問題ありません」


                      ということで、
                      せっかくここまで来て
                      バルチケットないのかーと帰るよりも普通に呑もう!呑む気で来たんだ。

                      駅をふらつくときも、「文佳人Bar」っていうアリサワ酒造さんのお酒呑めるところが臨時にお昼から開催されていて、魅惑。
                      実に魅惑。

                      その他お昼からやっているところなどリンクはこちら(香美バル公式HP)

                      それらを振り切るというか参加資格を持ってなくて、
                      まあ時間を潰す。

                      3軒行きました。

                      記事の続きで一軒紹介。

                      残り2軒はニューブログで紹介予定。

                      で、そのうち一軒。
                      最後に酔った、寄った
                      「うらしま太郎」さんを記事で紹介しようかい。
                      記事の続きへ。
                      続きを読む >>
                      author:ムシマル, category:お酒呑み関係, 19:22
                      comments(2), trackbacks(0), pookmark
                      0